ボブという名の猫 幸せのハイタッチ2017/10/14

ボブという名の猫 
「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」 シネスイッチ銀座
ロンドンでミュージシャンを目指すジェームズ(ルーク・トレッダウェイ)は、夢を果たせず、薬物に依存、家族にも見放され、ホームレスとしてどん底の生活を送っていた。そんな彼のもとに迷い込んできた一匹の猫。足をケガしていたその猫はボブと命名され、病院へ連れて行って看病することになった。ストリートミュージシャンとして小銭を稼いで食いつなぐジェームズは、猫を連れて行くと、多くの人が足を止めてくれて人気になる…。
ボブと出会ったことで薬物依存から立ち直り、再生していった男の実話を基にしています。猫のボブ役は実際のボブが出演しています。ご本人が演じている?というわけですが、この猫のボブはとっても利口です。人間の言葉がわかっているような感じもしちゃいます。ジェームズが、助けを必要としていることまでもが、わかっているのではないかと。1人の意志では、薬物を断ち切ることができなかったかもしれないけど、近くで見守る者がいて、愛情を注ぐ対象があるというこが、彼を変えていったのだと思います。

★★★☆☆ 3+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2017/10/14/8704715/tb

_ 象のロケット - 2017/10/22 15:12

イギリス・ロンドン。 ストリート・ミュージシャンの青年ジェームズはドラッグから更生途中のホームレス。 更生担当者のヴァルが手配した住居に、どこからか茶トラの猫が迷い込んで来る。 近所の女性ベティがボブと名付けたその猫は、ジェームズの側を離れない。 いつしかジェームズとボブは街の人気者に…。 実話から生まれたハートウォーミング・ストーリー。