フリーター、家を買う。2017/10/13

フリーター、家を買う。
「フリーター、家を買う。」 有川 浩・著 幻冬舎文庫
就職先を3カ月で辞めて以来、自堕落に親の臑を齧って暮らす“甘ったれ”25歳主人公が、母親の病を機に一念発起。バイトに精を出し、職探しに、大切な人を救うために、奔走。家族の再生と成長の物語。
ドラマになっているので、知っている方も多いと思います。私もドラマを見ていたので、つい比較してしまいます。大きな流れは似ていますが、ドラマは、かなり膨らましてありました。恋愛相手はちょっと違っていましたし、原作にはない役柄もいっぱいありました。ドラマもよくできていたと思いますし、本は本で面白かったです。もっと話が続いて、その後どうなったのかを知りたくなりました。
ドラマで主人公の両親を演じた、竹中直人と浅野温子は、ピッタリというよりは、原作に近いイメージで演じていたと思いました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2017/10/13/8703746/tb