牧歌礼讃/楽園憧憬 アンドレ・ボーシャン+藤田龍児2022/05/16



「牧歌礼讃/楽園憧憬 アンドレ・ボーシャン+藤田龍児」
東京ステーションギャラリー
アンドレ・ボーシャン(1873-1958)藤田龍児(1928-2002)
2人の画家の展覧会です。時代も活動拠点も違うのですが、牧歌的で楽園のような風景、自然を丁寧に描いているところに共通するところがあるようです。
それほど期待していなかったけど、見てみたらすごい良かったです。私は両方知らない画家でした。特に藤田龍児が気に入りました。若い頃から画家として活躍していた藤田龍児は、50歳目前に脳血栓により、右半身不随となります。一時は絵の道を諦めるのですが、数年後、左手に筆を持ち替えて再起を図ります。それをきっかけに、画風も変わっていき、抽象的な絵から、牧歌的な明るい絵を描くようになったそうです。それからの絵が良いのです。穏やかな日常な絵にも見えるのですが、どこかファンタジックな雰囲気がするのです。絵本の世界のようにも感じました。木の形が独特で、幹が細く下の方には枝がなく、上に葉が茂っているの絵が多かったです。白い犬が描かれているのも多かったです。どこかに赤色が効いていて、さし色のようになっていて、かわいいのです。


  《静かなる町》藤田龍児

アンドレ・ボーシャンはフランスの画家で、自然や花が丁寧に描かれていて、明るい色調でした。でも人物の絵が微妙なんです。そこも味わいがあるのですけどね。ちょっとアンリ・ルソーが思い浮かんできました。


  《芸術家たちの聖母》アンドレ・ボーシャン

オサムグッズ45周年展2022/05/12



「オサムグッズ45周年展」 パレットクラブ
原田治(1946-2016)イラストレーター。
1970年代からかわいいイラストやグッズで人気を集めました。私のイメージはミスタードーナツのオマケ(ノベルティグッズ)です。若い人はその頃を知らないでしょうが、グッズが欲しくて、頑張ってドーナツを買う人が続出した印象です。近頃は、若い方に80年代のファンシーさが人気になって再ブレイクしたりしているようです。
会場のパレットクラブは築地にあるのですが、原田治さんはなんと築地生まれなのだそうでうs。
グッズを制作する過程の版下や原画、紙焼き、商品化されたグッズなど展示していました。
販売しているグッズはポスター、くし、風呂敷がありました。ポストカードが欲しかったけど、なかったです。

soul ジェーン エヴリン アトウッド展2022/05/10



「soul ジェーン エヴリン アトウッド展」 CHANEL NEXUS HALL
1970年代からパリを拠点に活躍する写真家ジェーン エヴリン アトウッドの個展。最終日に行って来ました。
パリの路上に立つ娼婦たち、女性服役囚、地雷の犠牲者など、モノクロ写真が多いのですが、ハッとさせられるようなひきこまれる写真でした。



特撮美術監督 井上泰幸展2022/05/08



「生誕100年 特撮美術監督 井上泰幸展」 東京都現代美術館
「ゴジラ」や「日本沈没」など、日本の映像史に重要な位置を占める特撮領域に大きな足跡を遺した特撮美術監督の井上泰幸(1922-2012)の個展です。特撮のパイオニア円谷英二のもと、特撮美術スタッフとしてキャリアをスタートし、その後の日本の特撮映画に多大な足跡を遺しています。
スケッチやデザイン画、絵コンテをはじめ、撮影で使用したミニチュアなどを通して、井上泰幸の人生と仕事を追っていきます。
絵もすごい上手でした。イメージボードや、綿密な設計図などをたくさん見る事ができます。奥さん(井上玲子)も、彫刻家だったそうで、作品を展示していました。



ミニチュアというより、本物を同じように小さく作るという感じでしょうか。だいたいが怪獣に壊されてしまったりするのですが、映像に残ってはいても、実物はあまり残ってないのだと思います。写真は、再現したものですが、本当によくできています。デパートのショーウインドウや、屋上は遊園地のようになっていて、小さい観覧車などもあります。
今はCGでなんでも作れますが、その前の時代に戦後の映画を支えた人です。

スコットランド国立美術館 美の巨匠たち2022/05/01



「スコットランド国立美術館 美の巨匠たち」 東京都美術館
世界でも指折りの西洋絵画コレクションを有するスコットランド国立美術館から、ラファエロ、エル・グレコ、ベラスケス、レンブラント、ルノワール、モネ、ゴーガンなど、ルネサンス期から19世紀後半までの西洋絵画史を彩る巨匠たちの作品が来日しています。イングランドやスコットランド絵画も多数。西洋美術の流れの中で紹介されていました。バラエティに富んだ品揃えでした。スコットランド国立美術館は、行った事がないので、見た事がない絵が多かったので、面白かったです。習作や素描、未完成の絵もありました。完成作を想像しながら見てました。チラシやポスターの上に出ている《ウォルドグレイヴ家ね貴婦人たち》ジョシュア・レイノルズ、きれいでした。


写真スポット《アメリカ側から見たナイアガラの滝》フレデリック・エドウィン・チャーチ

ピーターラビット展2022/04/30



「出版120周年 ピーターラビット展」 世田谷美術館

今も世界中で愛され続けるいたずら好きなうさぎ、ピーターラビット。英国の作家ビアトリクス・ポターが、病気で寝込んだ幼い男の子のためにペットのうさぎをモデルとして描いた絵手紙から始まりました。1902年の初出版以来多くの人々に読まれています。『ピーターラビットのおはなし』誕生の背景や物語の世界を、英国外初公開を含むオリジナル原画などにより紹介しています。
何年か前にもピーターラビット展へ行きましたが、可愛らしいうさぎの絵に、心癒されます。グッズもいろいろあって、見ているだけで楽しかったです。本が出版されて120年経つのですね。直筆の手紙や原画を楽しみました。ビアトリクス・ポターは、美しい自然を残した事が、素晴らしい功績だと思います。





世田谷美術館にあるフレンチレストラン“ル・シャルダン”でランチしました。メインはお魚。なかなか美味しかったけど、後でお腹が空いてしまいました。やや軽めでした。

木村セツ&木村いこ 祖母と孫の2人展2022/04/21



「木村セツ&木村いこ祖母と孫の2人展2022」GALLERY SANYODO
表参道の山陽堂書店の2・3階のギャラリー。新聞ちぎり絵の木村セツさんは93歳、ポストカードや本は見た事ありましたが、原画は初めて見ました。特に食べ物が美味しそうで、大好きです。イラストは孫のいこさん。かわいい絵でした。

シダネルとマルタン展2022/03/31




「シダネルとマルタン展」 SOMPO美術館
19世紀末から20世紀初頭のフランスで活躍した画家、アンリ・ル・シダネル(1862-1939)とアンリ・マルタン(1860-1943)に焦点をあてた、展覧会です。
この展覧会が、想像以上に良かったです。シダネルは時々他の美術展で見ていて、前から気になっていました。2~3枚しか見たことがなかったのですが、今回まとめて鑑賞できました。幻想的です。
アンリ・マルタンは、今回初めて知った画家ですが、こちらも素敵でした。シダネルとタッチが似ているのですが、全体的に陽光がさしていて、明るい雰囲気です。上の絵がシダネルで、下の少女の絵はマルタンです。活動拠点が、シダネルが北フランス、マルタンが南フランスだったので、気候の違いが絵に現れているそうです。確かに霞がかっているシダネルの絵、眩い光の中の絵が多いマルタンの絵でした。2人は親交もあって、一緒にいる映像も公開していました。

鏑木清方展2022/03/30



「鏑木清方展」 東京国立近代美術館

鏑木清方(1878-1972)の没後50年で、大規模回顧展です。所在不明だった代表作《築地明石町》《新富町》《浜町河岸》も、先日公開されましたが、改めてその3点と、他の作品も展示替えしながら100点余り、どれも鏑木清方作品でした。

師匠の水野年方作品もあるのかと思いましたが、ありませんでした。

弟子の伊東深水が師匠の肖像を描いているのは他のフロアの展示にありました。

西の上村松園、東の鏑木清方と言われる美人画の大家ですが、美人だけじゃなく、市井の暮らしや文化を描いたものが多くて、面白いです。当時の生活の様子がうかがえるのです。それが美人だったりしますが、もっと素朴な人々の絵もたくさんありました。太平洋戦争の時も、戦争画は描かずに、美人画を描いていたそうです。女性の表情に品があって、着物も繊細に描いていて好きです。 



同時に開催されている、美術館の春まつりも、見ることができます。

上野リチ ウィーンからきたデザイン・ファンタジー展2022/03/29



「上野リチ ウィーンからきたデザイン・ファンタジー展」 三菱一号館美術館
上野リチ Felice Rix-Ueno(フェリーツェ・リックス=ウエノ, 1893-1967)、世紀末芸術の爛熟期にあったウィーンで生まれ、新しいデザインを生み出した20世紀初頭のウィーンで育つ。ウィーン工芸学校において、日本の文化・芸術の影響を受けたヨーゼフ・ホフマンらに学び、師が設立したウィーン工房のデザイナーとして活躍。ヨーゼフ・ホフマンの下で働いていた日本人建築家、上野伊三郎と出会い結婚。日本では上野リチと名乗るようになる。伊三郎の故郷である京都に渡る。京都移住後、1930年まで、ウィーン工房のデザイナーとして、テキスタイルデザインを中心に活動。
 七宝、織物など京都の伝統工芸の技術を取り入れながら、テキスタイル、身近な小物類、個人住宅や店舗のインテリアほか、幅広いデザインに携わる。
この展覧会が開かれるまで知らない人でした。可愛くてポップなデザインで、古さを感じません。生地のデザインや、お店の内装など、マルチに活躍した人物です。日本に移住して、第二次世界大戦もあったと思うけど、大変な時代を乗り越えていると思います。国際結婚も珍しかっただろうし、慣れない日本で暮らして、多くの仕事をしています。洗練されたデザインでした。

美術館に併設するミュージアムカフェ・バー“Cafe 1894”で、タイアップメニューのリチの庭を食べました。カラフルで美味しかったけど、量が少なめです。食事にはもの足りなかったです。