フェリシーと夢のトウシューズ2017/08/18

フェリシーと夢のトウシューズ
「フェリシーと夢のトウシューズ」 丸の内TOEI 日本語吹替
孤児で施設に暮らすフェリシー(声:土屋太鳳)は、踊る事が大好き。バレリーナになってパリのオペラ座の舞台に立つことを夢みていた。親友のヴィクターと共に施設から脱走し、パリに到着するが、ヴィクターとはずれてしまう。オペラ座の掃除婦のオデット(声:黒木瞳)と出会い、頼みこんで仕事を手伝いながら、寝泊りさせてもらう。バレエ学校にも偽って入学し、バレエ経験もないなか、夢を叶えようと奮闘する。
丸の内TOEIでは、吹替しかなかったのですが、声優をつとめた人たちは、上手でした。先生役の声は熊川哲也さん、ライバルの母親役は夏木マリさんと豪華です。
しかし、オリジナルは主役がエル・ファニングで、ヴィクターがデイン・デハーンだそうで、そちらも良さそうです。
主人公フェリシーは、ダンスは得意ながら、バレエは習ったことはなく、他の生徒と比べるとメチャクチャなんだけど、元バレリーナのオデットに指導を受け、練習を重ねて上達していきます。大胆な方法でバレエ学校へこっそり入学しています。フェリシーは元気いっぱいで、情熱が彼女を動かしていて、周囲の人を巻き込んでいきます。とても面白かったです。
パリの街並やオペラ座が美しいです。時代背景も興味深くて、エッフェル塔の建設途中なんです。ギュスターヴ・エッフェル氏の設計、建築のエッフェル塔ですが、自由の女神の設計にも関わっていたことを知りました。
この映画の良いところは、フェリシーを敵視していた人でも、実は良い人だったと思えるところです。全員が良い人とまではいかないけど、応援してくれたり、理解してくれたりします。
絵からすると小さい女の子向けかと思われるかもしれないけど、大きい(身長じゃないです)女の子にも良いですよ。男の子は、どうかな。

★★★★☆ 4

少女ファニーと運命の旅2017/08/17

少女ファニーと運命の旅
「少女ファニーと運命の旅」 TOHOシネマズシャンテ
1943年、ナチスドイツの脅威がヨーロッパへ広がり、フランスも支配下に置かれた。13歳のユダヤ人の少女ファニー(レオニー・スーショー)は、3人姉妹の長女。幼い2人の妹とともに施設に匿われていたが、密告者によって存在が暴かれてしまい、別の施設に移動することになる。しかし、厳しい取り締まりのため、引率する大人と分かれてしまい、9人の子どもたちはファニーをリーダー役に、子どもたちだけで、スイス国境を目指す。
実話をもとにした映画です。
13歳で、幼い妹や他の子どもを連れて、選択、決断をしながら、命がけの旅。時には他の子と意見がくいちがったり、ドイツ兵に捕まってしまうこともあり、ハラハラの連続でした。ユダヤ人の子どもを守って、支援する組織があったというのは、知りませんでした。自分がユダヤ人でなくても、助けたことがわかると捕まってしまうし、大人たちが、どうなったのかは、わかりません。ファニーの両親もどうなったのかはわからないです。同情してくれる人もいるけど、関わり合いにならないようにしたいのが心情です。もし戦争が始まって、自分の民族が迫害されたとしたら、または他の人たちが迫害されていて、小さい子どもが助けを求めてきたら、助けられるか?そう思うと、二度と戦争を繰り返さないでと願います。
この映画は、悲惨なことばかりではなく、子どもたちの、いきいきとした姿や、美しい風景がいっぱいあって、良かったです。おすすめです。

★★★★☆ 4+

ブレンダンとケルズの秘密2017/08/14

ブレンダンとケルズの秘密
「ブレンダンとケルズの秘密」 ユジク阿佐ヶ谷 字幕
9世紀のアイルランド。バイキングの襲来に備えて塀に囲まれたケルズ修道院に、高名な僧侶エイダンが「ケルズの書」を携えて逃げ込んで来る。エイダンは修道院の少年僧ブレンダンに、書を完成させるために必要なインクの材料となる、植物の実をとってきてほしいと依頼する。行ってはいけないと言われた塀の外にある森の中で、妖精の少女アシュリンと出会い、協力してもらう。危険を冒して実を持ちかえったブレンダンに、エイダンは本の続きを書くよう頼む。
アカデミー長編アニメーション賞にノミネートされた「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」のトム・ムーア監督が2009年に手がけたデビュー作が、「ブレンダンとケルズの秘密」。後になって公開されました。
「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」がとても良かったので、前作はどんななのか見に行きました。絵は似ているし、ケルト音楽が、美しく彩っているところは同じです。でも、「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」は、子どもでも楽しめるのに対して、今作は大人向けな感じがしました。小さい子どもには、ちょっと怖いし、聖なる本・ケルズの書をめぐる話が、理解しづらいかもしれません。妖精のアシュリンは可愛らしかったです。パンガ・ボンという猫も活躍します。他のアニメーションとは全く違った、独自の絵は、とても芸術的です。

