至上の印象派展 ビュールレ・コレクション2018/02/15


ビュールレ・コレクション

「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」 国立新美術館
内覧会へ行ってきました。
スイスの大実業家エミール・ゲオルク・ビュールレ(1890-1956年)は、生涯を通じ絵画収集に情熱を注いだコレクターです。
主に17世紀のオランダ絵画から20世紀の近代絵画で、中でも印象派の傑作が揃っているそうです。
チラシやポスターになっているのは、ルノワールの《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》。実物を見るのは初めてですが、ルノアールの絵の中でも有名な絵なので、知っている方も多いのじゃないでしょうか。私も小さい頃、銀行のカレンダーに使われているのを見て、とても素敵な絵だなぁと思っていました。
実物を見ることができてうれしかったです。

他にも印象派を代表する画家たちの絵をいっぱい見れます。
セザンヌ、マネ、ピサロ、コロー、ゴッホ、ゴーギャン、ピカソ……。


フィンセント・ファン・ゴッホ 《種まく人》 浮世絵の影響を受けているゴッホの絵。


クロード・モネ《睡蓮の池、緑の反映》
この絵は写真撮影OKだったので、私の撮った写真です。


レセプションもあって、飲み物とおつまみがいただけます。あっという間になくなります。新国立美術館のレセプションは3回目ですが、おしゃれでおいしいのです。


東山魁夷展2018/01/22


東山魁夷展

「東山魁夷展」 東京富士美術館
長野県信濃美術館東山魁夷館が所蔵する作品を中心に、約80点の展示でした。
東山魁夷は生誕110周年だそうです。東京富士美術館は開館35周年だそうです。
スケッチや習作もありました。国民的画家の初期作品から晩年の作品まで。
たっぷり見れました。東京富士美術館の所蔵品の展示も見てきました。


         《夕静寂》
暮れていく山の奥に一筋の滝、静寂が支配する世界。そこに立って眺めているような気分になります。心がフラットになる気がします。

マリメッコ・スピリッツ2018/01/13


マリメッコ・スピリッツ

マリメッコ・スピリッツ ― パーヴォ・ハロネン / マイヤ・ロウエカリ / アイノ=マイヤ・メッツォラ」 ギンザ・グラフィック・ギャラリー
日本でも人気があるフィンランドのブランド・マリメッコ。マリメッコの現在を支えるデザイナーの中から3名-パーヴォ・ハロネン、マイヤ・ロウエカリ、アイノ=マイヤ・メッツォラ-に焦点をあてた展示です。マリメッコのためにデザインした作品と、日本にインスピレーションを得た新作もありました。ポスターやチラシになっている絵は、マイヤ・ロウエカリのもので、まだ日本に行ったことないけど、東京を行きかう人々をイメージして考えられたものらしいです。桜も散りばめられています。この展覧会をきっかけに3人は来日して、ギャラリートークもあったようです。
昔からマリメッコが好きなので、行ってみました。カラフルでユニークです。




レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル2017/12/19



「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」 森美術館
レアンドロ・エルリッヒは、アルゼンチン出身の現代アーティスト。
日本では金沢21世紀美術館にある《スイミング・プール》を知っている方も多いと思いますが、その作者です。
どこにでもあるような風景だけど、よく見ると作られた不思議な世界です。視覚的な錯覚を利用して、すごい物を作っている芸術家です。

Rさんと一緒に、東京観光。今の時期なら東京ミッドタウンのイルミネーションや、六本木ヒルズの展望台が良いのではと、六本木へ行きました。暗くなって寒さもピークなので、まずはミッドタウンのイルミネーションを建物内から、遠く見てから、六本木ヒルズの展望台・東京シティービューへ。そうしたら、そのチケットで、森美術館も一緒に見れるというので、入りました。一つ目の作品を見た時に、レアンドロという名前なら、もしかして金沢20世紀美術館のプールの人?と思ったらそうでした。こんな展示をやっているとは知らなくて、見れてラッキーでした。
おまけに、めちゃくちゃ面白い、体験できることが多い芸術鑑賞です。また行こうかなと思っています。



東京シティビューの夜景もきれいでした。

大くまモン展2017/12/16



「大くまモン展」 銀座松屋8階イベントスクエア
皆さまもご存知の通り熊本県のPRキャラクターのくまモンに関する展示です。いろいろな国で撮影したくまモンの写真や、衣装、くまモン実物大人形、これまでの活動の紹介などでした。展示はそれほど広くないですが、グッズもたくさん売っていました。入場無料です。


人形です。



フランスモンサンミッシェルで自転車に乗っているくまモンの写真。

デンマーク・デザイン2017/12/12



「デンマーク・デザイン」 損保ジャパン日本興亜美術館
インテリアや食器、ポスター絵などもありました。
食器はロイヤル・コペンハーゲンなど。憧れの食器です。


ハンス・ウェグナーの椅子。スーツが掛けられるようになっています。
デザインもステキだけど、機能的、そして座りごこちも良いなら、最高ですね。私はスーツかけないけど。この椅子は座れないけど、5客くらい座れる椅子のコーナーがありました。本当に座りごこちが良かったです。高級な椅子だけど、代々家族に伝わって、何年も使用するという北欧の暮らし、良いですね。


眺めのいい美術館です。42階にあります。


写真コーナー。多分、椅子に自分が座って撮るのでしょう。デンマークのキャラクターのぬいぐるみ。このグッズがいっぱい売っていて、かわいかったです。
ポストカードやお弁当箱など。ラスムスクルンプというらしいです。


新宿西口小田急エースの“喫茶ネギシ”のグリルサンドセット。ツナ&ヤサイサンド。パンが薄くて、はさんである具の味がよくわかりました。

アンデルセン展2017/12/09

アンデルセン展
「ハンス・クリスチャン・アンデルセン展 -いつもそばにアンデルセンがいた-」 郵政博物館
デンマークの国民的童話作家のアンデルセンにちなんだ展示です。アンデルセンの話は、悲しい話もあるけど、大好きです。郵政博物館なので、アンデルセンのお話がモチーフとなっている切手も展示していました。
ポスタービジュアルを描いている日本のイラストレーターNaffyさんの原画もきれいでした。マッチ売りの少女、人魚姫、雪の女王、おやゆび姫、みにくいあひるの子、誰もが知るおなじみの話がいっぱいですね。私が好きな話は「白鳥の王子」です。「白鳥の王子」に関するものがないかなぁと展示を探しましたけど、見当たりませんでした。それほど有名な話じゃないのかな。

MOOMIN パペット・アニメーション展2017/11/29

MOOMIN パペット・アニメーション展
「MOOMIN パペット・アニメーション展」 銀座松屋8階イベントスクエア
昨年末も「ムーミン絵本の世界展」といのをやっていたけど、映画「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」公開するのを記念して、パペットや、セットの模型、関連資料などが紹介されています。映画を紹介する映像なども流れていました。ちょっと昔懐かしいような人形を使ったアニメーションです。最近見た「KUBO クボ 二本の弦の秘密」も、人形を使ったアニメーションだったけど、動きがなめらかで、違和感なかったけど、「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」は、もっとガタガタとした動きでした。そういうのも味わいのひとつなのかもしれません。
さて、展示の方は思ったよりも少なくて、ムーミングッズ販売の方に力を入れているようでした。いろいろなグッズがあるので、展示品を見ていた時間よりも、商品を見ていた時間の方が長かったです。

明治文壇観測―鴎外と慶応3年生まれの文人たち2017/11/05



特別展「明治文壇観測―鴎外と慶応3年生まれの文人たち」
文京区立森鴎外記念館

千駄木にある森鴎外記念館が、開館5周年だそうです。何度か前を通ったことはあったのですが、今回は入ってみました。森鴎外の本は、ほとんど読んだことがなくて、詳しくないのですが。

開館5周年記念で、エントランスで、ライアー(竪琴)コンサートを開催していたので、聴いてきました。ライアー奏者の三野友子さんの演奏で、森鴎外にちなんで、ドイツの楽曲を中心に演奏していました。天井に反響してきれいな音楽を聴けました。
森鴎外記念館は、明治25年・鴎外が30歳の時から60歳で亡くなるまで住んでいた場所に建てられています。とてもきれいな記念館でした。

展示の方は、明治を代表する文豪たち夏目漱石、幸田露伴、尾崎紅葉らと、鴎外との交流についてです。


館内にある“モリキネカフェ”で、休憩しました。