イニシェリン島の精霊2023/02/04


イニシェリン島の精霊

「イニシェリン島の精霊」 TOHOシネマズシャンテ
1923年、アイルランドの小さな孤島イニシェリン島。住民全員が顔見知りのこの島で暮らすパードリック(コリン・ファレル)は、長年の友人コルム(ブレンダン・グリーソン)から絶縁を言い渡されてしまう。理由もわからないまま、妹や風変わりな隣人の力を借りて事態を解決しようとするが、コルムは頑なに彼を拒絶。ついには、これ以上関わろうとするなら自分の指を切り落とすと宣言する。
「スリー・ビルボード」のマーティン・マクドナー監督作品。
人の死を予告するというアイルランドの精霊・バンシーをモチーフにしているそうです。目を見張るのは、孤島の自然の美しさ、天気の移り変わり、パブや家、荒涼とした土地。馬車?で荷物を運ぶ、昔ながらの生活。全体的に暗い雰囲気ですが、とても興味深いです。大好きな映画とは言い難いのだけど、次はどうなっていくの?と予測不能の展開です。
それを名優たちが、崇高に演じています。コリン・ファレルとブレンダン・グリーソンはもちろんのこと、バリー・コーガンの存在感。恐ろしい予言をする老婆。
動物達までも、名演。みんな人間の言葉を解するのかと思わせます。
そして、話の内容は比喩的なところも多く含んでいるのだろうけど、ネタバレしたくないので、観た人と語り合いたくなる内容でした。遠くから聞こえる内戦の音。いきなりパードリックの事が嫌いになったコルム。そこから始まるので、それまでの2人がどんな間柄だったのか想像はつかないけど、パードリックは親友だと思っていたようです。でも、コルムが悪いとも思いません。コルムの気持ちもわかります。好きな音楽を作曲したり、自分の好きな事のために時間を使っていきたいと思ったのではないかと。どうしてもコルムとの関係を復活させたいパードリック、コルムも温かい人だと思えます。しかし、思わぬ方向へ諍いが続いていくのです。もしかしたら戦争も、こういう風に気持ちのすれ違いや、新しい恨みが重なって大きくなっていくのでしょうか。観ている方はパードリック、もうコルムの事は、ほっておいてあげてくれと願ってしまいます。

★★★★☆ 4+

若冲2023/02/03


若冲

「若冲」 澤田 瞳子・著 文春文庫
京は錦高倉市場の青物問屋枡源の主・源左衛門―伊藤若冲は、妻を亡くしてからひたすら絵に打ち込み、やがて独自の境地を極めた。若冲を姉の仇と憎み、贋作を描き続ける義弟・弁蔵との確執や、池大雅、与謝蕪村、円山応挙、谷文晁らとの交流、また当時の政治的背景から若冲の画業の秘密に迫る。
伊藤若冲に興味があるので、面白く読めました。出てくる絵が思い浮かんできます。亡き妻を弔うように絵を描き続けると言う設定ですが、確か若冲は結婚していないと言われていたから、創作が大きいのでしょう。でも実際はこの時代の事はわからないし、想像を膨らませて描いているのだと思います。たくさん画家も出てくるし、このへんは時代が一緒なのかと、知る事ができました。特に池大雅や、谷文晁。谷文晁の絵も、若冲のようにカラフルなイメージがあります。本当に交流があったのかも、わかりませんが、隠遁生活で、あまり人と接していない人として描かれていました。でも、心中は苦しく、ハッピーさは少なかったです。後世に残るすごい作品を描いても、穏やかには生きられないのでしょうか。この時代ではかなり長生きしています。84歳没。

Cafe黒澤文庫-本と珈琲とインクの匂い-2023/02/02



日本橋高島屋新館4階にある“Cafe黒澤文庫-本と珈琲とインクの匂い”へ。
ノスタルジックな雰囲気です。文庫本がたくさん置いてあって、自由に読んでも良いみたいで、買い取ることもできるようです。一人で行って読書するのも良いかもしれません。エシレバタークレープとコーヒー(アフタヌーンブレンド)を注文。お値段がちょっと高いですが、カップが大きくて、たくさん飲めました。
食事やお酒も楽しめますが、デパートの中にあるからか、20時で閉店です。前から行ってみたいと思っていましたが、やっと行けました。

堀本達矢 個展 Meet the KEMONO2023/02/01



「堀本達矢 個展 Meet the KEMONO」銀座蔦屋書店 GINZA ATRIUM
堀本達矢さんは、1993年生まれのケモノ美術作家。
前に湯島のギャラリーに見に行った事があったのですが、また他の作品も見る事ができて、嬉しかったです。2月8日までです。
なめらかない肌の質感、リアルな体と、顔とのバランスが、不思議です。
色っぽさと可愛さが混在しているKEMONOたちです。




