藏 上・下2017/03/28

蔵
「藏 上」「藏 下」 宮尾 登美子・著 角川文庫
新潟の旧家、蔵元の田乃内家に生まれた娘、烈。家族の希望をうけて成長していくが、小学校入学を前に、失明にいたる目の病を患っていることを知る。病弱な母のかわりに、叔母の佐穂に愛情をそそがれて成長する。田乃内家をおそう数々の悲劇をくぐり抜け、気丈に家族を奮い立たせて、蔵元を継ぐことを決意する…。
とても面白かったです。列が生まれる前から話は始まり、父・意造や叔母・佐穂を中心に話が進んでいきます。現在は女の杜氏もいるけど、酒蔵には女性禁制があたりまえだった時代、目の病を抱えながらも、強く生きた女性の話でした。父の気持ちもわかりますが、どうにも空回りしているように思います。そんな父を説き伏せていくほどに成長していく烈が、初めはわがまま娘と思ってたけど、だんだん頼もしく思えてきました。
酒蔵の仕事風景も良かったです。そして、なんといっても、全編を貫く新潟弁が心地よく響きました。わかりにくく感じる方もいるかもしれないです。今ではこういう話し方はしないのではないかと思えます。酒をつくっている戦前の田舎の旧家の生活ぶりが興味深かったです。

秘密の花園2017/03/18

秘密の花園
「秘密の花園」 三浦 しをん・著 新潮文庫
カトリック系の女子高へ通う3人の少女、那由多、淑子、翠。それぞれに悩みや秘密を抱えている…。
女子高の経験がないせいか、学生時代を思い出すというよりは遠い存在でした。那由多と翠は、他の生徒とは一線を画していて、干渉しすぎずに良い距離感がありました。ソウルメイトという感じがしました。淑子は裕福な家の娘で、教師とつきあっています。
女同士のいざこざやイジメというのはなくて、3人がそれぞれ語り手となって、3つのつながりのある話になっていました。

姫椿2017/03/05

姫椿
「姫椿」 浅田 次郎・著 徳間文庫
8篇からなる短編集。1つ目の「シエ」という話が印象的でした。飼い猫が死んでしまったOL。偶然入ったペットショップで、シエという不思議な動物を見せられる。顔は麒麟、角は鹿、尾は虎、鱗に被われている。預かったものだが、取りにこないので、保健所に持って行くと聞き、連れて帰ることにした。辞典によると、善人と悪人の判別ができる中国の伝説上の生き物であるらしい。心優しい人の苦労はむくわれると思える話でした。
表題の「姫椿」は借金返済に行きづまり、自殺によって支払われる保険金で妻子を守ろうと決意した会社社長が、死に場所を探し求めるうちにすっかり忘れていた光景が飛び込んできた。20年以上前、今の妻のアパートに転がり込んでいた場所に行き、2人で行った銭湯「椿湯」がまだやっていて、暖簾をくぐると。番台の老人に話しかけられる。人間の再生と家族の絆描いた話でした。
大人のファンタジーでした。あんまりハッピーではない話もあったけど、短い話なのに、どれも深みがありました。タイトルの姫椿って、どういう花か調べてみたら、小さい頃住んでいた団地の庭によく咲いていた花でした。椿ということはわかっていたけど、姫椿だったのかと初めて知りました。

仮面病棟2017/02/28

仮面病棟
「仮面病棟」 知念 実希人・著 実業之日本社文庫
外科医・速水秀悟は、先輩医師の代わりに当直を務めていた。療養型病院なので、緊急患者はいないから、楽なバイトのつもりだったのだが、その夜ピエロの仮面をかぶった強盗犯がたてこもった。犯人が自ら撃ってさらってきた女性の治療を要求し、急いで治療する秀悟。脱出の方法をさぐっているうちに、その病院には何か秘密があることに気が付く。強盗犯の本当の目的は何か…。
閉ざされた病院内で、犯人との心理戦。入院患者と人質女性を守るため、秀悟は最善策を選ぼうとするが、残っていた院長は何かと反対する。
徹頭徹尾、ほとんど病院の中で、武器を持った犯人に対抗するために、常に緊張感がありました。終わってみれば意外な結末があったけど、面白いというほどではありませんでした。予想通りすぎたから。でも夢中になって読めたので、娯楽作としては良いのではないかなと思います。書いているのは現役医師の方だそうです。

クローディアの秘密2017/02/24

クローディアの秘密
「クローディアの秘密」 E.L.カニグズバーグ・著 岩波少年文庫
12歳のクローディアは、周到に計画して、家出を決意する。9歳の弟を誘い、メトロポリタン美術館に隠れることにした。数々の問題が起きるものの、美術館の生活にも慣れてくる。その美術館では最近購入した天使の像が、ミケランジェロの作品かもしれないと話題になっていた。専門家でも難しいこの問題を、クローディアは、弟と2人で真偽を確かめようとする。
子ども向けの本だけど、美術館が舞台でミケランジェロ作品にまつわるミステリーと思って読んでみました。昼間は来館者に混じって過ごしたり、外に行って図書館で勉強したり、夜に、こっそり噴水で水浴びもしていました。展示品のベッドで眠り(そんなことしていいのと思いましたが)、冒険が詰まっていました。弟もしっかりとしています。家出の原因は、長女ゆえの日々の不満や、何かを成し遂げたいという冒険心などが、入り混じっています。子どもから、大人になるための成長の物語という感じがしました。心配している親の気持ちは、とりあえず置いといて、都会でのかくれんぼです。調べてみたら「クローディアと貴婦人」というタイトルで1973年に映画化されていたそうです。イングリッド・バーグマンも出演していました。

