ラスト・ムービースター2019/09/18


ラスト・ムービースター

「ラスト・ムービースター」 シネマカリテ
かつては映画界のスーパースターとして一世を風靡したが、今では人びとからほぼ忘れられている状態のヴィック・エドワーズ(バート・レイノルズ)のもとに、一通の招待状が届く。ナッシュビルの映画祭で功労賞を贈られるという。悩んだ末に、参加することにしたヴィックだったが、飛行機はエコノミーだし、空港に着いて、迎えに来たのはタトゥーや鼻ピアスをしている若いお姉ちゃんのリル(アリエル・ウィンター)で、リムジンでもないオンボロ車だった。映画祭とは名ばかりの仲間同士が、バーで開く上映会だった。憤慨したヴィックは帰ろうとするのだが、彼が生まれ育った町に近かったので(と言っても3時間位かかる)、リルを運転手に、寄り道をすることにすると、懐かしい思い出が去来する……。
2018年9月に82歳で亡くなったバート・レイノルズの最後の主演作だそうです。実話ではないのだけど、映画界のスーパースターだったバート・レイノルズの過去と重なっていて、かなり楽しめる映画でした。過去の映像もたくさん出てくるし、若い自分と共演して、会話しているシーンもあります。偏屈だけど、気骨ある老人のヴィックが良かったです。ウイスキーをやたらガブ飲みしていていました。
クズな彼氏ともめているリルに忠告したり、一緒に旅をして相手のことがわかってくるうちに、なんだか良い話になってじんわりします。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック