アサシン クリード2017/03/14

アサシン クリード
「アサシン クリード」 TOHOシネマズ日劇
死刑囚カラム・リンチ(マイケル・ファスベンダー)は、目覚めると研究所にいて、アニムスという装置を使い、祖先の記憶を甦らせられる。
カラムはルネサンス期のスペインでテンプル騎士団に立ち向かう伝説のアサシン教団アギラール(マイケル・ファスベンダー2役)の子孫だった。禁じられた秘宝“エデンの果実”のありかを知る歴史上最後の人物。カラムは自分の遺伝子に隠された人類の歴史を変える秘密を知る。
スピード感あふれるダイナミックなアクションの連続でした。特に空撮が多くて、空から昔のスペインの街並を見るのが爽快でした。あと、高い所からダイブするシーンも、見どころです。身体ひとつで、建物に登ったりするパルクールがいっぱい見れます。
マイケル・ファスベンダーは、かっこ良かったです。アサシン教団の服装がおしゃれでした。フードをかぶって、裾の長い服で、それが体の動きに合わせてなびきます。
出演者も豪華でした。エデンの果実のありかを探すため研究しているのがジェレミー・アイアンズとマリオン・コティヤール親娘。シャーロット・ランプリングも出ていました。アギラールと一緒に戦う女性アサシンをアリアンヌ・ラベッドが演じていて、これまたかっこ良かったです。
テンプル騎士団とアサシン教団の争いや、エデンの果実がいったいどういうものかなどは、あんまりよくわからなかったですが、15世紀のスペインの様子など、絵画のようで、歴史絵巻を見ているようでした。
謎解きってほどじゃないけど、エデンの果実が今はどこにあるのかをめぐって、「インフェルノ」みたいな感じもしました。でも、結構あっさりと手に入ったように見えました。先祖の追体験とか、それが他の人にも見えるというのもありえないし、映画ならではかなと思いました。

★★★☆☆ 3+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2017/03/13/8403511/tb

_ ここなつ映画レビュー - 2017/03/21 15:42

うむ…。面白かった、と思う。何故「思う」とかいう曖昧な表現になったのかというと、予備知識を殆ど持たずに観てしまったからだ。「アサシン クリード」って元はゲームなんだね?という位の基礎知識はあったものの、そのゲーム自体を知らないので、ふーん、ゲームなんだー、っていう程度。それに…これって、この作品って、続編ありきの前提だったの?終わり方がそもそもなんだかなー。なのである。この世界観は決して嫌いではない。むしろ好きな方である。500年前の体験を、DNAを受け継いだ子孫が科学の力で追体験する。いいんじゃない?テンプル騎士団vsアサシン教団の対立が現代の世にも目的を変えて残っている、それもまた良...

_ 象のロケット - 2017/03/26 00:15

2016年、死刑囚の男カラム・リンチは、遺伝子操作(アニムス)によってDNAに眠る「記憶」を呼び起こされる。 彼の祖先は、ルネサンス期のスペインでテンプル騎士団に立ち向かうアサシン教団に属する、驚異的な身体能力を持つ伝説のアサシン(暗殺者)だった。 テンプル騎士団は彼を利用して、人類を支配する力を持つ「エデンの果実」を探し出そうとしていた…。 アクション・ファンタジー。

_ 銀幕大帝α - 2017/07/14 20:36

ASSASSIN'S CREED
2016年
イギリス/フランス/アメリカ/香港
115分
アクション/アドベンチャー
劇場公開(2017/03/03)



監督:
ジャスティン・カーゼル
出演:
マイケル・ファスベンダー:カラム・リンチ/アギラール
マリオン・コティヤール:ソフィア・リッキン博士
ジェレミー・アイアンズ:アラン・リッキン
ブレンダン・グリーソン:ジョセフ
シャーロット・ランプリング:エレン・ケイ
マイケル・K・ウィリアムズ:ムサ



<ストーリー>
2016年、記憶を失くした死刑囚の...