大エルミタージュ美術館展2017/05/12

「大エルミタージュ美術館展」 森アーツセンターギャラリーへ行ってきました。


チラシの絵はルカス・クラーナハ《林檎の木の下の聖母子》


チラシの絵は
ジャン=オノレ・フラゴナールとマルグリット・ジェラール《盗まれた接吻》


ウィギリウス・エリクセン《戴冠式のローブを着たエカテリーナ2世の肖像》
ロシアの皇帝でエルミタージュ美術館を作った人。33歳のときの戴冠式の絵。
もともとはドイツの貴族の娘で、ロシア皇太子のところに嫁いできたのだそうです。

エルミタージュはフランス語で「隠れ家」の意味なのだそうです。


4月15日に又吉さんがエルミタージュ美術館を訪ねる番組がありました。
展覧会のオフィシャルサポーターを努めています。


番組の中でこのマトリョーシカを作った方を訪ねていました。会場に展示されていました。照明の関係で、きれいに写真が撮れてないけど、似ていますよね。
最後は綾部さんになっています。


音声ガイドも又吉さんのナビで聞けるので、借りました。わかりやすく説明されていたし、独自の見解も聞かせてくれます。展覧会のテーマソングは宇多田ヒカルさんの“人魚”で、音声ガイドでも聞くことができます。

音声ガイドは2種類あり、ロシアの人気キャラクターのチェブラーシカとワニのゲーナが案内してくれるらしいです。本当はこっちも聞いてみたかったけど、通常ガイドの方にしました。


ロシアには行ったことはないです。エルミタージュ美術館は憧れです。
現在は所蔵美術品が310万点、絵画だけでも1万7千点もあるそうです。一度に公開はしていないにしても、見るのは大変そうですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック