娼年2018/05/26


娼年

「娼年」 TOHOシネマズ日比谷
無気力に生きる大学生のリョウ(松坂桃李)は、バイト先のバーで友人が連れてきた女性・御堂静香(真飛聖)と出会う。彼女は会員制ボーイズクラブを経営しており、リョウを誘い試験を受けさせる。静香の店で働くことになったリョウだったが、娼夫という仕事に初めは戸惑う。やがて、女性たちの秘めた欲望を知り、顧客を満足させて売れっ子となっていく……。
原作は石田衣良、2015年に舞台として上演したそうですが、その舞台で監督した三浦大輔が舞台と同じく松坂桃李主演で映像化しています。
R18+指定で、全編濃厚なセックスシーンが多いのだけど、物語もあり、リョウが人間として変わっていく成長物語となっています。きれいに撮ったポルノ映画みたいな感じなのかな。
最初から最後まで、松坂桃李が、裸で腰を振っているような印象でした。松坂桃李もすごいのですが、相手役の女性たちは、よくこの仕事を受けたなと思いました。多くの女性と出会うことによって、様々な欲望、渇望を知り、それを受け入れることによって、女性を解放させていきます。
従来のイメージは男性が娼婦を買うものでしたが、女性が男性を買う時代になりつつあるのかもしれません。こういう映画を見に行くのを女性が躊躇していた時代は終わり、若い女性たちがフランクに見に行く時代になったようにも思います。客層は女性が多めでしたけど、男性やカップルもいました。
予告編で出ているのはほんのさわりで、本編はもっと過激でしたよ。

★★★☆☆ 3+

デッドプール22018/05/25


デッドプール2

「デッドプール2」 よみうりホール(試写会)
人体実験で、不死身の肉体に変えられてしまったウェイド(ライアン・レイノルズ)は「デッドプール」と名のり、無責任でお気楽なヒーローをやっている。
ある時、未来からやってきたマシーン人間のケーブル(ジョシュ・ブローリン)が現れる。ケーブルが命を狙う謎の力を秘めた少年を守るため、特殊能力をもったメンバーを集めたスペシャルチーム「Xフォース」を結成するが……。
R指定ながら大ヒットした異色のヒーロー映画「デッドプール」の続編。もともとマーベルコミック「X-MEN」シリーズのスピンオフものに登場するキャラなので、「X-MEN」との関わりが多い映画でした。
毒舌で下品なんだけど、コミカルで面白いのです。何も考えずに見れます。でも、マニアックな映画好きには、グフフと笑っていまうところがいっぱいあります。他の映画のことをバンバン話します。ジョシュ・ブローリンのことをサノスと呼んだりします。アクションの見せ方がかっこいいし、スピーディーで、テンポが良いです。
あまり説明がなかったので1作目を見ていないと、初めはわかりにくいかもしれません。上映後は拍手が起こっていました。声を出して笑ってしまう映画でした。

★★★★☆ 4


まんがら茂平次2018/05/24


まんがら茂平次

「まんがら茂平次」 北原 亞以子・著 新潮文庫
江戸は神田鍛冶町裏長屋。口からでまかせばかりで世を渡る茂平次。千に三つの真実がせんみつなら、万のことを言っても本当のことはひとつもないという「まんがら」が茂平次のニックネーム。幕末維新の激動期、茂平次の周囲はあわただしい。まんがらで困った男と思いきや、困った時は茂平次の嘘で、なんとかしようと人から頼りにされている……。
北原亞以子の本は、まだ読んだことがなかったので、初めてです。茂平次は、あまり働かないし、魅力的な人物とはいえないけど、愛嬌があって憎めない人物です。知り合いの人は、嘘とわかって安心して聞いていられるのです。子どもの時に親を亡くし、嘘を語りながら、世渡りしてきたせいか、嘘が上手になっています。怠け者だけど、おひとよしで、結果的には人助けをしています。
12編の連作長編で読みやすかったです。

モリのいる場所2018/05/23


モリのいる場所

「モリのいる場所」 シネスイッチ銀座
昭和49年頃、東京。すでに有名な画家である熊谷守一(山崎努)は妻・秀子(樹木希林)と暮す家で、ほとんど外へ出ることなく庭の草木や昆虫、猫などを題材に絵を描き続けた。その家には毎日のように人が訪れる。守一を撮影することに情熱を傾ける写真家、守一に看板を描いてもらいたい温泉旅館の主人、近所のご夫婦や画商など。
30年以上も家から出ていないというから驚きます。タイトルの通りモリのいる場所を丹念に映し出しています。昆虫やトカゲや、魚、家で飼っている鳥など、よく絵の題材にもなっている猫も。でも、絵を描いているシーンはなかったです。書を描いてはいました。作品も少しだけ出てきた程度です。それでもどんな人物だったかが伝わってきますし、奥さんとや他の人との掛け合いがユーモラスで楽しい映画でした。昭和っぽい暮らしぶりが良いです。黒電話や昔のテレビなど、生活感がにじみ出ています。熊谷守一の人生がもっと語られるのかと思っていたのですが、詳しいことはなかったです。晩年の生活を切り取って見せてくれたような映画でした。時々、不思議な現象や笑いが入っています。
実際の熊谷守一の人生は波乱に満ちていると思います。映画になりそうなことがいろいろありそうだけど、そういうことは一切語らず、子どもが亡くなっていることが、セリフの中にでてきます。5人の子どものうち若くして3人を亡くしています。その前に、奥さんと知り合った経過など、ちょっと知りたかったです。奥さんはずっと年下で、もとは人妻、不倫の末の結婚なんだと思います。そして、シンプルで単純化された線で描かれる画風がどのように作られたのか。興味がありましたけど、なかったです。文化勲章を辞退したり、富や名誉などに興味を持たず、仙人のような人でした。変わった人なのに、熊谷のもとには人が集まってくるようです。独特の魅力が人を惹きつけつのかもしれません。

