ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展2019/10/29


ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン

「建国300年 ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展」
Bunkamuraザ・ミュージアム
世界で唯一、侯爵家(君主)の家名が国名となっているリヒテンシュタイン。スイスとオーストリアにはさまれた小国ながら、世界でも屈指の規模を誇る個人コレクションを有し、その華麗さが宝石箱にもたとえられ世界の注目を集めています。
ルーベンス、ヤン・ブリューゲル(父)、クラーナハ(父)等、北方ルネサンス、バロック、ロココを中心とする油彩画や優美な陶磁器、約130点が展示されています。
ポスターの絵も華やかですが、美術品も明るい色調のものが多くて、きれいでした。陶磁器も金が使われているものが多くて、高価そうです。これでもコレクションのほんの一部なんでしょうが、楽しめました。
先日行ったハプスブルグ家のコレクションとあわせて、こちらも見ておくと良いと思います。ヨーロッパの貴族の生活ぶりを感じさせてくれます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2019/10/29/9170299/tb