ミュージカル「ビューティフル」2020/11/13



ミュージカル「ビューティフル」 帝国劇場
ニューヨークに住む16歳のキャロル・キング(平原綾香)は、教師になるように勧める母親のジニー・クライン(剣 幸)を振り切って、名プロデューサーのドニー・カーシュナー(武田真治)に曲を売り込み、作曲家への一歩を踏み出す。やがて同じカレッジに通うジェリー・ゴフィン(伊礼彼方)と出会い、恋に落ちた二人はパートナーを組み、キャロルが作曲、ジェリーが作詞を担当するようになる。ほどなくしてキャロルは妊娠、結婚した二人は必死で仕事と子育てに奮闘する。同じ頃二人は、ドニーがプロデュースする新進作曲家と作詞家のコンビ、バリー・マン(中川晃教)とシンシア・ワイル(ソニン)と良き友人となり、互いにしのぎを削り、ヒットチャートの首位を争うようになる。数々のヒットを放ち、全てが順調に進んでいるかのように思われたが、そこには新たな困難が待ち受けていた……。
シンガーソングライターのキャロル・キングを知らなかったのですが、半生をミュージカルにしたもので、歌がいっぱいでした。
平原綾香と水樹奈々のWキャストで、平原綾香さんの方を観ました。思ったよりも小柄な方なのですね。でも、声量がすごくて、声もきれいだし、歌声を聴きにいったようなもので、ストーリーもあるけど、コンサートのように楽しめました。
ソニン、きれいで可愛かったです。みんな外国人のようなメイクや話し方をするので、ちょっと外国人っぽく見えてきました。

ミュージカル サンセット大通り2020/03/22




「ミュージカル サンセット大通り」 東京国際フォーラム ホールC
売れない脚本家のジョー(松下優也)は、借金取りに追われ荒れ果てた豪邸に逃げ込んだ。ハリウッドのサンセット大通りのその邸宅は、かつて一世風靡した女優ノーマ(安蘭けい)の邸宅だった。そこで住み込み仕事を依頼されるも、私生活まで束縛されるようになる。しかし、志を同じくする脚本家志望のベティー(平野綾)に心惹かれていく……。
「オペラ座の怪人」のアンドリュー・ロイド=ウェバーのミュージカルで、日本でも何度か上演されているようです。Wキャストで、私は安蘭けいさんのを観ました。俳優さんが変わればまた違うのでしょうね。ジョー役の人は出ている時間が長いので、大変だと思います。オープニングのシーンで、事件が発生し、その真相が語られるために、過去を振り返っていくので、ラストになって、あぁ、そうだったと結末を思い出しました。
ミュージカルなので、セリフもあるけど、説明が歌の歌詞だったりして、初めはちょっとわかりにくかったけど、だんだん気にならなくなりました。歌はかなり多いです。
キャストによるアフタートークショーもあって、舞台の裏側や、関係性が垣間見れました。
新型コロナウィルスの影響で、半分近くの公演が中止になって、あるのかないのかギリギリまで心配してました。席もまだ空いている所もありました。入場時は、サーモグラフィーで体温チェックをして、手のアルコール消毒をしました。お客さんはみんなマスクしているようでした。

翔べないスペースマンと危険なシナリオ2019/06/13



「熱海五郎一座 
翔べないスペースマンと危険なシナリオ~ギャグマゲドンmission~ 」新橋演舞場
30日後に巨大隕石が地球(それも日本)に衝突するという事態を受けて、ロケットで隕石に着陸し、爆弾を仕掛ける方法で回避しようとするためのミッションがスタートする。
極秘プロジェクト遂行のために、宇宙飛行士、ロケットエンジニア、爆弾のプロなどが急遽召集された。しかし、個性派ぞろいのメンバー達は、危機的状況とはほど遠いおまぬけな訓練をするわ、足の引っ張り合いをするわ、トラブルの連続でミッションに暗雲が漂い始める。その上、彼らには秘密があった。
三宅裕司(出演・構成・演出)、渡辺正行、ラサール石井、小倉久寛、春風亭昇太、深沢邦之(東貴博とのWキャスト)がいつものメンバーで今回のゲストは、高島礼子と橋本マナミ。毎回女性ゲストが入ります。
ギャグを繰り出しながら、毎回アドリブを取り入れて、涙はなく笑いばかりの演劇です。今回はちょっと話が込み入っていました。アクションや歌とダンスが織りまぜてありますが、メンバーの動きはゆっくりめでした。その分、劇団SETの若いメンバーたちがサポートしていました。
高島礼子と橋本マナミはきれいでした。ゲストで伊東四朗が出てほしいです。
伊東四朗一座だった時の方が面白かったようにも思います。
新橋演舞場演舞場になって6年目。新橋演舞場だと行きやすいです。

夫婦漫才2019/02/11


夫婦漫才

「夫婦漫才」 明治座
中村梅雀さんと大地真央さん主演です。
母と行ってきました。すごい、面白かったです。
昭和初期から始まります。大阪の長屋で生まれた幼なじみ同士が結婚し、毎日の会話が漫才の掛け合いのように面白いと、夫婦漫才としてスカウトされる……。
テンポが良くて、飽きずに見れます。
戦争、オリンピック、万博、高度成長、漫才ブームなど、時代の流れが楽しめます。阪神優勝や、テレビや電話の普及など。そんな中でも、人生は山あり谷あり。支え合って強く生きる家族の歴史でした。
原作は俳優の豊川悦司さんなんですね。演出はラサール石井さん。
大地真央さん、ほっそりしていて、美しかったです。漫才の話もなめらかです。
舞台美術も工夫されていて、構成も巧みでした。


