アンドリュー・ワイエス展2019/05/07


アンドリュー・ワイエス展

「アンドリュー・ワイエス展」 美術愛住館
アンドリュー・ワイエス(1917-2009)は、アメリカのリアリズム絵画の巨匠。
この展覧会はワイエスの代表作であるオルソン・ハウスシリーズの基となった素描や水彩画を中心にした約40点の展示です。
ワイエス大好きです。オルソン・ハウスの模型もあって面白かったです。


《クリスティーナの世界》の習作


四谷三丁目駅から近いこちらの美術館は開館1周年だそうです。個性的な外観です。新しくてきれいでした。レストランもあるようですが、予約で満席でした。
こちらの美術館も初めて知りましたが、今回のワイエス作品の所蔵先は、埼玉県の朝霞市にある「丸沼芸術の森」というところだそうです。そこにはワイエスの水彩・素描を238点も所蔵しているのだそうです。常に公開しているわけではないようです。こちらの存在も初めて知りました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2019/05/06/9069363/tb