グレース・オブ・ゴッド 告発の時2020/07/22


グレース・オブ・ゴッド 告発の時

「グレース・オブ・ゴッド 告発の時」 シネスイッチ銀座
妻と子どもたちとともにリヨンに暮らすアレクサンドル(メルヴィル・プポー)は、幼少期にプレナ神父から性的虐待を受けた過去を抱えていた。アレクサンドルは、プレナ神父が現在も子どもたちに聖書を教えていることを知り、家族を守るために過去の出来事の告発を決意する。彼と同様に神父の被害に遭い、傷を抱えてきた男たちの輪が徐々に広がっていく。教会側はプレナの罪を認めながらも、責任を巧みにかわそうとする……。
フランソワ・オゾン監督にしては珍しく、実際の事件を基にした内容で社会派映画でした。メルヴィル・プポーが主人公なのかと思ったら、だんだん他の人の話になり、主に3人の被害者が中心でした。子供時代のトラウマが、人生を変えてしまったり、普通に生活できていても、過去の出来事に苦しんでいるのがわかります。何年もたって、やっと糾弾できるようになったのだと思います。新しい被害者がでないように、教会側がもっと早く対処しなければならなかったと思います。
信仰心が強いことや、告発する為に、家族が協力することなど、日本とはちょっと違う気がします。それにしても実際の事件で、被害者がいることがわかっているのに、長い間にクビになっていたのが、信じられないです。

★★★★☆ 4-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック