バーフバリ 伝説誕生2017/03/01

バーフバリ 伝説誕生
「バーフバリ 伝説誕生」 京橋テアトル試写室(試写会)
兵士が、赤児を胸に抱いた老女を滝へと追い詰める。彼女は自分の命と引き換えに、その小さな命を救おうとする。村人に助けられて一命を取り留めた赤ん坊はシヴドゥと名付けられ、たくましい青年へと成長する。滝の上の世界に憧れを抱いた彼はある日、滝の上まで行くことに成功する。そこで美貌の女性戦士アヴァンティカと運命の出会いを果たす。彼女の使命をかなえる為に、王国へ乗り込むが、そこで自分の出生の秘密を知る。
スぺクタクルアクションロマンというかなんというか。インド映画なんですが、ハリウッドのアクションものとは一味違って面白かったです。もちろんインドの歌と踊りもあります。
大きい滝が壮大で、大自然の風景も良かったです。
赤ちゃんから、少年に、そして青年にすぐなっちゃうのですが、いきなりワイルドになりすぎてビックリです。
主人公がハエに生まれ変わってしまう奇想天外なコメディ「マッキー」を撮ったS・S・ラージャマウリ監督作ですが、ずいぶんとタイプが違う映画でした。「マッキー」面白かったけど、今作も良かったです。
インドの映画に出てくる女性は本当にきれいな人が多いです。主人公を演じるプラバースはインドのスター・ラジニカーント系のひげをはやした男くさい感じでした。やさ男はインドではうけないのかしら。
チラシにも書いてある通りインドでは「きっと、うまくいく」「PK」を超えるヒットとなっているのだそうです。インド国内歴代興収№1って、すごいですね。それにこの映画は2部作の1作目で、2作目はまだ公開されていないのです。2部作とは知らずに見てしまったけど、続きが見たくなります。話がまだ途中でした。日本では2作目はいつ公開するのでしょう。見逃してしまいそうで心配です。今作は4月8日公開だそうです。

★★★★☆ 4