ちょっと今から仕事やめてくる2017/05/13

ちょっと今から仕事やめてくる
「ちょっと今から仕事やめてくる」 TOHOシネマズ六本木(試写会)
パワハラ上司に毎日怒られ、精神的に追い詰められていた青山隆(工藤阿須加)は、駅でフラフラして、電車にはねられそうになったところを、幼なじみを名乗る男・ヤマモト(福士蒼汰)に救われる。強引なヤマモトだったが、一緒に飲んだり、アドバイスをもらったりして、隆は本来の明るさを取り戻す。しかし、ヤマモトのことを調べてみると、3年前に自殺していたことを知る…。
冒頭で吉田鋼太郎さん演じる上司に、怒鳴られ、他の社員は助けてもくれなし、追いつめられていくと、見ている方も辛くなります。こんなシーンがずっと続いたらキツいと思っていたら、関西弁の福士蒼汰くんが現れて、急にほがらかな雰囲気になりました。過重労働で苦しむ人が追い込まれていくことがよくわかります。そんなにひどくない職場だって、仕事のストレスは誰だってあると思います。そういう人々にメッセージを与えるような話になっています。特にブラック企業で働く人は見て考えた方が良いです。ストーリーは、先が想像ついたけど、面白かったです。工藤阿須加さん、怒られて、キョトキョトした表情がかわいかったです。更にダメージがひどくなると目が泳いでいました。辛いシーンの撮影は精神的に厳しかったみたいです。福士蒼汰さんも慣れない関西弁で、頑張っていました。
成島出監督は「ソロモンの偽証」以来だけど、そういえば黒木華さん、両方に出ていますね。タイプの全然違う人でした。今作は先輩上司役です。

★★★★☆ 4