はじまりの街2017/11/24

はじまりの街
「はじまりの街」 岩波ホール
父親のDVが元で、アンナ(マルゲリータ・ブイ)と13歳の息子ヴァレリオ(アンドレア・ピットリーノ)は、アンナの親友カルラ(ヴァレリア・ゴリノ)が暮らすトリノの街へと移り住む。見知らぬ土地で新たな生活を切り開くため仕事探しに焦るアンナと、友達もできず寂しい時間を過ごす息子の溝は深まっていく。そんな母子をあたたかく見守るカルラや近所のビストロオーナーのマチュー(ブリュノ・トデスキーニ)らに支えられ、居場所を作っていく…。
トリノという街は、トリノオリンピックで知った方も多いのではないでしょうか。割と大きな都市でした。親友のアンナは、自分の家の部屋を提供してくれる太っ腹です。演じるヴァレリア・ゴレノって、ハリウッド映画によく出ていたけど、イタリア人だったのを初めて知りました。
中心となるのは息子のヴァレリオ君、すごい美形でした。13歳という難しい年齢。同世代の友達もできないながら、淡い恋心も体験、そんな彼に優しくアドバイスしてくれるのが、マチューという近所の男性。こういう存在って、大切だなと思います。
母と息子が頑張って生きる、世の中にはいくらでもある話だとは思うんだけど、応援したくなります。トリノの街は、らくがきも多いけど、歴史ある建造物、川や橋など、きれいでした。その街の雰囲気を感じることができる映画でした。「トリノ、24時からの恋人たち」という映画を昔に見て、とっても気に入ったのを思い出しました。

★★★★☆ 4

インフェルノ 上2017/11/23

インフェルノ 上
「インフェルノ 上」 ダン・ブラウン・著 角川文庫
ハーバード大学宗教象徴学専門のロバート・ラングドン教授は、数日分の記憶を失った状態で、フィレンツェの病院で目を覚ます。フィレンツェにいるはずもなく、愕然として動揺しているところへ、謎の襲撃者が現れ、命を狙われる。医師のシエナ・ブルックスの助けを借り、病院から脱出。所持していた物から、ダンテ「神曲」の「地獄篇」に、何らかの手がかりがあることに気付き、シエナと共に追跡を逃れながら、謎を追いかける…。
映画化されていて、映画も見ています。「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪夢」は先に本を読んでから映画を見たのですが、今回は映画観賞後になっていまいました。「ダヴィンチ・コード」を読んだ当初は、ラングドン役がトム・ハンクスではイメージが違うと思ったのですが、今ではすっかりトム・ハンクスが思い浮かぶようになっています。内容は、映画とほとんど同じで、映画が原作に忠実なのがわかります。上中下と全3巻なので、映画は省略されているところもあると思います。フィレンツェの美しい教会や名所が出てくるのが魅力です。映画だと映像で見れるので、よけいにわかりやすいです。フィレンツェは1回だけ行ったことがあるので、思い出しながら読んでいます。謎解きは高尚で、難しいのですが、ダンテや芸術の知識がなくても、あまり気にせずにスラスラ読めます。

海鮮焼きそば2017/11/22

関西では豚まんで有名な“551蓬莱”。豚まんを買うために、長い行列がいつもできています。
京都伊勢丹の地下にはイートインコーナーがあるので、新幹線に乗る前に行ってきました。豚まんは食べずに、海鮮焼きそばです。
イカ、エビ、ホタテなどが入っています。おいしかったし、短時間でササッと食べるのに良いです。食事して、お土産に豚まんを頼むと、列に並ばずに用意してもらえるみたいです。
お弁当なども、次々と作っていて、かなり忙しそうです。豚まんも食べたいところですけど、1個でもボリュームがあるので、今日はやめました。
豚まんと海鮮焼きそばのセットなどもあります。

