君はひとりじゃない2017/06/21

君はひとりじゃない
「君はひとりじゃない」 東宝東和試写室(試写会)
検察官の父と摂食障害の娘・オルガは、母が亡くなって以来2人暮らし。父と娘には大きな溝ができている。心を病んで、日に日にやせていく娘の状態を見かねた父は病院へ連れて行く。そこでセラピスト・アナによる療法を受ける…。
ポーランド映画で、2015年・第65回ベルリン映画祭で銀熊賞(監督賞)を受賞しています。
セラピーを受けて、格段に改善されたという話でもなくて、前半は父娘の抱える問題が少しづつ明らかになっていきます。かなり重苦しい感じもしました。おそらく家族の中心であった母親が亡くなって、それぞれに傷ついていて、うまく歩み寄って行くことができなくなっているのだと思います。父親は仕事で、悲惨な事件を日々目にしています。死に何も感じなくなっているように見える無神経な父を、娘は許せない気持ちなんです。セラピーの様子が独特で、ガリガリに痩せている摂食障害の患者たちの、心の中に抱えている問題や叫びを表層化させようとします。優秀なセラピストと感じますが、それだけじゃなく、彼女は霊媒師でもあるのです。霊能者というのかな。亡くなった人からのメッセージを受け取ることができるのです。にわかには信じられないですが、アナに出会ったことによって、父と娘の関係に変化が訪れるのです。それは予想とは違う方法でしたけど。
カメラアングルが面白かったです。食べ物は必ず真上から撮影されているシーンがあります。他にも商品や人物を真上から撮った撮っていることが多かったです。

★★★★☆ 4-

セールスマン2017/06/14

セールスマン
「セールスマン」 Bunkamuraル・シネマ
劇団に所属し、作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演している役者夫婦(シャハブ・ホセイニとタラネ・アリシュスティ)。ある日、引っ越したばかりの自宅で夫が不在中に、妻が何者かに襲われる。警察へ通報するのを妻が嫌がるので、夫は独自に犯人を探し始める…。
仲の良かった夫婦の感情がすれ違い、思わぬ方向へ話が転がっていく内容でした。監督は「別離」「ある過去の行方」のイランのアスガー・ファルハディ。本作は「別離」に続き、2度目のアカデミー外国語映画賞を受賞。第69回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で男優賞と脚本賞を受賞しています。
「彼女が消えた浜辺」「別離」「ある過去の行方」と見てきましたが、どの話もハッピーな気分にはならないけど、感情表現にひきつけられる映画です。「ある過去の行方」はパリが舞台だったけど、他の3つはイランの生活や考え方がわかって興味深いのです。今回の映画では引越しをしなければならない理由が、住んでいた建物が崩壊しそうになったため。ゆらゆらと揺れてアパートの住民がみんな避難して、揺れが治まった後は、ガラスにヒビが入っていたり、壁が落ちていたり、日本ではちょっと信じられない感じ。普通の家でそんなことが急に起こって引っ越さなくてならないとは。
そしてどの作品にも共通するのは、目鼻立ちがハッキリした美しい女性が出てくること。メイクもくっきりしています。イラン風のメイクなんだろうか、お友達もきれいにメイクしています。妻役のタラネ・アリシュスティは「彼女が消えた浜辺」にも出ていました。と思ったら、ダンナ様役のシャハブ・ホセイニも出ていたようです。
みんなの言い分がわかるし、それほど悪い人がいるわけでもないのに、ふとしたきっかけで、日常が変わってきてしまうことを思い知らされました。もしも、あの時、こうしていればと後で悔やんでもどうにもならないのです。

★★★★☆ 4+

LOGAN ローガン2017/06/10

LOGAN ローガン
「LOGAN ローガン」 TOHOシネマズ日本橋
ミュータントの大半が死滅した2029年。長年の激闘で疲弊し、生きる目的も失ったウルヴァリンことローガン(ヒュー・ジャックマン)は、アメリカとメキシコの国境付近でリムジン運転手として働き、老衰したプロフェッサーX(パトリック・スチュワート)を匿いながら、ひっそりと暮らしていた。そんなある日、ローガンの前にガブリエラと名乗る女性が現れ、ローラ(ダフネ・キーン)という少女をノースダコタまで連れて行ってほしいと頼む。組織に追われているローラを図らずも保護することになったローガンは、チャールズを伴い3人で逃避行を繰り広げる…。
X-MENシリーズで、若々しく敵をなぎ倒してきたヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリンは、今や治癒能力が衰えてしまって、老眼鏡をかけている。動きのキレが違うのは、冒頭よりあきらか。必死に戦う姿は見ていて痛々しかった。そこへ新ヒロインが現れる。かれんな少女ながら戦闘能力が高く、多数を相手に残虐に殺しまくる。愛情をそそがれて育っていないせいか、気持ちのコントロールができていないようにみえる。幼いローラはかわいいというよりは、シュッとしたモデルような美人で、一緒に逃避行するうちに、学んで血が通っていくようだ。ウルヴァリン最後の作品としては、シブい内容ながら、良かったと思う。

★★★★☆ 4

おじいちゃんはデブゴン2017/06/06

おじいちゃんはデブゴン
「おじいちゃんはデブゴン」 新宿武蔵野館
かつて人民解放軍の中央警衛局で要人警護にあたっていたディン(サモ・ハン)は、退役後、北京からロシア国境に近い中国最北東部にある故郷の村、綏鎮市に移り住み、独り暮らしをしていた。近頃は物忘れがひどく、認知症の初期と診断されている。
ディンが唯一心を許すのは隣家に住む少女チュンファ(ジャクリーン・チェン)だけだった。彼女の父レイ(アンディ・ラウ)はギャンブルにおぼれていた。レイの借金がもとで、マフィアと揉めて、チュンファが誘拐されそうになるが、ディンが老人とは思えぬカンフーで阻止する。記憶は薄らいでも拳法の腕前は落ちていなかったディンは、マフィアたちを掃討するため立ち上がる…。
アクション以外は、太っていて動きもにぶいサモ・ハン演じる主人公ディンなので、話もゆっくりとしたペースで進んでいくように思いました。特に少女とのふれあいや思い出回想が多くて、まどろっこしいです。感動させようとしているのはわかるのだけど。家主の女性がディンにほれているのも説得力がないし、伏線かと思わせていたことが、なんでもなかったりしました。もっと認知症をうまく利用したボケをかましてほしかったです。それでも見せ場でもあるアクションは良かったです。
サモ・ハンの広い交友関係で、いろいろな人がゲスト出演。わからない人は、なんでこの人が急に出てきたのかと思ってしまうのではないかな。ツイ・ハーク、ユン・ピョウ、エディ・ポンなど、出ていました。

★★★☆☆ 3-

Viva!公務員2017/06/04

Viva!公務員
「Viva!公務員」 ヒューマントラストシネマ有楽町
イタリア映画。子どもの頃からの夢をかなえ公務員になったケッコ(ケッコ・ザローネ)。しかし、政府の方針で公務員削減が決定。終身雇用で安定した職業だったのに、ケッコはリストラ対象となる。それでも公務員の職にしがみつこうとするケッコをどうにか退職に追い込みたいリストラ担当者は、ケッコに僻地への異動を命じ続け、ついには北極圏へと左遷する。
主人公を演じるケッコはイタリアで人気の喜劇俳優なんだそうです。性格は傲慢だし、かっこいいとはいえないし、見ている方としては魅力がない主人公ですけど、面白かったです。リストラに追い込む為に、異動させられ、初めは嫌がっていたのに、どこにでも順応していってしまうのです。イタリア人特有の考え方や、行った先のお国柄がわかって、良かったです。しかし、イタリアの公務員は、楽そうです。なんとか辞めないでいれば、給料は良いようです。恋をしたり、別れたり、その結末は?果たして公務員は続けられるのか、元に戻れるのか、冒頭に出てくるのですが、なんでアフリカにいるのか?僻地へ飛ばされては、馴染むの繰り返しなんだけど、最後はすがすがしい気分になりました。

★★★★☆ 4

世界にひとつの金メダル2017/06/02

世界にひとつの金メダル
「世界にひとつの金メダル」 ユーロライズ(試写会)
幼い頃から父(ダニエル・オートゥイユ)の指導で障害飛越競技に打ち込んできたピエール・デュラン(ギョーム・カネ)。弁護士となったピエールだったが、馬術への情熱をあきらめきれず、弁護士のキャリアを捨てて再び競技選手として復帰を決意する。小柄で気性が荒いが、高い跳躍力と才能を秘めているジャップルーをパートナーにして、オリンピックを目指す…。
実話を基にしています。障害飛越競技(しょうがいひえつきょうぎ)というのは、障害物が設置されているコースを乗馬して飛び越しながら、技術とタイムを競うみたいなんです。ヨーロッパでは人気があるようですが、日本では皆が知っているというほどじゃないと思います。その為、どっちが優れているのかとかは、見ていてもわかりづらかったです。喜んでいるから勝ったんだろうなぁという感じ。自身も馬術経験があるギョーム・カネが吹き替えなしで演じています。2回のオリンピックシーンもあるし、テクニックはすごいですよね。ギョーム・カネの両親は馬のブリーダーだったみたいです。監督は「ココ・シャネル」のクリスチャン・デュゲイ。チラシを読んでいたら、監督も馬術競技の元カナダ代表だったと書いてありました。
馬の跳躍力は躍動感があって迫力がありました。スローモーションが多様され過ぎている気もしました。

