チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛2018/10/10


チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛

「チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛」 YEBISU GARDEN CINEMA
17世紀オランダ。修道院育ちのソフィア(アリシア・ビキャンデル)は親子のように年の離れた豪商コルネリス(クリストフ・ヴァルツ)と結婚し、豊かで安定した暮らしを送っていた。ある日、コルネリスが夫婦の肖像画を無名の画家ヤン(デイン・デハーン)に依頼する。若く情熱的なヤンとソフィアはすぐに恋に落ちる。2人の未来のためにとった行動が、女中や医者を巻き込んで、思わぬ方向へ運命が転がっていく……。
球根ひとつの値段が邸宅一軒分の価値になったという、世界最古の経済バブルともいわれる17世紀の 「チューリップバブル」を背景に、フェルメールの絵画のような世界が展開していきます。ポスターやチラシの写真は、まさにフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」のような色合いです。フェルメールだけでなく、私はレンブラントの絵の世界が動きだしたかのように感じました。話は不倫もので、スリリングなんですけど、話よりも芸術性だけでも、とても楽しめました。アリシア・ヴィキャンデル美しいです。デイン・デハーンも好きです。カーラ・デルビーニュに出演していたので「ヴァレリアン」の2人が立場の違う役で不思議な感じがしました。希少な花の色を出すチューリップの球根の値段が高騰して、バブルのような時があったのは初めて知りました。まさに熱病のように値上がって、冷めていくのは、日本のバブルのようです。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

_ 象のロケット - 2018/10/10 09:16

17世紀オランダの首都アムステルダム。 修道院で育った孤児の少女ソフィアは、年配の富豪コルネリスに嫁ぐが、なかなか子どもに恵まれない。 そんな時、ソフィアは肖像画を描くため屋敷に招かれた青年画家ヤンと恋に落ちてしまった。 美しいチューリップの球根が、彼らの運命を狂わせてゆく…。 ラブ・ストーリー。 ≪花に狂い、愛に狂う≫ R-15