無花果の実のなるころに2020/08/01


無花果の実のなるころに

「無花果の実のなるころに」 西條 奈加・著 創元推理文庫
もと芸者で粋なお蔦さんと一緒に神楽坂で暮らす孫の僕。面倒くさがりのお蔦さんではあるけど、何かと人に頼られる。ご近所の振込詐欺被害や、僕の友人関係の事件など、周囲で起こる事件を解決していく……。
ご近所ミステリーというか、最近こういうのは多いような気がしますが、場所が神楽坂というのが良いです。人情味があります。お料理をしないお蔦さんの為に、主人公の僕(ノゾム)が食事の準備をしています。おいしそうです。お菓子作りにも挑戦しています。自分のおばあちゃんなのに、お蔦さんと呼んでいます。誰もが一目置くようなお蔦さんです。
陰湿な大事件は起きないし、短編連作で軽く読むのにちょうど良いです。まだ話は続いているようです。西條奈加は時代小説をいろいろ書いているのですが、現代ものは初めて読みました。

パブロヴァとラミントン2020/08/02



“N2ブランチクラブ”日本橋高島屋新館にて、ケーキを食べました。
パブロヴァというメレンゲの上にクリームとフルーツがのっているケーキです。結構大きいけど、軽めなメレンゲで、食べやすかったし、クリームも甘み押さえ目でした。

 
友人が頼んだのはラミントンと言うメニュー、シフォンケーキのまわりに、ココナッツがまぶしてあるようなケーキでした。こちらも大きいです。

生ハムとローストナッツのサラダトースト2020/08/04



“Marunouchi Happ.stand&gallery(マルノウチハップスタンドアンドギャラリー)”で食べたトーストです。
生ハムとローストナッツのサラダトースト。ポロポロとこぼれて、ちょっと食べにくかったですが、パン自体に甘味があって、美味しかったです。

たゆたえども沈まず2020/08/05


たゆたえども沈まず

「たゆたえども沈まず」 原田 マハ・著 幻冬舎文庫
19世紀後半、栄華を極めるパリの美術界。画商・林忠正は助手の重吉と共に流暢な仏語で浮世絵を売り込んでいた。野心溢れる彼らの前に現れたのは日本に憧れる無名画家ゴッホと、兄を献身的に支える画商のテオ。親交を深めていくが、孤高の画家ゴッホには大きな苦悩があった……。
ゴッホの弟テオと、実在の人物ではない重吉が語り手となっています。この時代のパリでの、浮世絵ブームや、印象派の画家たち評価など、とても興味深く、面白かったです。実話とフィクションが織り交ぜてあります。実際、謎も多いゴッホの生涯(特に最期)ですし、こういう事があったのではないかと思いました。
テオも兄との関係に苦悩していたのがヒシヒシと伝わってきました。
ゴッホの絵が好きな人が読むとより楽しいかもしれません。絵の描かれた背景もわかって、絵の見方が変わりそうです。ゴッホの映画も多いですが、また違った観点で見ているように思います。本の構成も良かったし、タイトルも合っています。浮世絵が、海外の美術館に多く所蔵されているのは、こういう事だったのかとも思いました。

明太チーズトースト2020/08/06



早く起きたので、会社の近くの“プロント”で朝ごはん。
明太チーズトーストという名前だったようだけど、よく覚えていないです。
明太子、玉子、チーズ、マヨネーズがのっているトーストです。カロリー高いかな。プロントはモーニングセットもあるし、いろいろなパンも売っているので、それに飲み物を頼むのも良し。朝、早くからオープンしていて助かります。

フルーツロールケーキ2020/08/08



東京都美術館へ行って来ました。1階にある“カフェ・アート”で、ひと休み。フルーツロールケーキとアイスコーヒー。美術展で歩き回って、すっかり疲れてしまいました。淡い甘さでした。

The UKIYO-E 2020 日本三大浮世絵コレクション2020/08/09



「The UKIYO-E 2020 日本三大浮世絵コレクション」 東京都美術館
浮世絵を多数所蔵している、太田記念美術館(東京・原宿)、日本浮世絵博物館(長野・松本)、平木浮世絵財団から、名品の数々を、紹介しています。
初期浮世絵から、時代の変遷とともに見せてもらえます。数はかなり多くて、細かく部屋が分かれています。部屋ごとに壁の色が変わっていて、時折、丸い窓(穴?)があいていて、次の部屋がのぞけるようになっています。おしゃれな展示と、人があまり密集しないような工夫がされているのだと思います。
前期と後期があって、ほとんどが展示替えになるようです。前期後期合わせて455点、浮世絵の祖・菱川師宣から、鈴木春信、鳥居清長、喜多川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎、歌川豊国、歌川広重、歌川国芳など、約60名の絵師の作品があります。大きな浮世絵の展覧会だと思います。今は外国人観光客はあまりいないので、この展示を見れないのは残念ですね。
外国にたくさん流出した浮世絵と思っていましたが、日本でたくさん収集した人がいた事を実感ました。

不忍の池へ2020/08/10



上野の不忍の池の蓮の花を見に早目にお出かけ。もう花は終わりかけなのかな、ちょこちょこと咲いてました。




コメダ珈琲店でモーニング。トーストとゆで玉子。アメリカン。