ラ・ラ・ランド2017/03/22

ラ・ラ・ランド
「ラ・ラ・ランド」 TOHOシネマズシャンテ
女優を夢みるミア(エマ・ストーン)と、売れないジャズピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴズリング)は、最悪の出会いで反発しあっていたが、何度か顔を合わせるうちにいつしか恋に落ちていく。お互いの才能を信じ、仲睦まじい日々が続くが、夢に対して限界を感じ始める…。
冒頭から洗練された歌とダンスで、期待が高まります。ライアン・ゴズリングが歌もダンスもピアノも上手でした。もちろん、エマ・ストーンもキュートでした。この2人の組み合わせで良かったです。
監督は「セッション」で一躍注目を集めたデイミアン・チャゼル。「セッション」で怪演し、アカデミー賞助演男優賞を受賞したJ・K・シモンズは、思ったほどたくさん出ていなかったです。
今作でもアカデミー賞監督賞、エマ・ストーンが主演女優賞を受賞しています。
往年のミュージカル映画っぽさを感じさせつつも、斬新なところもありました。おそらく長回しで撮影しているらしいところが素晴らしいです。
夕暮れや、夜のシーンなどが好きです。映像の構図がよく考えられていて、ファッションを含めて、色合いがおしゃれです。
話はありがちかもしれないけど、恋におちていく過程とか説得力もあって、女子が好きそうな映画です。でも、ほろ苦さが残る映画でした。あと予告映像とかで見たシーンが多いので、驚きは少なかったです。これがここで出てくるのかと考えてしまいます。予備知識が全くなかったら、おしゃれでファンタジックな映像の数々がもっと新鮮に映ると思います。

★★★★☆ 4+