フレンチ・ラン2017/03/07

フレンチ・ラン
「フレンチ・ラン」 渋谷シネパレス
革命記念日前夜のパリ市街で爆弾テロが発生。CIAのアウトロー捜査官ブライアー(イドリス・エルバ)は、容疑者として浮上したスリのマイケル(リチャード・マッデン)を確保。しかし、マイケルは盗んだバッグに爆弾が入っていたことを気がつかずに処分しただけだった。マイケルのスリの腕前を買ったブライアーは、濡れ衣を晴らすためにも協力するように強引に持ちかける。
CIA捜査官と事件に巻き込まれたスリがテロ事件や陰謀を暴くバディムービー。
よくありそうな話かもしれないけど、舞台がパリというだけでも、街並がかっこよかったし、アクションも激しくてみどころがありました。
期待を裏切らない面白さでした。いかにも映画らしい作品。
捜査官のブライアーは、上司の制止も聞かずに、無茶するタイプ。マイケルの方は、鮮やかなテクニックでスリを成功させるので、それを見るのが面白いです。何度も危険な目にあいながらも、いつしか心が通じあっていくような気がしました。絶対面白いと思うけど、ちょっとマイナーでしょうか。公開映画館が少ないし、すいていました。でも拾い物ですよ。

★★★★☆ 4