フィリップス・コレクション展2018/11/20



フィリップスコレクション展


「フィリップス・コレクション展」 三菱一号館美術館
アメリカの蒐集家、ダンカン・フィリップス(1886-1966)が生涯を費やして集めた美術作品を所蔵する美術館「フィリップス・コレクション」から、近代美術作品75点を紹介する展覧会。
名だたる画家の作品ばかりだけど、今まで見たことがない絵ばかりで、新鮮でした。


《リーヴシエンヌの雪》 アルフレッド・シスレー


《ハム》 ポール・ゴーガン

ポストカードが64種類売っているのだそうです。
美術館へ行って、気に入った絵がポストカードになっていないで、ガッカリすることがあるけれど、この展覧会は8割以上がポストカードになっているのです。
ポストカード好きな私は、ついいっぱい買ってしまいました。

江戸絵画の文雅2018/11/19



江戸絵画の文雅

「江戸絵画の文雅-魅惑の18世紀」 出光美術館
文人画・琳派・浮世絵といった諸派から個性的な画家たちが続々と輩出された18世紀の日本。この時代の絵画を、「文雅」、すなわち文芸とのかかわりを中心にした江戸絵画の展示です。
絵画だけではなく、陶器などもありました。尾形光琳・乾山兄弟作品も。
全体的に渋めな作品が多かったです。
この美術館は、絵を見た後に、眺めが良くて、日本茶を飲みながら、まったりできるスペースがあるのが好きです。

生誕110年 東山魁夷展2018/11/18




「生誕110年 東山魁夷展」 新国立美術館
戦後を代表する日本画家・東山魁夷(1908-1999)の回顧展です。


《花明り》


奈良・唐招提寺御影堂の障壁画は、なかなかお目にかかれないし、微妙なエメラルドブルーが本当にきれいで、迫力あります。実物はとても美しいです。

カール・ラーション2018/11/11


カールラーション

「カール・ラーション」 損保ジャパン日本興亜美術館
スウェーデンの国民的画家カール・ラーション(1853-1919)、家族をモティーフにした絵をたくさん描いています。


絵は女性っぽいけど、描いているのは男性です。


特に子どもの表情が生き生きとしていて、かわいらしいのです。


ラーションの家「リッラ・ヒュットネース」
ずいぶん前にカール・ラーション展へ行ったことがあります。
今回は絵はちょと少なくて、ラーションの家族の暮らしぶりを紹介するような展示が多かったです。奥様のカーリーが織物や編み物をして、家の中のものをデザインしています。夫妻が工夫して作り上げているインテリアなど、その暮らしぶりを画集にしたものが、爆発的に売れたのだそうです。


居間をイメージしたコーナーは写真撮影可能です。

彫刻家の眼2018/10/22



「彫刻家の眼」 朝倉彫塑館
朝倉彫塑館(あさくらちょうそかん)へ行ってみたいと前から思っていました。
彫刻家(彫塑家)・朝倉文夫のアトリエ、住居、学校でもあった建物です。
今は「彫刻家の眼」というのをやっていて、朝倉文夫が蒐集したコレクションを公開しています。朝倉文夫の作品や、住居だったスペースも見れます。

        《墓守》

       《吊るされた猫》

愛猫家で、猫の作品も多いです。
ロダンに通じるところがあると思えました。


建物の上の方にチラリと見える作品は《砲丸》


屋上庭園が気持ち良いです。建物の上に見えた《砲丸》の後ろ姿が見えます。
近くには高い建物がないので、良い眺めです。スカイツリーも見えます。季節により花が咲いているみたいです。


内部は写真撮影できないので、屋上から見たところ。中庭が池になっていて、鯉が泳いでいます。池を囲むように建物が建っていて、かなり広い日本家屋です。展示室にもなっているので見学できます。入口やアトリエは洋館という感じです。
建物を見るだけでも面白いです。

