没後40年 幻の画家 不染鉄2017/08/16

不染鉄展
「没後40年 幻の画家 不染鉄(ふせんてつ)」 東京ステーションギャラリー
不染鉄(1891-1976)は、日本画を学んでいたのが、写生旅行先の伊豆大島・式根島で、なぜか漁師暮らしを始めたかと思うと、今度は京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)に入学。才能を高く評価されながら、戦後は画壇を離れ、晩年まで飄々と作画を続けた稀有な日本画家です。
ふせんてつ、変わった名前ですが、本名哲治、のち哲爾。鐵二とも号しています。私もポスターを見たくらいで、全く知らない画家だったのですが、色もきれいだし、俯瞰で描いた独特の構図に、繊細な描き込みもあって、魅力ある展覧会だと思います。約120点、見ごたえあります。
ポスターになっている富士山の絵、大きな作品で、奥には日本海側の雪景色まで描かれています。まるでドローンで撮影したような上の方から下を見た絵です。そして、実物じゃないとわからないけど、人物も小さく描かれていて、電車に乗っている人や、家の中の人などをみつけることができます。ブリューゲルの「バベルの塔」の人物みたいあな細かさです。
田舎の風景、海、富士山など、日本らしい郷愁を誘う題材ながら、印象派のような点描っぽいものもあって、古めかしくも斬新な絵を見ることができます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2017/08/16/8647689/tb