アーニャは、きっと来る2020/12/04


アーニャは、きっと来る

「アーニャは、きっと来る」 ヒューマントラストシネマ有楽町
1942年、ピレネー山脈の麓にある小さな村。13歳の羊飼いの少年ジョー(ノア・シュナップ)は、ユダヤ人の男性ベンジャミンと出会う。彼はユダヤ人の子どもたちを安全なスペインへ逃がす計画を企てており、ジョーも手伝うことに。その一方で、ジョーは、ドイツ軍の下士官とも親しくなる。ドイツの労働収容所から帰国したジョーの父親は荒れていたが、ジョーのユダヤ人救出作戦への関与を知ると協力を約束。村人たちが一致団結して子どもたちを逃がす日が迫る中、ベンジャミンが待つ娘アーニャは一向に現れず……。
イギリスの児童文学作家マイケル・モーパーゴと言う人の小説が原作です。ナチス占領下のフランスの話なのですが、会話は英語でした。イギリス・ベルギー合作です。
「エイブのキッチンストーリー」に続いて、ノア・シュナップ主演。相変わらず、きれいな顔です。ナチス兵にみつかったら、大変なことになる秘密を隠していながら、表情が正直すぎて、顔に出てしまっています。
フランスとスペインの国境近く、実際に村の人たちが、多くのユダヤ人の子どもを脱出させて助けたそうです。ジョーのおじいさん役がジャン・レノ、ユダヤ人を匿っている家の人がアンジェリカ・ヒューストンでした。悲しいシーンもあるけど、ナチス映画にしては、それほど怖くない方だと思います。自然が美しくて、アルプスの少女のような世界でした。

★★★★☆ 4-

若菜摘み 立場茶屋おりき72020/12/03



「若菜摘み 立場茶屋おりき」 今井 絵美子・著 ハルキ文庫
シリーズ第7弾。品川宿の近江屋のお登世が、里帰りしてきた。お登世の様子から、婚家先で、何か大きな事件に巻き込まれたに違いないとふんだ岡っ引きの亀蔵は、立場茶屋「おりき」の女将に、さりげなく探ってほしいと頼む。
女将おりきのもとで、働いているものが、本当に家族のように助け合っています。
女将は、いわば社長で、旅籠と茶屋、そしてお蕎麦屋も任せてはいるけど、同じグループ会社という感じかな。その蕎麦屋で、父子でやってきたお客さんが、まだ幼い男の子を残して、そのまま戻ってこない。そういう時でも、面倒をみてあげようと考えるところが、心が広いです。

パテシェの気まぐれケーキセット2020/12/02



浦和の“グッディーズカフェ”へ行きました。うらわ美術館の近くです。
「パテシェの気まぐれ」というメニューですが、黒板に書いてあるケーキから2種類選べるセットです。シフォンケーキとりんごのケーキにしました。
カフェだけど、食事メニューも充実していて、お酒も飲めるお店でした。

芳年展2020/12/02



「芳年-激動の時代を生きた鬼才浮世絵師」 うらわ美術館
幕末から明治という浮世絵終焉の時代において活躍した「最後の浮世絵師」の一人である、月岡芳年(つきおかよしとし 天保10〜明治25/1839〜1892年)。
12歳で歌川国芳に入門、初期には師の画風を踏襲した役者絵や武者絵を描きましたが、江戸の泰平が終わりを告げ、時代が動乱の幕末期へと向かってゆく中で、芳年は変容する社会に呼応すべく、洋風画の研究や様々な表現を試みながら独自の世界を確立してゆきます。
こちらの美術館は初めて行きましたが、入場料620円と安いのに、展示作品がいっぱいあって、たっぷり見れました。
血みどろ絵が有名ですが、ダイナミックで動きのある絵も魅力の一つです。人物の顔は、師匠の国芳の作品に似ているのもありました。でも、弟子の中でも、ずば抜けて上手いと思いますし、国芳の後の方の弟子なので、明治時代まで活躍しています。

カニとブロッコリーのキッシュ2020/12/01



埼玉県立近代美術館内にあるレストラン“ぺぺロネ”でキッシュを食べました。日替りでキッシュの種類が変わるみたいです。カニとブロッコリーのでした。バンと飲み物のセットです。カニがいっぱい入っていて、美味しかったです。美術館に入らなくても、利用できるようです。この美術館へ行く時は、いつもこのレストランで食べています。玉ねぎのパンが付いてくるのですが、これも美味しいです。

上田薫展2020/12/01



「上田薫」 埼玉県立近代美術館
上田薫(1928〜)は、写真を使って対象を精巧に描き出す画家です。
東京藝術大学で油彩を学び、主に抽象画を制作していたが、1956年に映画ポスターの国際コンクールで国際大賞を受賞したことをきっかけに、グラフィックデザインの世界へ足を踏み入れます。それからしばらく絵画制作からは離れますが、1970年に、対象そのものだけを写実的に描く表現に目覚めます。作品のモティーフの多くは、殻が割られた瞬間の生玉子、スプーンから流れ落ちそうなジャム、水の流れや空など、一瞬で姿を変えるものです。 
この展覧会は、大学卒業後の初期作品や、グラフィックデザインの広告など、リアル過ぎる、日常の中の絵画などを約80点、まとめて見ることができます。


