楽園2017/05/24

楽園
「楽園」 上・下 宮部 みゆき・著 文春文庫
未曾有の連続誘拐殺人事件(「模倣犯」事件)から9年。取材者として肉薄した前畑滋子は、未だ事件のダメージから立ち直れずにいた。
そんな滋子にある女性から奇妙な依頼が舞い込んだ。その女性の息子は12歳で亡くなっているが、ある事件の絵を、事件が発覚する前に描いている。どうしてそういうことができたのか、超能力か。かくして16年前の少女殺人事件について、調査を開始する。
「模倣犯」の続編というよりは、スピンオフ小説という感じです。少女はなぜ殺されたのか、そのことを12歳の少年が、知っているのは何故か。前畑滋子はフリーライター。「模倣犯」の事件で、有名になったものの、特別な著書は出していない。事件を調べていくうちにいろいろな疑問が浮かび上がって、読者も滋子と同じように、疑問だらけの状態から、少しずつ真実が見えてくるというものでした。取材能力はさすがはプロでした。でも、ほとんどの部分は調査で、最後の方まですっきりとはわからなかったです。その途中で、いろいろな人間関係が広がっていくのは、面白かったです。

神去なあなあ夜話2017/05/16

神去なあなあ夜話
「神去なあなあ夜話」 三浦 しをん・著 徳間文庫
神去村の林業の現場に放りこまれて一年が経った主人公・平野勇気20歳。最初はいやでたまらなかった田舎暮らしにも慣れ、いつのまにか林業も好きになっていた。村の起源にまつわる言い伝えや、村人たちの生活、かつて起こった事件、好きな人とのドライブ。
「WOOD JOB!(ウッジョブ)」というタイトルで映画にもなった「神去なあなあ日常」の続編。慣れない林業の仕事で、四苦八苦していた勇気も成長し、今では一人前に近い働きができるようになってきたようです。好きだった直紀さんとはどうなったのかと、気になっていました。携帯電話の電波も届かないような田舎だけど、すばらしい自然があり、村独特の慣習や暮らしがあります。なによりも勇気が、村や仕事やお世話になっている人々を好きなのが伝わってきて、良かったです。

コーヒーが冷めないうちに2017/04/30

コーヒーが冷めないうちに
「コーヒーが冷めないうちに」 川口 俊和・著 サンマーク出版
とある喫茶店に行くと、過去に戻れるという噂があった。しかし、そこにはたくさんの面倒なルールがある。過去へ戻っても現実は変わらない。過去に戻れる時間は、コーヒーを注いでから、そのコーヒーが冷めてしまうまでの間だけ。他にもいろいろと難しいルールがある…。
4つの話になっていて、それぞれ「恋人」「夫婦」「姉妹」「親子」にまつわる話でした。
望んだ時間へ行った人は、ほんの短い時間だけでしたが、何かをつかんで帰ってきたようです。そんな喫茶店に行ってみたいです。コーヒーが飲みたくなってきました。

名もなき毒2017/04/27

名もなき毒
「名もなき毒」 宮部 みゆき・著 文春文庫
主人公・杉村三郎の働く、今多コンツェルン広報室では、アルバイトの原田いずみが、トラブルばかり起こしていた。 解雇された彼女の連絡窓口となった杉村は、振り回されることになる。その頃、街では、連続毒殺事件が注目を集めていた。原田いずみの身上調査をする段階で、探偵のもとを訪れた杉村は、毒殺事件の被害者の孫を知りあうことになる…。
シリーズ2弾なので、人間関係や人物がわかっているので、スラスラと読めました。安定の面白さでした。事件が1つではなく、絶妙に絡んでくる話でした。登場人物が増えていくのもまた魅力的でした。

錦の松・なでしこ日和2017/04/18


錦の松

「錦の松 着物始末暦六」 中島 要・著 ハルキ文庫


「なでしこ日和 着物始末暦七」 中島 要・著 ハルキ文庫

一膳めし屋のお糸は、大店の若旦那との結婚話が持ち上がるも、長年の想い人である着物の始末を生業とする職人・余一を忘れることができない。
余一も、お糸のことを想うゆえに、自分の気持ちを隠して結婚を勧めていた。お糸と夫婦になれない理由を告白し、あきらめてもらおうとする…。
「なでしこ日和」の方は、やっと想いが通じた若い2人だが、今度はお糸の父があいつの一緒になるなら、親子の縁を切ると言う…。

このシリーズの中心は余一なんだろうけど、語り手は、余一以外の誰かなので、余一の本当の気持ちはなかなかわかりません。着物に関しては、鋭いのに、余一のことを慕っている人の気持ちには気が付かない、鈍感なところがあります。しかし、いつも筋は通っていて、男らしいのです。続きが楽しみです。

