もののけ本所深川事件帖 オサキ江戸じまい2019/05/04


オサキ江戸じまい

「もののけ本所深川事件帖 オサき江戸じまい」 高橋 由太・著 宝島文庫
周吉が奉公人として住み込む深川の献残屋「鵙屋」の主人が殺された。下手人として女将のしげ女が自首したという。妖孤・オサキに取り憑かれた“オサキモチ”の周吉は、「オサキモチは家に災いをもたらす」との言い伝えから夫婦の悲劇に自責の念を抱え、好きだったお琴を残したまま江戸を出て行くことを決意。しかしお琴もまた、遺書を残して行方不明に……。
8巻目の最終話。これまでのゆるめの内容と打って変わって、いきなり主要メンバーが殺されてしまい、その疑いが奥さんにかかっているといいます。読む進むと更に驚く内容で、えーどうなってしまうの?と思いましたが、興味深く全部を読み終えました。
全体を通しても、いろいろなパターンがあったし、最後はちゃんとまとめてくれていて、面白く読めました。自分がいたら、その家に不幸がもたらされると信じ込んでいる主人公・周吉。そのため、相思相愛なのに踏み込めない関係でいることが、読んでいる方としてはもどかしいです。
自分なんかが幸せになれるはずがないと思い込んで、一歩踏み出せない現代人もいるかもしれませんね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック