イコライザー22018/10/13


イコライザー2

「イコライザー2」 丸の内ピカデリー
元CIAエージェントのマッコール(デンゼル・ワシントン)は、今はタクシーの運転手をしている。静かに暮らしながらも、困っている人をひそかに助けたりしている。
CIA時代の元上官で親友のスーザン(メリッサ・レオ)が何者かに殺害されてしまう。独自に捜査を開始したマッコールは、スーザンが死の直前まで手がけていた任務の真相に近づいていくが、やがてマッコール自身にも危険が迫る。
デンゼル・ワシントンが、「トレーニング デイ」のアントワン・フークア監督とタッグを組んだアクションサスペンス「イコライザー」の続編。
前作では主人公はホームセンターで働いていて、身の回りの道具を武器として使い相手を倒すアクションだったけど、いつの間にかタクシーの運転手に転職していました。スリリングなアクションなんだろうけど、主人公マッコールは強すぎるので、安心して見ることができます。
前作を見てからだいぶたっているので、忘れていることも多いけど、そんなことは気にせずに続編から見ても楽しめる映画だと思います。
かなりの年齢になったはずのデンゼル・ワシントンだけど、キレのよいアクションは健在で、楽しめました。恋愛が絡んでこないも良いと思います。読書家で思慮深く、いつも落ち着き払ったヒーローです。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/10/12/8971875/tb

_ 象のロケット - 2018/10/13 17:05

現在、中年男ロバート・マッコールの“表”の職業はタクシードライバー。 しかしCIA時代の元上官である親友の女性スーザンが何者かに殺害され、マッコールは極秘捜査を開始した。 スーザンの死の真相に近づくにつれ、マッコールの身にも危険が迫る。 敵の手口から浮上したのは、自分と同じ特殊訓練を受けたスペシャリストだった…。 サスペンス・アクション第2弾。

_ 映画に夢中 - 2018/10/13 23:16

オスカー俳優のデンゼル・ワシントンが、「トレーニング デイ」のアントワン・フークア監督とタッグを組んだアクションサスペンス「イコライザー」の続編。マッコール役のワシントンは、自身のキャリアで初の続編への出演となった。共演はメリッサ・レオ、ペドロ・パスカル、ビル・プルマン。あらすじ:元CIAエージェントで、昼間の表の顔とは別に、世の裁けない悪人を19秒で抹殺していく「イコライザー」としての顔を持つ主人公ロバート・マッコールの戦いを描く。現在の表の職業として、日中はタクシー運転手として働いているマッコールだったが、CIA時代の元上官で親友のスーザンが何者かに殺害されてしまう。独自に捜査を開始した…

_ みはいる・BのB - 2018/10/18 13:48




☆☆☆-- (10段階評価で 6)
10月12日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 15:45の回を鑑賞。 2D:字幕版。

_ ここなつ映画レビュー - 2018/10/22 12:41

前作「イコライザー」では、デンゼル・ワシントンはホームセンターに勤め、妻を亡くして以来「読むべき100冊の本」を夜毎ダイナーで読む習慣を持つ、一介の男であった。今回の「イコライザー2」ではその職業が「Lift」の運転手となり(Liftとは厳密に言うとタクシーというより配車サービスなのだと思う)、「読むべき100冊の本」は既にラストの 2~3冊にまで読み進み、それもダイナーではなく自宅の書斎で読書を嗜んでいる。 続編というものは往々にして、前作よりも小粒になっていたり、あるいは前作のお約束を大前提としているためにそこに多少胡坐をかくことが無きにしも非ずだが―そしてそれ故に「続編なんか作んなきゃ…