ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス2017/05/15

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」 TOHOシネマズスカラ座
シリーズ2作目。ピーター・クイル(クリス・プラット)、暗殺者のガモーラ(ゾーイ・サルダナ)、毒舌なアライグマのロケット(声:ブラッドリー・クーパー)、樹木型ヒューマノイドで25センチまで再生したベビー・グルート(声:ヴィン・ディーゼル)、マッチョな破壊王ドラックス(デビッド・バウティスタ)は、チームを組んで仕事をしている。しかし依頼主を裏切ったことで、追われるハメに。危機に陥った彼らの前に、ピーターの父親だという謎の男エゴ(カート・ラッセル)が現れる。
前作では、ピーター(クリス・プラット)が9歳で地球から誘拐され、宇宙海賊の一員としてワイルドに育ったことが描かれているのだけど、何故、幼い地球人がさらわれたのかは疑問が残っていたけど、今作でわかるようになっています。そんなことから、きっと続編ができるのだろうと思っていたけど、3年待ってやっと新作ができて、待っていましたという気持ちです。よく見ると豪華な出演者だし、今回はシルバスター・スタローンも出ていました。この映画は前作を見ておかないとわかリづらいところがかもしれませんが、今作から見ても面白いと思いますよ。
前作同様、軽いノリと70年代音楽にのって、笑いもいっぱいあって満足でした。可愛いい外見と裏腹に、メチャクチャ毒舌なアライグマに加えて、ベビー・グルートの愛らしい表情や動きにやられます。特に初めのところで、音楽にのってヨタヨタと踊っているところがかわい過ぎです。戦闘シーンはBGMに音楽が流れているところも良いですね。今回は笑いだけじゃなく、グッとくる熱い内容もあって、ちょっと泣けてしまいました。
このシリーズはマーベル作品の中で一番好きです。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2017/05/15/8559149/tb

_ ここなつ映画レビュー - 2017/06/23 16:34

サイコーに面白かった!音楽と色彩の織り成す娯楽大作。何かが心に残るかと言えば何も残らない。でもそれでいい。それがいいのだ。何も残らないし、このVol.2が初見でも、アトラクション的な映像に充分満足がいくし多分ストーリーには全然追いつけるのだと思うけれど、やはり前作を観ていた方が断然いい。それぞれのキャラの立ち位置を理解していた方が面白さは増す。あとね、下品なギャグには笑っていいんだよ、ね?(一応確認。劇場内では笑いが少なかったような気がした。)美味しい所はぜーんぶベビー・グルートが持っていった!というのはまず間違いないだろう。あの表情と仕草の豊かさといったら!ラヴェジャーズの荒くれ者でな...

_ 象のロケット - 2017/07/05 21:59

自称スター・ロードことピーター・クイルをリーダーに、凶暴なアライグマのロケット、マッチョな破壊王ドラックス、緑色の女暗殺者ガモーラ、小さな樹木型ヒューマノイドのベビー・グルートは、黄金の惑星の指導者アイーシャ率いる無敵艦隊から総攻撃を受ける。 彼らの宇宙船ミラノ号が壊滅的状況に陥ったその時、思わぬ救済者が現れた。 それは謎の男エゴと、頭に触角の生えた女性マンティスだった…。 SFアクション・アドベンチャー第2弾。