入場は靴を脱いで入ります。スリッパは履けませんし、裸足は不可なので、興味を持った方は靴下を履いていってくださいね。

SPARK-あの頃君は若かった-2018/10/09



「SPARK-あの時君は若かった-」 ホキ美術館
千葉県の土気(とけ)駅近くにある写実絵画専門の美術館です。私が行くのは2回目です。前回行って良かったので、また行ってみたいと思っていました。
写実画家が若かった頃にインスピレーションを受けた作品や、写実絵画へ進むきっかけとなった作品と現在の作品を展示し、作風の進化、深化をたどった企画展でした。
写実的な絵を描く画家たちは、さすがに模写も上手いです。


個性的な建物で、展示室も広いです。企画展、常設展とたっぷりと写実的な絵を見ることができます。昔のヨーロッパは肖像画を描く画家が多かったけど、こんなに精密に絵を描く人がいたら、驚かれるだろうなぁと思いました。
まるで写真!と思える絵ばかり、たくさん見てきました。


美術館内のレストラン“はなう”でランチ。片岡護シェフプロデュースのイタリアンのお店です。前回は混んでいて入れなかったので、うれしいです。前菜盛り合わせ、イタリア産乾燥空豆の温かいスープ、ウニとグリーンアスパラのトマトクリームソース リングイネ、デザート、コーヒーとパン付き。おいしかったです。

モネ それからの100年2018/09/26


モネ それからの100年

「モネ それからの100年」 横浜美術館
印象派を代表する画家クロード・モネ。
集大成となる《睡蓮》大装飾画の制作に着手してから約100年。
現代の作家たちに脈々と影響を与えています。
モネの初期から晩年までの絵画25点と後の世代の作家たちによる絵画、写真、映像作品などを展示しています。
24日に横浜へ行ったついでに行きました。入場制限していて、混雑しているなぁと思ったら、最終日でした。
思ったよりもモネの作品は少なかったですが、マーク・ロスコ、アンディ・ウォーホール、ロイ・リキテンスタインなどの作品が見れます。若い日本の作家たちも多かったです。モネの作品の前が混み合っていました。

[世界を変えた書物]展2018/09/17


「世界を変えた書物」展

[世界を変えた書物]展 上野の森美術館
金沢工業大学が所蔵する、コレクションだそうです。コペルニクス、ニュートン、ダーウィン、アインシュタイン、レントゲン等。
由緒ある本がいっぱいありました。それを入場無料で見せてくれるとは、なんとも太っ腹な展示です。どの本もかっこいいし、映画のセットのようなおしゃれな展示でした。でも本に何と書いてあるかはよくわからないんですけどね。


帰りにJR上野駅へ行ったら、秋田県の物産展のようなのをやっていて、またゆるキャラに会いました。メッセージフェスタの後に、この美術展へ行ったので、1日でずいぶんたくさんゆるキャラを見たなぁと思いました。

んだッチ

秋田県PRキャラクターで「んだッチ」というらしいです。初めて見ました。

藤城清治 光と影の生きる喜び展2018/09/10


藤城清治展

「藤城清治 光と影の生きる喜び展」 銀座教文館 ウェインライトホール

藤城清治さんは94歳、力強く作品を生みだし続けています。
妖精の出てくるファンタジックな作品もありますが、震災によって被害を受けた建物や、広島ドームなど、未来への祈りをこめて作品を発表しています。


    《南三陸町防災庁舎》 2012年


    《震災の熊本城》 2018年

世界の鉄道 線路はつづくよ目白まで2018/08/26



「世界の鉄道 線路はつづくよ目白まで」 切手の博物館
鉄道と旅をテーマに世界各国の切手を展示していました。鉄道だけではなく、トラムや駅などの絵の切手もありました。
友人が切手が好きと言っていたので、切手の博物館のことを話したら、行ったことがないというので、Otegamiフリマも合わせて、目白へ行ってきました。
今回のOtegamiフリマは切手の博物館ではなく、目白駅近くのデサント本社の椿ホールという場所でした。広いホールで見やすかったです。友人も興味を持ってくれて、とても楽しかったそうです。