由縁の月 立場茶屋おりき202021/01/20



「由縁の月」 今井 絵美子・著 ハルキ文庫
師走も二十八日。立場茶屋おりきの茶屋と旅篭、彦蕎麦、あすなろ園の餅搗きの日。女将のおりきは、慌ただしさの最中、大番頭の達吉と常連客の吉野屋幸右衛門の身を案じていた。一方、幾千代は、呉服屋・京藤に幾富士を息子の世話係に譲ってくれないかと頼みこまれて、悩んでいた。親なら娘の幸せを一番に望むもの…。
シリーズ第20弾。出会いや別れは、このシリーズの中ではいつでもあります。今回は亡くなった人が多かったです。働いている人やお客様。読んでいるうちに、本の中では年月もかなり過ぎているようです。別れがあるのは仕方ないことです。若い人達の成長の話は、これからあるのかな。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック