六義園へ2019/05/04



母と文京区の六義園(りくぎえん)へ。つつじは、もう終わりかけですが、色は鮮やかでした。
抹茶と和菓子のセットを頼んでひと休み。

六義園は徳川綱吉の側用人・柳沢吉保が和歌の世界を表現すべく7年の歳月をかけて、完成させた回遊式築山泉水庭園。
ちょうど今読んでいる本に六義園が出てきました。葉室麟の「はだれ雪」です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック