タレンタイム 優しい歌2017/03/19

タレンタイム 優しい歌
「タレンタイム 優しい歌」 シネアーツ試写室(試写会)
マレーシアのある高校で、音楽コンクール“タレンタイム”が開催される。ピアノを弾きながら歌うムルー、二胡を演奏するカーホウ、オリジナル曲で参加する歌とギターが上手なハフィズらが、オーディションに合格。練習やリハーサルへ行くために、ムルーをバイク送迎することになった耳の聞こえないマヘシュはムルーと恋に落ちる。ハフィズが転入してきて、成績トップを奪われたカーホウは、複雑な感情を持っていた。ハフィズの母は闘病のために入院している。マレー系、インド系、中華系、民族や宗教の違いやわだかまりを抱えながら、いよいよコンクール当日を迎える…。
出場する学生たちには、困難や苦悩があるけど、悲劇の近くにもささやかな人生の喜びもあります。厳しい現実があっても、宗教や民族の壁を越えていく希望があるように思いました。
映画を彩る音楽もタイトルにもあるように優しい歌ばかりで、とても良かったです。
女性監督のヤスミン・アフマドは、2009年にこの映画が公開された直後に脳内出血により緊急入院し、51歳で急逝。この作品が遺作となっています。
民族や、宗教の違いで交際を反対される事は、日本人にはあまりないかもしれないけど、この映画の若者たちの気持ちは、すごく理解できました。手話で語るマヘシュの感情はストンと心に響いてくるし、入院中の母の言葉は素晴らしいです。セリフがどれも良かったです。その母に寄り添ってきてくれる車椅子の男の人も、それほど出てこないけど、天使のような人でした。
静かに感動し、映画にひたりながら、試写室を後にしました。

★★★★★ 5

公式サイト
   ↓
http://www.moviola.jp/talentime/

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2017/03/19/8408707/tb