最強のふたり2012/08/26

最強のふたり
「最強のふたり」の試写会へ行ってきました。
事故により首から下が麻痺している大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)とスラム街の黒人青年ドリス(オマール・シー)が出会った。ドリスが介護の仕事に応募してきたのだ。しかしドリスは、失業手当申請のサインをもらうためだけに面接にきていた。他の面接者と違うドリスに興味を持ったフィリップは、ドリスを試用期間として、屋敷に住まわせる。全く趣味も考え方も違う2人だったが、フィリップのことを特別扱いせず、一人の人間として見てくれるドリスを次第に気に入ってくる。生きることをあきらめているようなフィリップが、ドリスと一緒だといつのまにか笑っているのだ…。
もっと泣けてしまうような映画だと思っていたら、富豪のフィリップと一緒で、観ているこっちも笑ってばかりです。ドリスを演じるオマール・シーがとても魅力的です。ズケズケものを言うだけじゃなく心優しく、フィリップに生きる希望を与えていくような物語。しかし、これが実話をもとにしているのです。
音楽も良いんです。ドリスが好きなのはアース・ウインド&ファイヤーで“セプテンバー”“ブギー・ワンダーランド”が懐かしい!ドリスもノリノリでダンスを披露してくれます。フィリップの趣味のヴィヴァルディ、ショパン、シューベルトなども聴けます。
ハリウッド・リメイクも決定しているそうで、きっとオリジナルの方が良いと思うけど、誰が演じるのかキャストは気になります。

★★★★☆