パラサイト 半地下の家族2020/02/13



「パラサイト 半地下の家族」 TOHOシネマズ錦糸町オリナス
キム(父・ソン・ガンホ)一家は家族全員が失業中で、貧しい生活を送っていた。そんなある日、長男ギウがIT企業のCEOであるパク氏の豪邸へ家庭教師として採用され、妹ギジョンも、兄に続いて豪邸に足を踏み入れる。正反対の2つの家族の出会いは、想像を超える悲喜劇へ……。
アカデミー賞作品賞や監督賞など、すごい勢いですが、面白かったです。
アカデミー賞発表前に見に行ったのですが、ブログが遅くなりました。
似たような家族構成なのに、この違い、パラサイトというタイトルから、だいたいの予想はついていましたが、お金持ち家族に取り入っていく展開は、想像以上に速いテンポでした。更に後半の展開は畳みかけるような意外さでスピードアップしていきました。
一見コメディっぽくもあるのですが、ホラーっぽくもあり、社会派映画でもあります。韓国ならではの事情もあって、日本とは違うところも多いです。
ラストのとらえ方も人によって様々なのではないかなぁ。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

_ ここなつ映画レビュー - 2020/03/12 12:32

カンヌが熱狂した、というのは全く誇張や間違いではないと思う。それはもう熱狂するでしょう、と。面白かった。見応えあり。とだけ書いてしまうのがいささか申し訳ない位。あと個人的な気持ちでは、ああそうだ、面白かった時の(私が面白いと感じていた時の)韓国映画ってこんなだったな、こんなパッションとニヒリズムのないまぜだった、という気持ちになった。裏町の隅の隅の、半地下にあるアパートに暮らす一家。基本的に職がなく、デリバリーピザの箱作りの内職を一家総出で行って日銭を稼ぐような日々だった。父母と20代前半の兄妹。Wi-Fiの電波を地上階から盗んで使ったり、抜け目のないことをしながらその日暮らしをしている。あ…