★★★★☆ 4

公式サイト
  ↓
http://secretofkells.com/

スパイダーマン ホームカミング2017/08/13

スパイダーマン ホームカミング
「スパイダーマン ホームカミング」 TOHOシネマズ市川コルトンプラザ 字幕2D
ベルリンでのアベンジャーズ同士の戦いに参加し、キャプテン・アメリカのシールドを奪ったことに興奮するスパイダーマンこと15歳の高校生ピーター・パーカー(トム・ホランド)は、ニューヨークに戻ったあとも、トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr.)からもらった特製スーツを駆使し、部活のノリで街を救う活動にいそしんでいた。そんなニューヨークの街に、トニー・スタークに恨みを抱く謎の敵バルチャー(マイケル・キートン)が出現。ヒーローとして認めてもらい、アベンジャーズの仲間入りをしたいピーターは、トニーの忠告を無視してひとりで戦いに挑むのだが…。
正義のヒーローと、スクールライフのバランス良かったです。高校生らしく、自分はもっとできるのに、なかなか認めてもらえない不満や、やる気と現実の間で空回りしているところもあって、若者らしく描かれていました。トム・ホランドは、派手さはないけど、応援したくなるキャラクターでした。スパイダーマンのスーツがトニー・スタークの贈りもので、ハイテクになっています。アベンジャーズとうまく関連づけて、今後にもつながっていくのだろうなと思います。
ピーターのおばさん役がマリサ・トメイで、悪役はマイケル・キートン。マイケル・キートンが良かったです。他の人が演じていたら、もっと退屈になったかもしれません。

★★★★☆ 4

ロスト・イン・パリ2017/08/12

ロスト・イン・パリ
「ロスト・イン・パリ」 ユーロスペース
カナダの小さな村で暮らしているフィオナ(フィオナ・ゴードン)のもとに、パリに住むおばのマーサ(マニュエル・リヴァ)から手紙が届き、老人ホームへ無理やり入れられそうだからと、フィオナに助けを求めてきた。マーサのために、フィオナはパリへと旅に出る。しかし、アパートにマーサの姿はなく、その後、セーヌ川に落ちたフィオナは全財産をなくしてしまう。さらに謎の男ドム(ドミニク・アベル)につきまとわれることに…。
「ルンバ!」で知られるベルギーの道化師夫婦ドミニク・アベルとフィオナ・ゴードンの製作・監督・脚本・主演による、夏のパリを舞台にしたコメディです。
色彩豊かで、滑稽でマンガっぽいです。ミュージカルではないけど、踊りもあります。独特なテンポで、話は意外な方向へ、でもちょっとブラックなところがあります。おしゃれな映画だけど、そのノリについていける人といけない人がいるかもしれないです。パリが好きな人には風景も楽しめます。エッフェル塔の上のシーンは、ハラハラします。
マーサ役は「愛、アムール」のエマニュエル・リヴァで、2017年1月に89歳で亡くなったそうです。「愛、アムール」の時とは、かなり印象が違っていて、コメディエンヌぶりを発揮していました。

★★★★☆ 4-

公式サイト
  ↓
http://www.senlis.co.jp/lost-in-paris/

ジョン・ウィック チャプター22017/08/11

ジョン・ウィック チャプター2
「ジョン・ウィック チャプター2」 TOHOシネマズシャンテ
シリーズ2作目。前作でニューヨークを舞台にロシアン・マフィアを相手に繰り広げた復讐劇のその後。平穏な生活を送りたいジョン(キアヌ・リーブス)は、イタリアン・マフィアのサンティーノからの殺しの依頼を断るが、それにより自宅を爆破されてしまう。ジョンはサンティーノへの復讐を開始するが、サンティーノに7億円もの懸賞金をかけられ、世界中の殺し屋から命を狙われる…。
1作目を見てないのに見にいきました。全編がほとんど戦っているような映画。
ガンアクションと、素手による格闘技。銃撃戦がずっと続くと、シューティングゲームのような気もしてくる。話はまだ続いていきそうな感じ。