可愛いいっ。 
 

佐伯祐三 自画像としての風景2023/01/31


佐伯祐三展

「佐伯祐三 自画像としての風景」 東京ステーションギャラリー
大阪、東京、パリ。3つの街で、画家としての短い生涯を燃焼し尽くした画家、佐伯祐三(1898-1928)。
大阪で生まれた佐伯祐三は、25歳で東京美術学校を卒業し、その年のうちにパリに向かいます。作品を見せたフォーヴィスムの画家ヴラマンクから、「このアカデミック!」と怒声を浴びたことが、佐伯を覚醒させます。2年間の最初のパリ滞在中に、ユトリロやゴッホらからも影響を受け、佐伯の作品は大きな変貌を遂げていきます。1年半の一時帰国を経て、再渡欧したのは1927年のこと。このとき佐伯は29歳になっていました。パリに戻った佐伯は、何かに憑かれたかのように猛烈な勢いで制作を続けますが、結核が悪化して精神的にも追い詰められ、1年後にパリ郊外の病院で亡くなりました。
石造りの街並み、ポスターが貼られた壁、カフェなど、短い命を削って、描き続けます。亡くなったのは30歳、更に悲劇なのは、まだ幼い一人娘も一ヶ月後に、パリで亡くなってしまいます。6歳でした。
絵はヴラマンクを彷彿させます。風景の中の人物はササッと描いていて、そこがユトリロみたいです。ポスターにもなっている郵便配達人の絵は、ゴッホにも同じ題材があるので、すぐにゴッホを思い浮かべる人も多いかもしれません。
東京ステーションギャラリーの赤レンガの壁に佐伯祐三の作品があるのが、なんともフィットしています。
いつになく、混雑しているように思いました。佐伯祐三は有名な画家で、日本の各地の美術館で所蔵されているのですが、集まっていて一度に見ることができる機会です。私もアーティゾン美術館の作品は見た事がありましたが、そんない若くして亡くなっているとは知りませんでした。具合が悪くなったきっかけは雨に濡れてしまって、風邪をこじらしてしまったのか、という感じでした。それがひどくなってしまったのか、もっと長生きして、パリの絵をたくさん描いてほしかったです。

美しきシモネッタ2023/01/30



「美しきシモネッタ」 丸紅ギャラリー
丸紅が所蔵するイタリアルネサンスの画家・サンドロ・ボッティチェリの「美しきシモネッタ」を、その来歴や資料等と共に、公開しています。
日本にあるボッティチェリ作品はこれだけらしいのです。シモネッタは「ヴィーナスの誕生」のモデルと言われています。若くして亡くなってしまったらしいです。今回の展示は、他の作品はないのですが、終了間近のせいか、混んでいました。丸紅ギャラリーへ一度行ってみたいと思っていました。

きんとくん2023/01/29



またゆるキャラに会えました。岡山県勝央町のキャラクター、きんとくんです。金太郎こと坂田金時からデザインされているようです。新橋近くの岡山・鳥取のアンテナショップに昨日来ていました。

瞳に映るファンファーレ2023/01/29



「瞳に映るファンファーレ」 ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション
銅版画・浜口陽三の作品と、収蔵品の新版画30点。川瀬巴水、伊東深水、鏑木清方など。今回、気に入ったのは、高橋松亭。また機会があれば、この人の他の作品を見てみたいな。


併設する“カフェ・ミュゼ・アッシュ”にてマーブル醤油アイスセットを食べました。醤油とバニラのアイスと季節のアイス(栗でした)とコーヒー。美味しかったです。浜口陽三は、ヤマサ醤油の創業者一族で、父が10代目社長でした。黒蜜風醤油をバニラアイスに混ぜ込んでマーブル状になっています。美術館来場者には、カフェの割引券をいただけます。

エンドロールのつづき2023/01/28


エンドロールのつづき

エンドロールのつづき」 ヒューマントラストシネマ有楽町
インドの田舎町で暮らす9歳の少年サマイ(バヴィン・ラバリ)は、学校に通いながら父のチャイ店を手伝っている。厳格な父は映画を低劣なものと考えているが、信仰するカーリー女神の映画だけは特別だと言い、家族で映画を見に行くことに。初めて経験する映画の世界にすっかり心を奪われたサマイは再び映画館に忍び込むが、チケット代を払えず追い出されてしまう。それを見た映写技師ファザルは、料理上手なサマイの母が作る弁当と引き換えに映写室から映画を見せると提案。サマイは映写窓から見る様々な映画に圧倒され、自分も映画を作りたいと思うようになる。
パン・ナリン監督自身の自伝的映画です。映画に恋した少年はやがて映画監督なります。インド映画(フランスとの合作)なのに、歌とダンスのない映画です。歌やダンスのある映画を観賞しているシーンはありました。
「ニュー・シネマ・パラダイス」を彷彿させました。ピュアな子どもたち、映画の仕組みまで研究しています。純粋だけど、かなりヤンチャしていました。学校へもほとんど行かずに、映写室に入り浸って、多くの映画を見ていました。
インドの田舎の現実も、いろいろとビックリしました。野生動物がずいぶんいました。線路の上を歩いたり、線路で遊ぶことも多いので、何事もなくても、日本人としては、ハラハラします。
そして、食い意地のはっている私が一番心をつかまれたのは、サマイのお母さんが作る料理です。主にお弁当を作っているシーンですが、スパイスを混ぜ合わせて、近くのハーブなども摘んでかけたり、どれも美味しそうでした。丸い茄子に切り込みを入れて、肉類をはさみ、それを多い油で揚げ焼き?オクラの肉詰め?パスタみたいな、ラビオリのようなのを作ったりしていました。お母さん役の人、きれいでした。もちろん主役のサマイもかわいくて、きれいな顔をしています。
映画「めぐり逢わせのお弁当」(インド・フランス・ドイツ合作)を思い出しました。

★★★★☆ 4


映画館で、チャイ売っていたので、チャイを飲みながら鑑賞。カップはコーヒーと一緒の紙カップでした。チャイ好きです。

4品選んで夕食2023/01/27



好きなおかずを4品選ぶメニュー、魚(鰆)、若鶏、エビ、舞茸の天ぷら。野菜が少なめだったかな。美味しかった。また映画前の食事。
“24/7カフェアパートメント”有楽町イトシアにて。