屋根裏部屋のマリアたち2012/08/07

屋根裏部屋のマリアたち
「屋根裏部屋のマリアたち」を観てきました。
1960年代パリ。株式仲買人のジャン=ルイ・シュベール(ファブリス・ルキーニ)は、妻の雇ったスペイン人メイドのマリア(ナタリア・ベルベケ)を迎える。マリアの仕事は完璧。朝食のゆで卵の固さも望み通り。マリアはジャン=ルイの住むアパルトマンの屋根裏に住んでいる。そこにはスペイン人の家政婦仲間たちも数人住んでいる。ジャン=ルイが親切にしてあげたこともあって、メイドたちと仲良くなり、陽気で前向きな彼女たちに影響されていく。ジャン=ルイはブルジョアだけど、味気なかった生活が変わり、人生の愉しさを発見していく…。
一言でいうと、チャーミングな映画でした。普通のおじさんだけど、ちょっととぼけたようなファブリス・ルキーニが、いろいろな状況に巻き込まれていきます。もともと人が良いので、何かと親切にしてあげます。それまで知らなかったスペインのことや、メイドたちのことに興味を抱いていくジャン=ルイ。あげくに、メイドたちと一緒に屋根裏に住んでみたら、今までに感じたこともないような自由を味わうのです。子どもたちが家に帰ってくれないかと頼みにきたりして、おかしいです。メイドたちと車で郊外に遊びに行く風景がきれいだったなぁ。マリア役の人はとても美しかったです。ただ仕事ができるメイドというよりは、頭が良くてプライドを持っていて、筋が通っているところが良いです。この時代のパリの雰囲気も感じることができて、私はとても楽しい映画でした。

★★★★☆

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック