秘密の花園2017/03/18

秘密の花園
「秘密の花園」 三浦 しをん・著 新潮文庫
カトリック系の女子高へ通う3人の少女、那由多、淑子、翠。それぞれに悩みや秘密を抱えている…。
女子高の経験がないせいか、学生時代を思い出すというよりは遠い存在でした。那由多と翠は、他の生徒とは一線を画していて、干渉しすぎずに良い距離感がありました。ソウルメイトという感じがしました。淑子は裕福な家の娘で、教師とつきあっています。
女同士のいざこざやイジメというのはなくて、3人がそれぞれ語り手となって、3つのつながりのある話になっていました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2017/03/15/8407216/tb