海賊とよばれた男 上・下2017/08/16



「海賊とよばれた男 上」 百田 尚樹・著 講談社文庫


「海賊とよばれた男 下」 百田 尚樹・著 講談社文庫

主要燃料が石炭だった時代から、石油の将来性を見抜いていた国岡鐡造は、北九州の門司で石油業に乗り出すが、国内の販売業者や欧米の石油メジャーなど、様々な壁が立ちふさがる。それでもあきらめない鐡造は、型破りな発想と行動で自らの進む道を切り開いていく。やがて石油メジャーに敵視された鐡造は、石油輸入ルートを封じられてしまうが、唯一保有する巨大タンカー「日承丸」を秘密裏にイランに派遣するという大胆な行動に出る。それは当時のイランを牛耳るイギリスを敵に回す行為だったが…。
敗戦で、海外資産を失い、石油も手に入らない状況で、社員をクビにせずに、再起を図る。出光興産創業者の出光佐三氏をモデルにしている。
会社の利益のためではなく、将来の日本のためにと考えて、困難に立ち向かっている気骨ある人物です。先見の明があると感じました。石油が将来重要な物なるとか、石油メジャーに蹂躙された日本が、どうなるか、正しいことが何かを、常に実行していきます。そのためには、心労が絶えない日々を過ごしていることがわかりました。イランにタンカーを派遣し、取引したことが、そんなに大きな事件(日章丸事件)となったとか、歴史的なことも全く知らなかったです。
石油業界のことは、難しかったけど、面白かったです。全体的には終戦後の話が多かったけど、25歳で創業し、苦労して取引を獲得していく、若い頃の話も良かったです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2017/08/16/8647680/tb