50年後のボクたちは2017/09/23

「50年後のボクたちは」 ヒューマントラストシネマ有楽町
14歳のマイク( トリスタン・ゲーベル)は、クラスではイケてない存在で、友達もいない。家庭にも問題がある。ある日、チック(アナンド・バトビレグ・チョローンバータル)という風変わりな転校生がやって来る。チックも学校では浮いた存在で、関わりを避けていたマイクだった。しかし、あるきっかけで、チックが無断借用してきたオンボロの車で、2人はドライブへ旅立つ…。
ドイツの有名な児童文学ベストセラーが原作だそうです。私は監督のファティ・アキンが好きで、「ソウル・キッチン」「トラブゾン狂騒曲」「消えた声が、その名を呼ぶ」と見てきました。作品ごとに違う印象を受けます。
14歳、子どもでもなく大人でもない、思い通りにならない鬱屈した毎日から飛び出して、無鉄砲な行動を起こす、一生忘れないひと夏を過ごす。冒険の終わりには、大人っぽくなっている主人公。友情が芽生えたり、気になる女の子と出会ったり、まさに青春でした。王道の青春ロード・ムービーです。定番ながら主人公の2人は魅力的でした。裕福な家庭っぽく見えるマイクは、アルコール依存の母、愛人のいる父。クラスのマドンナ的少女からは鼻にもかけられない。そんなマイクに対して、チックの方は背景が謎で、あまり説明がなかったです。チックをいじめようとしたクラスメイトには、何かささやいただけで、一発で黙らせたりするけど、何をささやいたのかも不明。警察に追いかけられても動じずに、行動はいきあたりばったりながら、肝がすわっていました。

★★★★☆ 4-

伝統色シリーズ第1集特印2017/09/23

秋らしい消印でお便りをもらいました。

弔い花 長い腕 III2017/09/22

弔い花
「弔い花 長い腕Ⅲ」 川崎 草志・著 角川文庫
早瀬の旧家、東屋敷の一人娘が殺害された。この地で起こった過去の呪いと関係があるのか。調査を開始する主人公・汐路。そんな中、町の歴史の暗部と呪いの因果を暴露した本が出版され、ネットを中心に早瀬バッシングが起こる…。
シリーズ3冊目なので、これだけ読むとわかりにくいですが、過去のいきさつが絡まって、完結する内容でした。あまり喜びはなかったけど、最後がわかって落ち着きました。現在と過去の話が順番に語られて、謎だった部分がわかりました。

バウムタワーケーキ2017/09/21

東京駅前、KITTEの“マルノウチリーディングスタイルカフェ”でやっている映画「50年後のボクたちは」コラボカフェへ再び行ってきました。チョコレートとリコッタホイップのバウムタワーケーキというのを食べました。
期間限定のコラボメニューで、ポストカードがもらえるからです。ポストカードが2種類あり、前回もらったのと違うのをもらいたくて、行ってきました。貰う時に柄を選ぶことができます。おいしかったけど、ちょっと甘かったです。バウムクーヘンの上にアイスと生クリームがのっていて、チョコソースとチョコパウダーがかかっています。ティラミス風の味でした。
映画「50年後のボクたちは」は今週中に見ようと思っています。

パスタとピザをシェア2017/09/20

ちょっと前後しますが、バスツアーの帰りに食べました。事故渋滞にはまり、帰りつくのが遅くなってしまいました。
錦糸町の“Cielo y Rio HIGASHI(シエオイリオヒガシ)”で、夕食を食べて帰りました。海老と揚げ茄子のトマトクリームソース リングイネ、シチリアーナだったかな。シェアして食べました。このお店は2回目だけど、気に入っています。

実家ごはん・鮭のカマ焼き2017/09/19

実家へ行った時の夕食。鮭のカマを焼いてくれました。ご飯には黒米を混ぜて炊いています。豚汁と茄子と油揚げの煮びたし。
カマは油がほどよくのっていました。どれもおいしかったです。

