レイニーデイ・イン・ニューヨーク2020/07/10


レイニーデイ・イン・ニューヨーク

「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」 ヒューマントラストシネマ有楽町
大学生のカップル、ギャツビー(ティモシー・シャラメ)とアシュレー(エル・ファニング)は、ニューヨークでロマンチックな週末を過ごそうとしていた。そのきっかけとなったのは、アシュレーが有名な映画監督ローランド・ポラード(リーヴ・シュレイバー)にマンハッタンでインタビューをするチャンスに恵まれたことだった。生粋のニューヨーカーのギャッツビーは、アリゾナ生まれのアシュレーにニューヨークの街を案内するためのさまざまなプランを考える。しかし、思いもよらないさまざまな出来事が巻き起こり、2人はお互い別々な1日を過ごす……。
まさにウッディ・アレン監督の真骨頂な映画でした。ウディ・アレン監督というとこういう映画を期待して、期待以上な映画でした。いつもの通り、音楽は抜群。洒落た会話、軽妙なテンポで意外な方向へ展開していきました。
ティモー・シャラメは、いつものように美しく、高等遊民(古い?)のような役に馴染んでいます。エル・ファニングもかわいらしかったです。他にはセレーナ・ゴメスや、ジュード・ロウ、ティエゴ・ルナが出演しています。
美術館へ行くシーンが良かったです。この絵はここにあるのかと、チラリと見える絵画に興奮しました。多分、メトロポリタン美術館でしょう。
ニューヨークを描くと右に出るものはいない監督の、選ぶ場所や、会話に出てくるところも素敵でした。いつも自分で監督し、脚本も書いているので、どの作品も唯一無二です。私生活ではいろいろ問題があるのかもしれないけど、映画ファンを熱く惹きつけています。

★★★★☆ 4+

コメント

_ マンション管理士K ― 2020/07/10 20:39

確かに、”MET”でしたね。

時々、読ませていただいています。

_ spice管理人 ― 2020/07/11 00:27

マンション管理士Kさん
コメントありがとうございます。メトロポリタン美術館、行ってみたいと思いました。サラリと美術館を背景に、会話を楽しむシーン、上手いなぁと思いました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック