アンクル・ドリュー2018/10/17


アンクル・ドリュー

「アンクル・ドリュー」 一ツ橋ホール(試写会)
トラウマからプロ選手の夢をあきらめ、ストリートバスケチームのコーチをしている青年ダックス(リル・レル・ハウリー)が、大会のチームメンバーを探していたところ、ひょんな事からかつて伝説のバスケ選手だったアンクル・ドリュー(カイリー・アービング)と出会う。昔のメンバーを集めてチームを結成しニューヨーク最大のストリートバスケ大会に挑む……。
NBAの現役スター選手カイリー・アービングが、特殊メイクで老人に扮しているので、試合のシーンは動きが良いです。華麗なシュートも良いですが、ドリブルがみごとです。
他のメンバーも現役や元選手が演じているので、ドリームチームという感じらしいです。まずはメンバー集めをするのですが、珍道中で、ふざけたようなお爺さんばかりが集まります。老眼がひどすぎる人や、何年も歩いていなくて車椅子にのっているお爺さん、見た目もインパクトのある個性的で、我が強そうな方ばかり。
先が思いやられそうだけど、普通のスポ根ものとは違って、集まったらすぐに試合が始まる感じでした。弱いチームが練習で強くなるタイプではなく、実戦で昔のような動きを蘇らせていきます。
バスケットも面白いですが、ダンスするシーンもあって、それも良かったです。俳優さんではなくアスリートなんだろうけど、ダンスもプロのように上手いのですね。カイリー・アービングは、エンディングの歌まで歌っていて、まるで本物の歌手のようです。

★★★★☆ 4-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/10/17/8977128/tb

_ 象のロケット - 2018/10/18 02:54

バスケット選手の夢を諦めた青年ダックスは、ストリートバスケチームのコーチとなり大会優勝を目指していた。 ところが、主力選手がライバルチームに引き抜かれてしまう。 失意の中、伝説の選手だったお爺さんアンクル・ドリューと出会ったダックスは、伝説のチームを再結成し、バスケの聖地“ラッカー・パーク”で開催される大会に挑むことに…。 コメディ。