★★★★☆ 4

29歳問題2018/05/22



「29歳問題」 YEBISU GARDEN CINEMA
2005年香港。30歳を目前に控えたクリスティ(クリッシー・チャウ)。勤め先で昇進、長年つきあっている彼氏もいる。しかし、仕事のプレッシャー、彼氏とのすれ違い、更に父親の認知症と気がかりなことが重くのしかかってくる。そんな中、賃貸マンションの部屋を家主の都合で退去させられてしまう。紹介されたのは、パリ旅行中の女性ティンロ(ジョイス・チェン)の部屋を仮住まいとして借りること。部屋でみつけたティンロの日記を読むと、偶然にも同じ年で誕生日も同じことがわかる。クリスティとは性格が違って、楽天的で感激屋のティンロのささやかだけど、楽しそうな毎日が綴られていた…。
もともとは一人芝居で舞台で演じられていたそうです。演じていた本人のキーレン・パンが監督として初メガホンをとっているそうです。
映画としても、映像の長所を利用して巧みに作られています。主要人物の2人の女性が魅力的でした。特にクリスティの29歳にして仕事や結婚に悩むのは、多くの女性が感じてきたことだと思います。頑張っているのに行き詰ってしまう様子が心に響きます。
80年代90年代の香港映画の話題がいっぱい出てきるのも良かったです。ティンロはレスリー・チャンの大ファンで、パリに行ったのは映画の舞台を見るためでした。ティンロの部屋はチープだけど、かわいらしくて生活感があり、対照的にクリスティの部屋はシンプルでスタイリッシュです。どちらもおしゃれで良かったです。
人生の岐路に立って、深呼吸して考えさせられる映画でした。

★★★★☆ 4+

ストロベリーフラペチーノ2018/05/21



恵比寿へ映画を見に行きました。YEBISU GARDEN CINEMA内売店“&CAFÉ アンドカフェ”のフラペチーノ。期間限定ので名前は忘れたけど。
外は暑かったので、映画を見る前に買いました。売店で買ったものは、スクリーン内にも持ち込みOKです。

ピーターラビット2018/05/19


ピーターラビット

「ピーターラビット」 TOHOシネマズ日比谷 字幕版
仲間に囲まれ、画家のビア(ローズ・バーン)からも可愛いがわれているウサギのピーター(声:ジェームズ・コーデン)たち。ある日、ビアのお隣さんとしてロンドンから潔癖症のマグレガー(ドーナル・グリーソン)が引っ越してくる。マグレガーの登場により、ピーターの幸せな生活は一変。動物たちを追い払いたいマグレガーとピーターの争いは日に日にエスカレートしていき、ビアをめぐる恋心も絡んで大騒動に発展していく。
イギリスの湖水地方の自然を楽しみながら、ピーターラビットの世界も堪能できます。実際のお話とはかけ離れていると思うのだけど、ところどころピーターラビットの絵本の絵のようなシーンが取り入れらていました。ブタやカエル、ハリネズミなど、絵本の世界が立体になったようです。
特に主人公のウサギたちの毛がモフモフでかわいいです。ミュージカル仕立てなのも良かったです。ラップの曲もあって、いかにも現代風で、動きもスピーディーです。
ロンドンの名所も紹介されるし、ハロッズも協力しています。一人の女性をめぐって、人間とウサギの三角関係のようです。でも話の治まり方はちょっと唐突のように思えました。

★★★★☆ 4

映画の後の居酒屋2018/05/18



映画の後は安くておいしい居酒屋へ。“テング酒場”です。
串ものは豚アスパラとかわ、他にポテトサラダ、鶏の唐揚げ、セロリ漬け、手作りしゅうまいです。

恋は雨上がりのように2018/05/17


恋は雨上がりのように

「恋は雨上がりのように」 一ツ橋ホール(試写会)
ケガで陸上の夢を絶たれた高校2年生の橘あきら(小松菜奈)は、アルバイト先のバツイチ子持ちの45歳の店長(大泉洋)に恋をしている。思いを抑えきれなくなったあきらは告白するが、近藤は28歳も年の離れている彼女の真っ直ぐな気持ちにとまどう……。
記録を持ち将来を期待されたあきらが、陸上ができなくなった時に出会った優しい店長。周囲からは冴えない人と見られていますが、あきらにとっては、一直線に心が向かっています。店長をみつめていると、店長の方はにらみつけられていると思って、おびえていたり、他に言い寄ってくる男性にはそっけないのに、店長には恋する乙女なところもあり、ギャップが楽しいです。特にデートのファッションがおかしかったです。大泉洋さんが、かもし出す笑いもふんだんにあって、笑えました。ファミレスのメンバーや他のキャストがとても合っていると思いました。小松菜奈は足が早そうに見えました。
監督は「帝一の國」の永井聡。陸上の疾走感も感じられて、爽やかさもありました。

★★★★☆ 4