りんご狩りと旧軽井沢2017/09/18



義姉に誘われて日帰りバスツアーへ行ってきました。雨が降ったり止んだりでした。りんご狩りの時は降っていませんでした。


左が津軽、右があかねという種類でどちらもおいしかったです。津軽の方が甘かったけど、あかねも良かったです。りんご狩りと言ってもそんなに食べられるものでもないですね。包丁も用意してあり、むいて食べられます。2つに切って義姉と半分づつ食べて、計1個分を食べただけでお腹いっぱいでした。


コスモス街道にはたくさんコスモスが咲いていましたけど、車窓から見るだけで、あまり写真は撮れません。


お昼はおそば、バスツアーに付いている食事で、おそばはおいしかったけど、見た目はちょっとさびしい。おそばが洋風のお皿にのっているのも、不思議でした。天ぷら、豆腐、野沢菜にご飯でした。
旧軽井沢では、“ミカド珈琲”のモカソフト(カップでプルーン付き)を食べました。ミカド珈琲は、東京でも日本橋や渋谷でよく行くけど、旧軽井沢店へ行けてうれしかったです。バスツアーで時間が限られていたので、ゆっくりできなかったのは残念。テイクアウトではなく、店内に座ってゆっくりコーヒーを飲みたかったです。

オン・ザ・ミルキー・ロード2017/09/17

オン・ザ・ミルキー・ロード
「オン・ザ・ミルキー・ロード」 TOHOシネマズシャンテ
戦時下のとある村。兵士たちにミルクを届ける牛乳配達人のコスタ(エミール・クストリッツア)は、村にやってきたイタリア人美女(モニカ・ベルッチ)が、気になっている。彼女は別の男と結婚するためにやって来たのだ。しかし、村が襲撃され、惹かれあっていた2人は危険な逃避行へ。
エミール・クストリッツア監督の9年ぶりの作品で、監督自らが主演しています。騒々しく始まって、監督の作風を、懐かしく思い出しました。冒頭からたくさんお動物が出てきてびっくりします。戦争中なのに、動物たちの出てくるのどかな物語なのかと思うと、そうではなく、壮絶でもあり、幻想的なところもある愛の物語でした。エミール・クストリッツア監督は、俳優としても時々他の監督の作品に出ているけど、前よりすっきりとやせているような気がしました。ロバに乗って傘をさし、ハヤブサを従えて、銃弾をかいぐりながらミルクを届けにいきます。不思議な光景でした。動物たちがすごく慣れていていました。音楽がけたたましいけど、エネルギッシュでとっても良いです。死と隣り合っている人々が、刹那的に音楽を楽しんでいるようです。

★★★★☆ 4+

三重県からの消印プラス宇都宮川向2017/09/16



三重県旅行へ行った友人から、風景印でハガキをたくさんもらいました。


こちらの左は栃木県川向の風景印です。他の5つは三重県から。

ペテロの葬列2017/09/15

ペテロの葬列
「ペテロの葬列」 宮部 みゆき・著 集英社
杉村三郎シリーズ、第3弾。
今多コンツェルンのグループ広報室に勤める主人公・杉村三郎がバスジャックに遭遇。犯人は死亡し、人質は全員無事に救出された。その後、亡くなった犯人から慰謝料が届く。それは、人質になった時に犯人が約束していたものだった。犯人は天涯孤独の貧しい老人だったとされたが、元人質たちは、お金を受け取って良いものか、警察に届けるべきかと揺れ動く…。
バスジャック事件から、先がどうなるのか、ハラハラする展開でした。複雑に絡み合っていたし、職場の人間模様や、編集長の過去、主人公の家族の問題など、どんどん話が広がっていきました。長い話だけど、想像を超える内容で、面白かったです。笑えないですけどね。主人公の職場のビルに入っている喫茶店のマスターがいつも良い感じです。