皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ2017/05/22

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」 ヒューマントラストシネマ有楽町
とあるきっかけで超人的パワーを身につけてしまった主人公エンツォ(クラウディオ・サンタマリア)。仕事をまわしてもらっていたオヤジが闇取引中に殺され、その娘のアレッシア(イレニア・パストレッリ)の面倒を見る羽目になる。アレッシアは日本のアニメでイタリアでも放送されていた「鋼鉄ジーグ」の熱狂的なファンで、エンツォの超人的な力を見て、鋼鉄ジーグの主人公と思い込む。いい感じになった2人だったけど、アレッシアの父親が絡んでいた仕事と超人パワーの存在を知った闇組織のリーダー・ジンガロ(ルカ・マリネッリ)に狙われる。パワーを盗みに使ったりするゴロツキのエンツォだったが、アレッシアにも言われて、正義に目覚めていく。
「鋼鉄ジーグ」は永井豪原作で、日本では1975年にアニメ放送されていたそうですが、私はよく知りません。でも、知らなくても内容的には問題ありません。日本のアニメをおそらく好きだったから、この映画を作ってくれたのだと思うとうれしいです。
監督は本作が長編デビューとなるガブリエーレ・マイネッティという人なんです。今までにない斬新さがあります。そもそもアメコミヒーローのような、かっこいいヒーローでもないです。けっこうな普通のおじさんって感じかな。ヒロインはきれいだけど、こいつ大丈夫かって感じのアブナい女性で、現実と妄想の間で生きています。
残虐で、グロいところもありますが、とっても面白かったです。ラストの感じも私は好きだなぁ。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2017/05/22/8570001/tb

_ ここなつ映画レビュー - 2017/06/23 16:32

胸熱。のキャッチコピーそのままに、胸熱だったよ!鋼鉄ジーグ!お名前は?司馬宙(シバヒロシ)と呼んでくれ。永井豪と言えば、「ハレンチ学園」位しか読んだことがなかった私。だから、「鋼鉄ジーグ」に関しても知識ゼロで臨んだわけだが…。その永井豪作の「鋼鉄ジーグ」をモチーフに作られた作品。「鋼鉄ジーグ」は1970年代のテレビアニメ作品で、日本だけでなくイタリアでも放送されていたのだという。監督が大の日本アニメファンだからというだけでなく、随所に「鋼鉄ジーグ」、ひいてはヒーローに対するリスペクトとロマンチシズムが溢れ出ている。「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」というタイトルも素晴らしい。なんとこのタイト...

_ 象のロケット - 2017/07/05 21:56

イタリア・ローマ郊外のトル・ベッラ・モナカ。 孤独なチンピラ、エンツォは、放射性廃棄物のドラム缶が沈むテヴェレ川に浸かって以来、超人的なパワーを得てしまう。 そんな時、世話になっていたオヤジが死んだため、彼の娘アレッシアの面倒を見ることに。 彼女はアニメ「鋼鉄ジーグ」の大ファンで、主人公・司馬宙(シバヒロシ)とエンツォを同一視していた。 ところが、エンツォの超人パワーを利用しようと、悪の組織のリーダー、ジンガロが近づいてくる…。 サスペンス・アクション。 PG-12

_ 西京極 紫の館 - 2017/07/25 22:09

【出演】
 クラウディオ・サンタマリア
 ルカ・マリネッリ
 イレリア・パストレッリ

【ストーリー】
テロが頻発するローマ郊外。チンピラのエンツォは、ひょんなことから人知を超えた力を手に入れる。ある日、エンツォが慕う“オヤジ”が殺害されてしまう。オヤジの娘の...

_ 銀幕大帝αTB受付 - 2017/12/25 15:10



TBはここにお願い致します。