少女ファニーと運命の旅2017/08/17

少女ファニーと運命の旅
「少女ファニーと運命の旅」 TOHOシネマズシャンテ
1943年、ナチスドイツの脅威がヨーロッパへ広がり、フランスも支配下に置かれた。13歳のユダヤ人の少女ファニー(レオニー・スーショー)は、3人姉妹の長女。幼い2人の妹とともに施設に匿われていたが、密告者によって存在が暴かれてしまい、別の施設に移動することになる。しかし、厳しい取り締まりのため、引率する大人と分かれてしまい、9人の子どもたちはファニーをリーダー役に、子どもたちだけで、スイス国境を目指す。
実話をもとにした映画です。
13歳で、幼い妹や他の子どもを連れて、選択、決断をしながら、命がけの旅。時には他の子と意見がくいちがったり、ドイツ兵に捕まってしまうこともあり、ハラハラの連続でした。ユダヤ人の子どもを守って、支援する組織があったというのは、知りませんでした。自分がユダヤ人でなくても、助けたことがわかると捕まってしまうし、大人たちが、どうなったのかは、わかりません。ファニーの両親もどうなったのかはわからないです。同情してくれる人もいるけど、関わり合いにならないようにしたいのが心情です。もし戦争が始まって、自分の民族が迫害されたとしたら、または他の人たちが迫害されていて、小さい子どもが助けを求めてきたら、助けられるか?そう思うと、二度と戦争を繰り返さないでと願います。
この映画は、悲惨なことばかりではなく、子どもたちの、いきいきとした姿や、美しい風景がいっぱいあって、良かったです。おすすめです。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2017/08/17/8648617/tb

_ 象のロケット - 2017/08/19 13:14

1943年、ナチス支配下のフランス。 ユダヤ人の子どもたちは親と別れ、支援組織の施設で生活していた。 ところが、密告者の通報によって施設は閉鎖。 スイスへ逃れることになった子どもたちは、厳しい取り締まりの中で引率者とはぐれてしまう。 三人姉妹の長女で13歳のファニーが、9人の子供たちのリーダー役を任されることに…。 実話から生まれた戦争ヒューマンドラマ。

_ 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ - 2017/08/24 01:03




最近「ヒトラー映画」がやたら多く公開されていて、やや食傷ぎみ(笑)

例えば...
「ヒトラーの忘れ物」の原タイトルは、Under sandet = 砂の下
「ヒトラーへの285枚の葉書」は、Jeder stirbt fur sich allein = ベルリンに一人死す

なので、わかりやすくしようとした努力(売ろうとした努力?)はわかるが、その意図が結果、冒頭のような印象?現象となる。


その点、今作は潔くて良い。
原作モノ(自伝)とはいえ、下手したら「少女ファニー、...