葛飾北斎 冨嶽三十六景 奇想のカラクリ2017/10/15


葛飾北斎 冨嶽三十六景 奇想のカラクリ

「葛飾北斎 冨嶽三十六景 奇想のカラクリ」太田記念美術館
葛飾北斎が日本全国のさまざまな場所から富士山を描いたシリーズ「冨嶽三十六景」、36点かと思いきや、当時売れ行きが好評だったので追加され、実際は46点あるのだそうです。それを一挙に公開するというので行ってきました。太田記念美術館は46点全部所蔵しているのだそうです。なかなか混んでいました。

ポスターやチラシになっている《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》は、波の表現がすばらしいですが、今回気になったのはこの下の絵「駿州江尻」波や水を表現するのは難しいですが、北斎は風を描いてもいるのだなぁと、前から知っている絵ですが、改めて思いました。風は目に見えないものですが、みごとに風を表現していますね。

駿州江尻

《冨嶽三十六景 駿州江尻》


葛飾応為 《吉原格子先之図》

北斎の娘、葛飾応為の作品も公開されています。葛飾応為は近頃、時代小説やテレビドラマの主人公としても取り上げられています。アニメの「百日紅」も葛飾応為が主人公です。
NHK「眩(くらら)~北斎の娘~」宮崎あおい主演のを見ました。ドラマを見たことによって、美術館に足を運んでいる方もいるかもしれませんね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2017/10/15/8705993/tb