2重螺旋の恋人2018/08/08


2重螺旋の恋人

「2重螺旋の恋人」 ヒューマントラストシネマ有楽町
クロエ(マリーヌ・ヴァクト)は原因不明の腹痛に悩まされ、精神分析医ポール(ジェレミー・レニエ)のカウンセリングを受けることに。痛みから解放された彼女はポールと恋に落ち、一緒に暮らし始める。ある日、クロエは街でポールに瓜二つの男性ルイと出会う。ルイはポールと双子で、職業も同じ精神分析医だという。ポールからルイの存在を聞かされていなかったクロエは、真実を突き止めようとルイの診察室に通い始めるが、優しいポールと違って傲慢で挑発的なルイにも惹かれていく……。
「17歳」のフランソワ・オゾン監督。主役のマリーヌ・ヴァクトが「17歳」の時とは雰囲気が違うように見えましたが、相変わらずの美しさ。ショートカットも少年っぽく見えてステキ。内容は夢か現実か、ミステリアスに話が進みます。アンモラルな感じだけど、面白かったです。ちょっとホラーっぽいところもありました。いろいろなものが怪しすぎて、次はどうなるのかとドキドキします。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/08/08/8936493/tb

_ 象のロケット - 2018/09/11 22:48

フランス・パリ。 25歳の独身女性クロエは、原因不明の腹痛に悩まされていた。 検査では異常が見つからず、精神分析医ポール・メイエルのカウンセリングによって痛みから解放される。 やがて恋人同士となり同居を始めた2人だったが、ある日クロエは街でポールそっくりの男を見かける。 その男ルイ・ドゥロールもまた精神分析医で、彼はポールの双子の兄だった…。 ラブ・サスペンス。 R-18