ブレンダンとケルズの秘密2017/08/14

ブレンダンとケルズの秘密
「ブレンダンとケルズの秘密」 ユジク阿佐ヶ谷 字幕
9世紀のアイルランド。バイキングの襲来に備えて塀に囲まれたケルズ修道院に、高名な僧侶エイダンが「ケルズの書」を携えて逃げ込んで来る。エイダンは修道院の少年僧ブレンダンに、書を完成させるために必要なインクの材料となる、植物の実をとってきてほしいと依頼する。行ってはいけないと言われた塀の外にある森の中で、妖精の少女アシュリンと出会い、協力してもらう。危険を冒して実を持ちかえったブレンダンに、エイダンは本の続きを書くよう頼む。
アカデミー長編アニメーション賞にノミネートされた「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」のトム・ムーア監督が2009年に手がけたデビュー作が、「ブレンダンとケルズの秘密」。後になって公開されました。
「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」がとても良かったので、前作はどんななのか見に行きました。絵は似ているし、ケルト音楽が、美しく彩っているところは同じです。でも、「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」は、子どもでも楽しめるのに対して、今作は大人向けな感じがしました。小さい子どもには、ちょっと怖いし、聖なる本・ケルズの書をめぐる話が、理解しづらいかもしれません。妖精のアシュリンは可愛らしかったです。パンガ・ボンという猫も活躍します。他のアニメーションとは全く違った、独自の絵は、とても芸術的です。

★★★★☆ 4

公式サイト
  ↓
http://secretofkells.com/

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2017/08/14/8646246/tb