メッセージ2017/05/23

メッセージ
「メッセージ」 TOHOシネマズ日本橋
ある日、突如として地球上に降り立った巨大な球体型宇宙船。言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、物理学者のイアン(ジェレミー・レナー)と共に、謎の知的生命体との意思疎通をはかる役目を担うこととなる。“彼ら”の目的は何か…。
ネタバレをしないで、書くのが難しいので、簡単になります。宇宙人の姿とかは、予告では出ていなかったような。見に行かないとわからないでしょう。似ている動物もいるけど、そこはヒミツで。
全体的に暗いトーンの映画でした。天気も曇っているシーンが多かったです。「プリズナーズ」「ボーダーライン」などのドゥニ・ヴィルヌーヴ監督らしく、ちょっとシビアでしたね。この監督好きだし、どうなるのかと興味深く見ましたけど、人にはすすめにくいです。好みが分かれそうです。

★★★☆☆ 3+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2017/05/23/8572386/tb

_ ここなつ映画レビュー - 2017/06/23 16:31

特別招待作品。アメリカ映画。監督はこれまでにも私が個人的にイチ押ししているドゥニ・ヴィルヌーヴ監督。実は、今年の東京国際映画祭は、チケット発売日にチケットが買えないという前代未聞の不手際があり、それはもう上を下への大混乱であった。体験した人は一様に思いを共有してくださると思うが、今年から新しくなった東京国際映画祭のオリジナルのシステムが、全く稼働しない。ともかく購入画面に辿り着かないのである。よしんば辿り着いて決済を済ませたつもりでも、決済前にシステムが固まる、決済していたはずなのに実は取れていなかった、などなど、貴重な土曜日を丸一日潰してもチケットが買えないという事態が発生していた。従...

_ 象のロケット - 2017/07/05 21:55

地球各地に、巨大な球体型宇宙船が出現する。 米軍のウェバー大佐から協力要請を受けた言語学者の女性ルイーズは、物理学者の男性イアンと共に、謎の知的生命体と意志の疎通をはかることに。 相手に明確な言語があるかどうかも分からず、延々と試行錯誤が続いていく。 やがて、しびれを切らし暴挙に出ようとする国も出始めた。 “彼ら”は人類に<何>を伝えようとしているのか…。 SFミステリー。“ 

_ 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ - 2017/10/21 20:36



まずオープニングで舌を巻く。
ほんの数分で主人公の職業・経歴・経験値だけでなく、心の状態までもが露わにされる。
ほぼ平行して直ちに事件が発生、鑑賞者もその危機的状態に叩き込まれる!


この手腕、なかなかに流石。
それもそのはず!

周回遅れDVD鑑賞なのに去年のベスト10入り「ボーダーライン」
ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督(「灼熱の魂」「プリズナーズ」)の成長・充実ぶりに感心。
特に「ボーダーライン」での映像 + 気味悪い音楽・音響は特筆すべき出来だった。
その彼が SF に挑...

_ 銀幕大帝α - 2017/10/26 19:59

ARRIVAL
2016年
アメリカ
116分
SF/ドラマ
劇場公開(2017/05/19)



監督:
ドゥニ・ヴィルヌーヴ
『ボーダーライン』
原作:
テッド・チャン『あなたの人生の物語』
出演:
エイミー・アダムス:ルイーズ・バンクス
ジェレミー・レナー:イアン・ドネリー
フ...