★★★☆☆ 3

夜明けの祈り2017/08/09

夜明けの祈り
「夜明けの祈り」 ヒューマントラストシネマ有楽町
1945年ポーランド。赤十字で医療活動に従事するフランス人女性医師マチルド(ルー・ドゥ・ラージュ)のもとに、ひとりの修道女が助けを求めに来る。彼女に連れられて修道院を訪れたマチルドは、ソ連兵の暴行によって妊娠した7人の修道女たちが、すでに臨月が近く困り果てていた。マチルドは修道女たちを救うため仕事の間を縫って修道院に通うようになり、孤立した修道女たちの唯一の希望となっていく。
第2次世界大戦末期の悲劇的な事件によって傷ついた修道女たちを救うべく尽力した、実在の医師をモデルにしています。
映像は美しいけど、内容は重いです。報酬もなく、仕事も大変なのに、困っている修道女たちを助けていく女性医師の話でした。
宗教観がまた難しい。彼女たちに起きたことが、神の思し召しで、自分に与えた苦難なのかと思い悩んだりするのです。信仰と現実の間で苦しみ、妊娠して子どもを産むことが知れて、修道院が閉鎖されることを恐れているのです。秘密を守ってくれる医師が必要だったのです。
同僚医師役にヴァンサン・マケーニュが出ていて、フランス映画好きな人だと知っている方もいると思うけど、なさけない感じの役が多いのに、ヘアスタイルで雰囲気が違っていました。
主役のルー・ドゥ・ラージュはとっても美しかったですし、修道女たちも皆、美人ばかり。でも、僧衣を着ているので、主要なマリアと院長以外はあまり区別がつかなかったです。

★★★★☆ 4

君の膵臓をたべたい2017/08/08

君の膵臓をたべたい
「君の膵臓をたべたい」 TOHOシネマズ日本橋
高校時代の僕(北村匠海)は、人と関わるのが嫌いな、目立たない生徒。クラスの人気者・桜良(浜辺美波)は、膵臓の病を抱えていた。僕が桜良の闘病日記を見つけ彼女の秘密を知ってしまったことで、彼女に強引にふりまわされるようになる…。
大人になった主人公を小栗旬が演じていて、過去を回想する形で語られる。高校時代役の2人は、なかなか魅力的。女の子は笑顔がかわいいし、男の子の方も、かっこよかったです。
病気と青春、想像できる話かもしれないけど、意外な展開もありました。全体的には高校生の恋物語が、ちょっとこそばゆいです。はじめは、ひっぱりまわされて迷惑なんだけど、一緒にいることが楽しくなってきます。彼女の本意はわからないし、病気のことが心配です。お互いに気持ちが動いていくところが、伝わってきます。

★★★☆☆ 3+

トランスフォーマー 最後の騎士王2017/08/07

トランスフォーマー 最後の騎士王
「トランスフォーマー 最後の騎士王」 TOHOシネマズ新宿
地球上に存在するあらゆるマシンに変形する金属生命体トランスフォーマーが、太古の時代から地球の歴史に干渉してきた。トランスフォーマーの起源であり「創造主」と呼ばれる謎の異星人たちが、惑星サイバトロンの再生と地球侵略を計画。それを阻止すべくオプティマス・プライムはひとり旅立つ。オプティマスのいなくなった地球では、バンブルビーがオートボットの新たなリーダーとなり、復活を果たしたメガトロンに対抗していた。そこへオプティマスが帰還するのだが、正義の戦士だったはずのオプティマスは、人類を滅ぼそうとする破壊者へと変貌していた。
シリーズ5作目。4作目から出演のマーク・ウォールバーグが主人公。アンソニー・ホプキンスが新たに登場し、人類とトランスフォーマーの秘密の歴史を知る英国紳士バートン卿役。地球滅亡を阻止するための、道を示します。その秘書というか執事のトランスフォーマーのキャラクターが面白くてよかったです。他にも2頭身ぽい新しいトランスフォーも出てきます。なんか見た目は「スター・ウォーズ」のC-3POやR2-D2っぽい。
壮大で精密なアニメーションを見ているような気分。どっちが敵でどっちが味方なのか、話の内容もよくわからないところがありました。こういう映画は大きいスクリーンで見ないと、迫力が感じられないだろうなぁ。

★★★☆☆ 3

ブランカとギター弾き2017/08/04

ブランカとギター弾き
「ブランカとギター弾き」 シネスイッチ銀座
フィリピンのスラムに暮らすブランカ(サイデル・ガブテロ)は、ストリートチルドレン。盲目のギター弾きのピーター(ピーター・ミラリ)と知り合い、歌でお金を稼ぐことを教わる。ブランカは、お金を貯めて、母親を買えないかと思う。そんな少女に、危険が迫る…。
演技は素人っぽいけど、ブランカの表情やまなざしが、とても良かったです。ちょっと勝手なところもあるけど、母を求める気持ちはけなげでした。そんなブランカに、いろいろなことを諭すように教えるピーター。言葉は少ないけど、いつも良いことを言います。ちょっと達観していて、温かい人柄です。お店で歌って、稼げるようになるのだが、足をすくわれるようなことが起きます。スラムの現実をのぞかせながらも、ファンタジックなところがありました。街頭に立つ、オカマのお姉さんも、いい感じでした。
この映画はイタリア映画なんだけど、フィリピンが舞台で、監督は日本人です。写真家として活躍する長谷井宏紀の監督デビュー作なのだそうです。ベネチア国際映画祭でソッリーゾ・ディベルソ賞、マジックランタン賞(どんな賞なのか、名前からはよくわからないけど)。他にもいろいろな映画祭に出品されて、グランプリや監督賞をいただいているようです。

★★★★☆ 4

公式サイト
  ↓
http://transformer.co.jp/m/blanka/