エイブのキッチンストーリー2020/11/30


エイブのキッチンストーリー

「エイブのキッチンストーリー」 シネマカリテ
ニューヨーク・ブリックリンに暮らし、イスラエル人の母とパレスチナ人の父を持つ12歳のエイブ(ノア・シュナップ)は、文化や宗教の違いから対立する家族に悩まされるなか、料理を作ることを唯一の心の拠りどころにしていた。そんな自分のことは誰にも理解してもらえないと思っていたエイブは、ある日、世界各地の味を掛け合わせた「フュージョン料理」を作るブラジル人シェフのチコと出会う。フュージョン料理を自身の複雑な背景と重ね合わせたエイブは、自分にしか作れない料理で家族をひとつにしようと決意する。
結婚する時からもめたと思うけど、エイブにも、自分たちの宗教感を押し付ける祖父母やおじさん?間にはさまれて、悩む主人公。両親の仲まで危うくなってきます。宗教の事が、あまりよくわからない立場から見ると、かわいい孫の為に、仲良くしてあげて欲しいですね。エイブは、両方を立てようとして、大変です。ノア・シュナップは、とてもかわいいです。お料理も美味しそうでした。でも、家族が、もめてる場面が多いし、納得いく展開でもなかったかな。似た映画でいうと「ビッグ・シック」「シェフ!」を思い起こしたけど、それらの映画には及ばないです。

★★★☆☆ 3+

信州サーモンとアワビ茸のパンプキンジンジャークリームソースパスタ2020/11/29



新宿“ラ・プティ・メリスリー”で、先日食べました。シーズンメニューで、行くたびに違うフードメニューがあります。メニュー名が長いのですが、信州サーモンと白・黒アワビ茸のパンプキンジンジャークリームソースパスタです。パンプキンなので、甘さのあるソースでした。

珈琲店タレーランの事件簿 52020/11/29



「珈琲店タレーランの事件簿5 この鴛鴦茶がおいしくなりますように」 
岡崎琢磨・著 宝島社文庫
アオヤマが理想のコーヒーを探し求めるきっかけとなっ年上の女性・眞子。11年ぶりに偶然の再会を果たした初恋の彼女は、なにか悩みを抱えているようだった。後ろめたさを覚えながらも、アオヤマは眞子とともに珈琲店“タレーラン”を訪れ、女性バリスタ・切間美星に引き合わせるが…。
源氏物語を題材にしているミステリーでした。いつものように美星さんの推理が冴えます。
タイトルの鴛鴦茶(えんおうちゃ)は、私は知らなかったのですが、コーヒーと紅茶を混ぜ無糖練乳と砂糖を加えて作る香港のお茶らしいです。いったい、どんな味になるのでしょう。香港には3回行ったけど、飲まなかったです。そもそもずっと昔に行ったきりだし。味を想像しながら、飲んでみたいような、飲みたくないような。

シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!2020/11/28


シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!

「シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!」 ヒューマントラストシネマ有楽町
1897年、パリ。詩人で劇作家のエドモン・ロスタン(トマ・ソリベレ)は、スランプ状態に陥っていた。そんな彼のもとに、大物俳優コンスタン・コクラン(オリビエ・グルメ)の主演舞台を手がけるチャンスが舞い込む。しかし決まっているのは「シラノ・ド・ベルジュラック」というタイトルだけで、執筆は一向に進まない。そんな中、親友レオが愛する女性ジャンヌと、レオになり替わって文通することに。彼女との詩美あふれる手紙のやり取りに刺激され、自身の脚本執筆もついに進み出す。やがて、借金だらけの俳優や気まぐれな女優ら崖っぷちの舞台人たちが劇場に集い、それぞれの人生を懸けた舞台の稽古が始まるが……。
昔のロンドンの街並みがかっこよかったです。この時代に産声を上げた、「シラノ・ド・ベルジュラック」が、今でも、キャスティングが変わりながらも、舞台で演じられていることに感動します。私はジェラール・ドパルデューの映画のイメージが強いです。なんてぴったりなシラノ役だったのでしょう。鼻のメイクしなくてもいけるのでは。まだこれから「シラノ」の映画化もあるようなので、見てみたいなぁと思いました。さて、こちらの映画は「シラノ・ド・ベルジュラック」を書いた人の話です。ドタバタで、短期間に構想を練って、執筆。難問が次々と起こり、舞台が始まっても、更なる出来事が、生みの苦しみの果てにいきついたものはという感じでした。演劇の中のことと、劇作家の生活の二重構造の面白さと、舞台の中の最終幕の演出など、映画ならでは工夫がありました。満足して劇場(映画館)を後にしました。

★★★★☆ 4