彼が愛したケーキ職人2018/12/05


彼が愛したケーキ職人

「彼が愛したケーキ職人」 YEBISU GARDEN CINEMA
ベルリンでケーキ職人をしている青年トーマス(ティム・カルクオフ)は、イスラエルから出張でやってくる妻子ある男性オーレン(ロイ・ミラー)と、いつしか恋仲になる。しかし突然、オーレンからの連絡が途絶えてしまい、故郷のイスラエルで事故死したことを知る。衝撃を受けたトーマスは、エルサレムへ行き、事実は隠したまま、オーレンの妻アナト(サラ・アドラー)の経営するカフェへ客として訪れる。人手が必要になったそのカフェで雇われることになったトーマスは、雑用のかたわら、クッキーや菓子を焼くと、その美味しさが評判になる……。
冒頭から、とってもおいしそうなケーキが出てきました。トーマスの作るお菓子やパンはどれもおいしそうでした。純粋にオーレンと愛し合っていたことが伝わってきます。夫を亡くしたアナトもまた喪失感を抱えていて、トーマスとの距離が近づいていくのだけど、どうなるのって感じで、目が離せません。
イスラエルは、ユダヤ人が多く、ドイツ人に抵抗もあるし、お店の認可の関係でトーマスはオーブンは使ってはいけないとか、人種や宗教の違いが大きかったです。
みんなが幸せになってほしいと思うけど、秘密にしている関係が複雑だし、見ている方は双方の気持ちがわかって、せつないです。冷静に考えるとオーレンはドイツで浮気していたわけだし、それが女性で元妻を見に来たのなら、もっとグチャグチャな話になってしまいそうだけど、トーマスはアナトを助けているように見えます。同じ人を愛した者同士なのです。
アナトを演じるのは「運命は踊る」で見たばかりのサラ・アドラーでした。監督はイスラエルの若手監督オフィル・ラウル・グレイツァという人です。「運命は踊る」も気に入ったし、イスラエルの映画って、面白いなぁと思いました。

★★★★★ 5-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/12/04/9006982/tb

_ 象のロケット - 2018/12/05 01:52

ドイツ・ベルリンでカフェを営むケーキ職人の青年トーマスは、出張時に店を利用するイスラエル人男性オーレンと愛し合うようになった。 オーレンが死亡したことを知りイスラエルを訪れたトーマスは、オーレンの妻アナトがエルサレムで営むカフェで働くことに。 事情を知らないアナトと息子は、トーマスと仲良くなっていく…。 ヒューマンドラマ。