大船軒サンドウヰッチ2017/11/21

最近、出張の時は、新幹線で、このサンドウヰッチを食べるのが、定番朝ごはん。パンが柔らかくて、具がシンプル。ボンレスハムとチーズ。

KUBO クボ 二本の弦の秘密2017/11/20

KUBO クボ 二本の弦の秘密
「KUBO クボ 二本の弦の秘密」 バルト9 字幕版
魔法の三味線で折り紙を操る片目の少年クボは、母と2人暮らし。一族から命をねらわれていたクボは、ある時、邪悪な叔母たちに見つかってしまうが、母親が最後の力を振り絞って放った魔法によって助けられる。たった1人残されたクボは、母の力によって命を吹き込まれたサルとともに、母が言い残した「3つの武具」を探し、旅に出る。旅の途中で記憶を失ったクワガタの侍も仲間に加わり、一行は困難を乗り越えて武具を見つけていくのだが…。
アメリカ映画だけど、舞台は日本。「コララインとボタンの魔女 3D」のアニメーションスタジオのライカが製作したストップモーションアニメです。
ストップモーションアニメとは思えないスムーズな動きがみごとです。描かれている日本も、すばらしくて感激しました。間違った日本というのは見当たらず、日本に敬意をはらった映像になっています。三味線の調べも、折り紙のテクニックも、すばらしくて、この映画が好きになりました。自然の描写がリアルで、美しいです。物語も日本のおとぎ話を彷彿させます。
吹替え版もありますが、オリジナルはシャーリーズ・セロン、マシュー・マコノヒー、レイフ・ファインズ、ルーニー・マーラ等が声優として参加しています。
エンディングはイラストのアニメが出てきて、北斎や浮世絵を思わせます。全編をCGアニメでも描くことができるのでしょうが、人形を使ったストップモーションアニメにしたのは、強いこだわりを感じましたし、成功していると思います。
最後にこの映画を捧げている言葉にホロッときました。

★★★★☆ 4+

苫小牧三光、秋田西館2017/11/19

苫小牧三光、秋田西館の風景印。

スパイダーマンTシャツ当たりました。2017/11/18



「スパイダーマン ホームカミング」の公開してある頃に当たってましたが、紹介してませんでした。チケット欲しくて応募したのですが、Tシャツが当たりました。希望商品を選べない懸賞だったので。


アップ。

日・モルディブ外交関係樹立50周年2017/11/17





日・モルディブ外交関係樹立50周年の特印2種類です。

いとしのヒナゴン 上・下2017/11/16



「いとしのヒナゴン 上」 重松 清・著 文春文庫


「いとしのヒナゴン 下」 重松 清・著 文春文庫

田舎町・比奈町で、目撃された謎の生物“ヒナゴン”が、30年ぶりにまた目撃されたという。
元ヤンキーのイッちゃんが町長を勤める役所に新しく類人猿課が設置された。
昔、ヒナゴンを発見したが、証明されず、うそつき呼ばわりされたひいおじいちゃんを持つ信子ことノブは、東京から実家に戻り、類人猿課で働き始める。
ヒナゴンは本当にいるのか、その頃、市町村合併をめぐり、全町民を巻き込んで、町長選挙は、ヒートアップしていく…。
一度は東京へ行って、夢を追いかけ、でも思うようにはいかず、期間限定の類人猿課で、働いてみる主人公です。離れていたからこそ、ふるさとの良さもわかることもあります。しかし、町は過疎と財政難に苦しんでいます。
町長の世代と、ノブたちの世代、それぞれの幼なじみたちが、町の未来を考えます。会話が方言が多くて、ほんわかした雰囲気でした。
ヒナゴンのことも、友情も、信じる気持ちを持ち続けること、その方が信じないよりも良いと思えてきます。子どものまま大人になってしまったような登場人物が多かったです。

ブラームスの消印2017/11/15

左はJPS音楽切手研究会25周年記念 音楽切手展の小型印。
ブラームスらしいです。没後120年になるそうです。
右のかわいいのは、静岡県の菊川駅前郵便局 新局舎20周年記念の小型印だそうです。