誰か Somebody2017/04/12

誰か
「誰か Somebody」 宮部 みゆき・著 文春文庫
今多コンツェルンの会長の運転手だった梶田信夫が事故死した。梶田の娘たちが、亡き父についての本を書きたいということで、会長の娘婿で広報室に勤務する杉村三郎が相談にのることになった。梶田の人生を調べ始めると、意外な事実が浮かび上がる…。
「名もなき毒」というタイトルでテレビドラマにもなっていましたが、見ていなかったので、知らない内容だったから、どうなるのかと、グイグイと読めました。この本が杉村三郎シリーズの第1弾なのですね。
次の話も読んでいきたいと思いました。妻と子を大切する、控えめで真面目な主人公でした。気配りができ、洞察力も優れています。殺人事件の犯人を推理していくというよりは、人間ドラマ的な話でした。

大きな枝が折れる時2017/04/03

大きな枝が折れる時
「大きな枝が折れる時」 ジョナサン・ケラーマン・著 扶桑社文庫
ロスアンジェルス郊外のアパートで、精神科医と女が惨殺された。不審な人物を目撃したはずの少女は怯えて証言しようとしない。
33歳にして小児専門の精神医をリタイアしているアレックス・デラウェアのもとに、親友の刑事マイロから少女から話を聞きだしてほしいという依頼がくる。アレックスとマイロが探ると、殺された男に関連して、周囲の人々の驚くべき真相が浮かび上がってくる…。
著者ジョナサン・ケラーマンのデビュー作にして、シリーズ物の1作目となる本です。登場人物が多くて、かなり複雑なのですが、次々と真相が暴かれていき、退屈するヒマもなく、話が進んでいきます。犯人グループが多すぎて、どれがどれだかよくわからなくなってしまったけど、アレックスとマイロに魅力があって、面白かったです。

藏 上・下2017/03/28

蔵
「藏 上」「藏 下」 宮尾 登美子・著 角川文庫
新潟の旧家、蔵元の田乃内家に生まれた娘、烈。家族の希望をうけて成長していくが、小学校入学を前に、失明にいたる目の病を患っていることを知る。病弱な母のかわりに、叔母の佐穂に愛情をそそがれて成長する。田乃内家をおそう数々の悲劇をくぐり抜け、気丈に家族を奮い立たせて、蔵元を継ぐことを決意する…。
とても面白かったです。列が生まれる前から話は始まり、父・意造や叔母・佐穂を中心に話が進んでいきます。現在は女の杜氏もいるけど、酒蔵には女性禁制があたりまえだった時代、目の病を抱えながらも、強く生きた女性の話でした。父の気持ちもわかりますが、どうにも空回りしているように思います。そんな父を説き伏せていくほどに成長していく烈が、初めはわがまま娘と思ってたけど、だんだん頼もしく思えてきました。
酒蔵の仕事風景も良かったです。そして、なんといっても、全編を貫く新潟弁が心地よく響きました。わかりにくく感じる方もいるかもしれないです。今ではこういう話し方はしないのではないかと思えます。酒をつくっている戦前の田舎の旧家の生活ぶりが興味深かったです。

秘密の花園2017/03/18

秘密の花園
「秘密の花園」 三浦 しをん・著 新潮文庫
カトリック系の女子高へ通う3人の少女、那由多、淑子、翠。それぞれに悩みや秘密を抱えている…。
女子高の経験がないせいか、学生時代を思い出すというよりは遠い存在でした。那由多と翠は、他の生徒とは一線を画していて、干渉しすぎずに良い距離感がありました。ソウルメイトという感じがしました。淑子は裕福な家の娘で、教師とつきあっています。
女同士のいざこざやイジメというのはなくて、3人がそれぞれ語り手となって、3つのつながりのある話になっていました。

姫椿2017/03/05

姫椿
「姫椿」 浅田 次郎・著 徳間文庫
8篇からなる短編集。1つ目の「シエ」という話が印象的でした。飼い猫が死んでしまったOL。偶然入ったペットショップで、シエという不思議な動物を見せられる。顔は麒麟、角は鹿、尾は虎、鱗に被われている。預かったものだが、取りにこないので、保健所に持って行くと聞き、連れて帰ることにした。辞典によると、善人と悪人の判別ができる中国の伝説上の生き物であるらしい。心優しい人の苦労はむくわれると思える話でした。
表題の「姫椿」は借金返済に行きづまり、自殺によって支払われる保険金で妻子を守ろうと決意した会社社長が、死に場所を探し求めるうちにすっかり忘れていた光景が飛び込んできた。20年以上前、今の妻のアパートに転がり込んでいた場所に行き、2人で行った銭湯「椿湯」がまだやっていて、暖簾をくぐると。番台の老人に話しかけられる。人間の再生と家族の絆描いた話でした。
大人のファンタジーでした。あんまりハッピーではない話もあったけど、短い話なのに、どれも深みがありました。タイトルの姫椿って、どういう花か調べてみたら、小さい頃住んでいた団地の庭によく咲いていた花でした。椿ということはわかっていたけど、姫椿だったのかと初めて知りました。