食事を予約して、幕間に食べました。

新春浅草歌舞伎20192019/01/14


新春浅草歌舞伎2019

「新春浅草歌舞伎」 浅草公会堂
次代の歌舞伎界を担う若手の公演です。

第二部を見ました。
寿曽我対面(ことぶきそがのたいめん)
番町皿屋敷(ばんちょうさらやしき)
乗合船惠方萬歳(のりあいぶねえほうまんざい)

歌舞伎の言葉つかいが独特な「寿曽我対面」、話し言葉がわかりやすいかった「番町皿屋敷」、華やかな踊り中心の「乗合船惠方萬歳」でした。
女形のしぐさが、美しかったです。

浅草も満喫しました。

月例 三三独演2018/08/24



柳家三三(さんざ)さんの独演会 イイノホール
このところ落語は行っていませんでしたが、たまには良いですね。
お客さんは常連さんが多そうです。今週忙しかったので、疲れてましたが、楽しめました。


ゲストの桂三四郎さんの噺も面白かったです。

劇団創立70周年記念公演 松竹新喜劇2018/07/22


松竹新喜劇

「劇団創立70周年記念公演 松竹新喜劇」 新橋演舞場
創立70周年だそうで、出演している人は年配な人が多いけど、創立当時はまだ生まれていないくらい長く続いているのですね。
昔のフィルムも流れました。劇団も紆余曲折がありながら、スターも出たり、テレビでも活躍したようです。高齢の小島慶四郎さんは急なギックリ腰で、出演していませんでした。味のあるうどん屋のおやじ役だったみたいなので、残念です。
関西が舞台で、懐かしい感じのストーリーが多いです。人情喜劇です。
「人生双六」はまさにそうでした。「峠の茶屋は大騒ぎ」は久本雅美さんが活躍する時代劇でした。
松竹新喜劇は3回目の観劇です。前回は「松竹新喜劇 新秋公演」でした。

船上のカナリアは陽気な不協和音2018/06/25


船上のカナリアは陽気な不協和音

「熱海五郎一座 東京喜劇船上のカナリアは陽気な不協和音」 新橋演舞場
かつて一世を風靡した演歌歌手の千夜子(小林幸子)は、バカンスの為にパトロンの政治家(渡辺正行)と豪華客船に乗船する。船内には船長(小倉久寛)、副船長(東貴博・深沢邦之Wキャスト)、常駐のバンドのバンマス(三宅裕司)、天才外科医(春風亭昇太)、会社経営者?(ラサール石井)らが、居合わせ、それぞれに理由アリな様子で、トラブルが待ち構えている……。
三宅裕司率いる「熱海五郎一座」新橋演舞場シリーズ第5弾。毎回女優さんのゲストが登場するのだけど、今回は小林幸子さん。かなり前、伊東四朗一座の時だったと思うけど、小林幸子さんがゲストの時がありました。
生バンドが入って、歌とダンスもあって、ミュージカル仕立てで、ベタなギャグをおりまぜつつ、話が進んでいきます。みんなに同じくらいの見せ場がちゃんと用意されていて、話もつながっていきます。今回は子役の女の子も出ていました。
昔の流行を取り入れたギャグを繰り出していくのが、笑えます。しかし、出演者の年齢も高くなりつつあって、若い人が見に来ている場合はその元ネタがわからないのではないかと思えます。渡辺正行のコーラの一気飲みの話題とか、壁際に寝返りを打て!なんて言ったりするのだけど、若いお客さんは何で笑っているのかわからないかも。それでも、笑いは世代を超えて通じるとは思いますが。
初めの時事ネタによる前説や最後のカーテンコール、いつものパターンですが、芸達者が揃っているので、最後まで楽しめます。春風亭昇太さんが、歌を歌っていました。小林幸子さんはもちろん派手な衣装で歌ってくれましたが、演歌ではなくジャズでした。
前回の「消えた目撃者と悩ましい遺産」も見ました。新橋演舞場になってからは毎年行っています。今回は初めて母親と一緒に行ってみました。面白かったと言っていました。

新春浅草歌舞伎20182018/01/15



新春浅草歌舞伎 浅草公会堂
母と一緒に行ってきました。前に行ったのは3年前になるのか。
この浅草歌舞伎は、初心者でもわかりやすいのです。母に聞いたら、歌舞伎を見たことないというので、どうかなと思ったのですが、楽しんでくれました。

第2部を見ました。
「操り三番叟」
双蝶々曲輪日記 引窓」
銘作左小刀 京人形」
楽しい踊りや、人情味あふれる話に感動したり、なんといっても美しくきらびやかで、面白かったです。

浅草寺にお参りもできて、浅草をブラブラできて、楽しかったです。

松竹新喜劇 新秋公演2017/09/11



「松竹新喜劇 新秋公演」 昼の部 新橋演舞場
松竹新喜劇、昨年の「藤山寛美二十七回忌追善 松竹新喜劇 爆笑七夕 公演」 を観て気に入ったので、今年の公演も行ってきました。

「新・親バカ子バカ」
製薬会社のワンマン社長と、30歳になっても戦隊ものが好きな子どものような一人息子が、織りなす人情喜劇。
「帰ってきた男」
時は江戸、博徒一家の万吉が流罪から赦免されて戻ってくると、一家は解散していた。昔の仲間の仕業と知った万吉は落とし前をつけるために、単身乗り込んでいくのだが、いく先々で、思いがけない出来事が。

どちらの作品もガハガハと笑って、ホロリとくるところもあって、面白かったです。