君ハ僕ノモノ2017/02/18

君ハ僕ノモノ
「君ハ僕ノモノ」 メアリ・H・クラーク 新潮文庫
心理学者のスーザンは、ラジオのパーソナリティも務めている。両親は離婚、姉に恋人を奪われた苦い過去がある。ラジオの番組で、3年前に行方を断った女性の事件のことを取り上げたところ、リスナーからの電話でその事件の鍵になることを聞く。電話をかけてきた女性との面会を約束するが、女性はやって来ないで、事件をめぐって、次々と殺人事件が起こる…。
メアリ・H・クラークの本を久しぶりに読みました。日本の小説と違って、登場人物が多いのだけど、それらの人々が複雑に絡みあって、事件の全容が読み解かれていくので、面白かったです。初めはどれがどの人かとわからなくなってしまうところがあります。フルネームやニックネームで呼ばれると違う人かと思ってしまったりしますしね。それでも、だんだんわかってくると、よく考えられてストーリーだなぁと思います。怪しい人間が数人出てきて、スーザン同様に、読者にも犯人がハッキリとわからないのです。どの人も怪しいのです。映画にもなった吉田修一の「怒り」もそういう感じですね。
最後はあっけなく進んでしまった気もしましたけどね。映画を見ているように楽しめました。

贋作師2017/02/10

贋作師
「贋作師」 篠田 節子・著 講談社文庫
日本洋画界の大御所が自殺。主人公は遺作の修復を依頼された成美。大御所画家の弟子となった男は、成美のかつての恋人だった。その彼も自殺している。作品に接するうちに、元恋人の死に疑問を持つようになった成美は、真相を解明しようと、調べ始める。大御所画家の秘密も明らかになっていく。
いろいろな絵が登場するのですが、文章から絵を想像するのは、難しかったです。内容的にはサスペンス・ホラーという感じで、ちょっと気持ち悪かったかなぁ。絵の修復とことが、少しわかった気になりました。
女性だけど、強気な主人公と、サポートをしてくれる仲間が、外見は男らしいけど実はオネエというコンビが良かったです。

鍵屋甘味処改2017/01/26

鍵屋甘味処改
「鍵屋甘味処改 天才鍵師と野良猫少女の甘くない日常」 梨沙・著 
集英社オレンジ文庫
自分の出生の秘密を知った女子高生のこずえは、母を責めて、家を飛び出してしまう。鍵屋を営む鍵師・淀川と知り合い、年齢をいつわって、助手として居候させてもらうことになる。淀川のもとには、ワケありの鍵を開けて欲しいという依頼が、毎日のように持ち込まれる。
シリーズものの1冊目のようですが、話は一応終わっているので、1冊だけ読んでも楽しめます。少女マンガを読んでいるような感じで、サラサラと読めました。表紙も漫画っぽいですね。最近そういう本が多いです。タイトルの甘味処というのは、鍵屋の隣りが和菓子屋さんで、関わってくるからです。和菓子の表現がおいしそうで、読んでいると和菓子が食べたくなります。

あきない世傳 金と銀 源流篇2017/01/25

「あきない世傳(せいでん) 金と銀 源流篇」 髙田 郁・著 ハルキ文庫
学者の子として生を受けた幸。父から「商は詐なり」と教えられて育ったが、享保の大飢饉や家族との別離を経て、九才で大坂天満にある呉服商・五鈴屋に奉公へ出されることになる。慣れない商家での生活が始まり、女衆でありながら、番頭・治兵衛に才を認められ、徐々に商いに心を惹かれていく。
新シリーズの第一弾、まだまだどのように展開していくのはわかりませんが、勉強熱心で、知恵をつけたいと思う幸。女に学は必要ないと思われていた時代。周囲に幸のことを理解してくれる人がいて、勉強する機会を持てたのは、恵まれていると思います。
苦労はしても、良い人達と出会い、成長し活躍できる日がくるのだろうと思います。

春告鳥 女占い十二か月2017/01/23

春告鳥 女占い十二か月
「春告鳥 女占い十二か月」 杉本 章子・著 文春文庫
女の吉凶を生まれ月で占う江戸時代の本「女用知恵鑑宝織(おんなようちえかがみたからおり)」を題材に、1月から12月生まれのそれぞれの女の物語。短編集になっています。この占いの本は前世がどうだったかによって、運命が決まっているという書き方になっています。
面白かったけど、ハッピーエンドとそうでないのがあって、できたら全部幸せな話にして欲しかったです。月ごとの風物が入っているし、庶民の生活がうかがえます。せつなかったり、過酷だったりすることもありましが、全体として面白かったです。