★★★☆☆ 3

メッセージ2017/05/23

メッセージ
「メッセージ」 TOHOシネマズ日本橋
ある日、突如として地球上に降り立った巨大な球体型宇宙船。言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、物理学者のイアン(ジェレミー・レナー)と共に、謎の知的生命体との意思疎通をはかる役目を担うこととなる。“彼ら”の目的は何か…。
ネタバレをしないで、書くのが難しいので、簡単になります。宇宙人の姿とかは、予告では出ていなかったような。見に行かないとわからないでしょう。似ている動物もいるけど、そこはヒミツで。
全体的に暗いトーンの映画でした。天気も曇っているシーンが多かったです。「プリズナーズ」「ボーダーライン」などのドゥニ・ヴィルヌーヴ監督らしく、ちょっとシビアでしたね。この監督好きだし、どうなるのかと興味深く見ましたけど、人にはすすめにくいです。好みが分かれそうです。

★★★☆☆ 3+

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ2017/05/22

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」 ヒューマントラストシネマ有楽町
とあるきっかけで超人的パワーを身につけてしまった主人公エンツォ(クラウディオ・サンタマリア)。仕事をまわしてもらっていたオヤジが闇取引中に殺され、その娘のアレッシア(イレニア・パストレッリ)の面倒を見る羽目になる。アレッシアは日本のアニメでイタリアでも放送されていた「鋼鉄ジーグ」の熱狂的なファンで、エンツォの超人的な力を見て、鋼鉄ジーグの主人公と思い込む。いい感じになった2人だったけど、アレッシアの父親が絡んでいた仕事と超人パワーの存在を知った闇組織のリーダー・ジンガロ(ルカ・マリネッリ)に狙われる。パワーを盗みに使ったりするゴロツキのエンツォだったが、アレッシアにも言われて、正義に目覚めていく。
「鋼鉄ジーグ」は永井豪原作で、日本では1975年にアニメ放送されていたそうですが、私はよく知りません。でも、知らなくても内容的には問題ありません。日本のアニメをおそらく好きだったから、この映画を作ってくれたのだと思うとうれしいです。
監督は本作が長編デビューとなるガブリエーレ・マイネッティという人なんです。今までにない斬新さがあります。そもそもアメコミヒーローのような、かっこいいヒーローでもないです。けっこうな普通のおじさんって感じかな。ヒロインはきれいだけど、こいつ大丈夫かって感じのアブナい女性で、現実と妄想の間で生きています。
残虐で、グロいところもありますが、とっても面白かったです。ラストの感じも私は好きだなぁ。

★★★★☆ 4+

家族はつらいよ22017/05/20

家族はつらいよ2
「家族はつらいよ2」 よみうりホール(試写会)
周造(橋爪功)の運転する車に凹み傷が目立ち始めたこの頃、高齢者の危険運転を心配した家族は、運転免許を返上させようと画策。しかし、頑固オヤジの周造を説得するイヤな役回りを互いになすりつけ合う家族たちの心を見透かした周造は大激怒。そんなある日、周造の妻・富子(吉行和子)が旅行に出かけ、つかの間の独身貴族を楽しむ周造は、お気に入りの居酒屋の女将かよ(風吹ジュン)を乗せて車を走らせる。その途中、高校時代の同級生・丸田(小林念侍)と再会…。
「家族はつらいよ」の続編です。私は「家族はつらいよ」は見ていません。「東京家族」は見たのですが、そちらと家族構成は同じでも、違う話なんですよね。山田洋次監督なので「男はつらいよ」のようにおなじみのメンバーで、毎回騒動が起こるというパターンなのでしょうね。たわいのないことも多いけど、笑いどころがいっぱいありました。よく考えると笑ってもいられない話なんだけど、もめたり文句を言い合ったり、なんだかんだ言っても恵まれていると思わせました。こういう家族は少なくなっているような気もします。舞台は現代ですが、昭和感が漂いっていました。

★★★★☆ 4

マンチェスター・バイ・ザ・シー2017/05/16

マンチェスター・バイ・ザ・シー
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」 シネスイッチ銀座
アメリカ、ボストン郊外で便利屋をしているリー(ケイシー・アフレック)は、兄ジョー(カイル・チャンドラー)の訃報を受けて故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーに戻る。遺言でジョーの16歳の息子パトリック(ルーカス・ヘッジズ)の後見人を任されるが、故郷の町に留まることはリーにとって忘れられない過去の悲劇と向き合うことでもあった。
現在と過去の回想シーンがまざって、少しずつ何故リーが孤独の淵に立っているかが、わかってきます。かつては甥っ子のパトリックのように、活発だった時期があったのでしょう。深い悲しみや自責の念が、彼を苦しめているのがわかります。リーとパトリックは反発するところはあっても、同じく大切な人を失ったばかり。少しづつ寄り添っていきます。それは、ハッキリした行動や言葉では語られないですが、静かに伝わってくるのです。海、ボート、港、カモメ、雪の街並、風景がとても美しかったです。ただ泣かせるだけじゃなく、心に沁みる映画です。ミシェル・ウィリアムズも良かったです。ケイシー・アフレックのアカデミー賞主演男優賞も納得です。

★★★★☆ 4+