細い目2018/10/11


細い目

「細い目」 アテネフランス文化センター
多民族が暮らすマレーシア。金城武ファンのマレー系少女オーキッド(シャリファ・アマニ)は、ビデオショップで中華系の青年ジェイソン(ン・チューシオン)と出会う。ジェイソンは一目でオーキッドに心奪われ、積極的に話かけてくる。オーキッドも好印象を持って、ぎこちないながらも惹かれあっていく。しかし、ジェイソンには秘密があり、問題を抱えていた……。
「タレンタイム」のヤスミン・アフマド監督の2004年制作の作品です。ジェイソンは中華系の不良っぽい感じなんだけど、オーキッドに会って、ポーッとなって、しおらしくかわらしいのです。オーキッドもとてもキュートで、この2人の魅力で、ひっぱられていきます。マレー系の家庭はとても家族が仲良しで、家政婦も家族の一員です。温かい雰囲気がうかがえます。ジェイソンも母親と仲睦まじい様子が出てきます。民族や宗教の違いや偏見もあるのがわかるのだけど、ユーモアのある映像が多かったです。楽しいばかりの話ではないのですが、魅力的な映画でした。


ジェイソン役のン・チューシオンは日本でいったら矢本悠馬クンのような雰囲気に思えました。タイトルの細い目(SEPET)は、目の大きいマレー系の人からら、中華系の人たちを指すような言葉みたいです。
オーキッド3部作として、他の映画もあるそうで、見てみたいです。この作品はヤスミン・アフマド監督の遺作となった「タレンタイム」に通じるところが多かったです。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/10/11/8971139/tb