鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開2019/11/05



「鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開」 東京都近代美術館
東京神田に生まれ、挿絵画家として画業をスタートさせた鏑木清方(1878-1972)は、美人画で上村松園と並び称された日本画家。
今年、清方の代表作として知られながら、1975(昭和50)年以来所在不明であった《築地明石町》と、あわせて三部作となる《新富町》《浜町河岸》の3点が発見され、東京都近代美術館へ収蔵されました。そのお披露目の展示がありました。
鏑木清方の美人画は細身で、上品な女性の絵が多いように思います。




左から《浜町彼岸》《築地明石町》《新富町》
よく見ると背景にその土地ならではのものが描かれています。鏑木清方の他の作品《三遊亭円朝像》や12幅対の《明治風俗十二ヶ月》も見ることができます。

窓展:窓をめぐるアートと建築の旅2019/11/05


窓展:窓をめぐるアートと建築の旅

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」 東京国立近代美術館
窓に関するアート。絵画や造形品など。
鏑木清方の絵を見に近代美術館へ行ったら、一緒に開催していました。マティスやボナールの窓の絵もあり、現代アートまでいろいろでした。

東山魁夷の青・奥田元宋の赤2019/11/04


東山魁夷の青・奥田元宋の赤

「東山魁夷の青・奥田元宋の赤」 山種美術館
名前の通り東山魁夷と奥田元宋にスポットをあてた展覧会。他の画家の作品もあります。東山魁夷は青が印象的な画家で、奥田元宋は赤、それぞれの魅力的な作品を見ることができます。奥田元宋は他の美術展で見た作品も、紅葉の絵で赤いイメージが鮮烈でした。紅葉の季節から、年末にかけて季節に合った展示となっていたので、今見るのにちょうど良いと思います。風景の絵だけではなく、人物や動物の絵もありました。とてもきれいでした。

エドワード・ゴーリーの優雅な秘密展2019/11/01


エドワード・ゴーリーの優雅な秘密展

「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密展」 練馬区立美術館
アメリカの絵本作家のエドワード・ゴーリー(1925~2000)。細い線で、繊細なタッチの絵で、不思議なストーリーです。友人が前からエドワード・ゴーリーのファンだと言っていたので、知っていましたが、原画を見るのは初めてです。
絵は小さ目なので、絵ハガキが飾ってあるように思えました。
絵は美しいですし、ユーモアがあります。舞台芸術や、舞台用衣装のデザインなどもありました。


ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展2019/10/29


ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン

「建国300年 ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展」
Bunkamuraザ・ミュージアム
世界で唯一、侯爵家(君主)の家名が国名となっているリヒテンシュタイン。スイスとオーストリアにはさまれた小国ながら、世界でも屈指の規模を誇る個人コレクションを有し、その華麗さが宝石箱にもたとえられ世界の注目を集めています。
ルーベンス、ヤン・ブリューゲル(父)、クラーナハ(父)等、北方ルネサンス、バロック、ロココを中心とする油彩画や優美な陶磁器、約130点が展示されています。
ポスターの絵も華やかですが、美術品も明るい色調のものが多くて、きれいでした。陶磁器も金が使われているものが多くて、高価そうです。これでもコレクションのほんの一部なんでしょうが、楽しめました。
先日行ったハプスブルグ家のコレクションとあわせて、こちらも見ておくと良いと思います。ヨーロッパの貴族の生活ぶりを感じさせてくれます。

行ける工場夜景展 20192019/10/28


行ける工場夜景展 2019

「行ける工場夜景展 2019」 TODAYS GALLERY STUDIO(浅草橋)
工場夜景を撮った写真展です。27日の東京最終日に行ってきました。
19人の撮影者ごとに作品が展示されています。それぞれに特徴がありました。
工場夜景はツアーがあるほど人気ですが、本当に美しかったです。
SF映画の要塞のように見えます。全国の工業地帯で、いろいろな場所がありました。写真集も出版されています。
東京展の後は名古屋のギャラリーへ巡回するそうです。

ハプスブルク展-600年にわたる帝国コレクションの歴史2019/10/23


ハプスブルク展

「ハプスブルク展-600年にわたる帝国コレクションの歴史」 国立西洋美術館
ヨーロッパの歴史の表舞台で、強力な勢力を誇っていた貴族のハプスブルグ家。
長年に渡って、多くの美術品を収集していました。ウィーン美術史美術館はハプスブルグ家のコレクションを多く受けついでいます。
日本とオーストリアの友好150周年記念にあたり、ウィーン美術史美術館協力のもと、絵画、工芸品、武具など約100点のコレクションがやってきています。ハプスブルク家の人々も、絵画や系図で紹介されています。
絵画だけでなく、甲冑や食器、宝飾品など、いろいろ出ていました。
ポスターになっているディエゴ・ベラスケスの《青いドレスの王女マルガリータ・テレサ》は、前にも見たことがあったし、愛らしいマルガリータはいくつか違うパターンの絵が残されています。プラド美術館の《ラス・メニーナス》も同じ人物ですね。
この青いドレスの絵と並んで展示されていたのが、ブダペスト国立美術館の《緑のドレスのマリガリータ》で、そちらは初めて見ました。青い服のと、ほぼ同じ大きさで、同じ構図でした。ちょっと荒かったようにも思います。このマルガリータ王女は21歳の若さで亡くなってしまいます。
ハプスブルグ家といえば、悲劇の王妃・マリー・アントワネットもそうですので、マリー・アントワネットや、その母で、オーストリアの女大公マリア・テレジアの肖像画もありました。
甲冑もたくさんあって、武具というよりは、細かい細工がいっぱい施されていて、芸術品でした。

恐竜博20192019/10/09



「恐竜博2019」 国立科学博物館
恐竜の骨や化石など、子どもにも人気の展示。毎年、混みます。
チケットを貰ったのに、なかなか行けずに6日の日曜日に行ったら、110分待ちになっていました。
整理券をもらって、常設展などを見ていました。私はあまり恐竜には詳しくないですが、ジュラシックパークの世界ですね。もちろん、中に入っても混んでいました。もうすぐ終了ですからね。


グッズの中の、ポストカードは気に入りました。これって、鳥獣戯画のパクリですね。恐竜戯画です。

美しきいのち2019/10/07


美しきいのち

「美しきいのち-日本・東洋の花鳥表現」 根津美術館
東洋とくに中国と日本の花や動物などをモチーフにしたものを集めた展覧会です。
絵画、特に掛け軸や屏風など。陶器もありました。
シブめの作品が多かったです。
庭園も散歩して気持ち良かったです。ここの美術館好きです。

歌川国芳 ―父の画業と娘たち2019/10/06


歌川国芳 ―父の画業と娘たち

「歌川国芳 ―父の画業と娘たち」 太田記念美術館
浮世絵師の代表作をはじめ、国芳の2人の娘も、絵を描いていたことが伝えられています。作品数が少ないし、なかなか見る機会がなかったのですが、今回は作品を何点か見ることができます。国芳の絵の背景やコマ絵。単独で描いた絵もあります。幼い頃に描いていますが、とても上手です。父・国芳の絵に似ています。そして、国芳の弟子の作品も見ることができて、充実した展覧会でした。


歌川国芳《江都勝景中洲より三つまた永代ばしを見る図》
この絵は、国芳の長女のとりのことを描いているのではないかと言われています。
羽根つきをしている幼い少女・とりを探してみるのも楽しいです。