マンチェスター・バイ・ザ・シー2017/05/16

マンチェスター・バイ・ザ・シー
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」 シネスイッチ銀座
アメリカ、ボストン郊外で便利屋をしているリー(ケイシー・アフレック)は、兄ジョー(カイル・チャンドラー)の訃報を受けて故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーに戻る。遺言でジョーの16歳の息子パトリック(ルーカス・ヘッジズ)の後見人を任されるが、故郷の町に留まることはリーにとって忘れられない過去の悲劇と向き合うことでもあった。
現在と過去の回想シーンがまざって、少しずつ何故リーが孤独の淵に立っているかが、わかってきます。かつては甥っ子のパトリックのように、活発だった時期があったのでしょう。深い悲しみや自責の念が、彼を苦しめているのがわかります。リーとパトリックは反発するところはあっても、同じく大切な人を失ったばかり。少しづつ寄り添っていきます。それは、ハッキリした行動や言葉では語られないですが、静かに伝わってくるのです。海、ボート、港、カモメ、雪の街並、風景がとても美しかったです。ただ泣かせるだけじゃなく、心に沁みる映画です。ミシェル・ウィリアムズも良かったです。ケイシー・アフレックのアカデミー賞主演男優賞も納得です。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2017/05/16/8560652/tb

_ ここなつ映画レビュー - 2017/06/23 16:33

ありきたりな表現が許されるなら、傑作である。ただただ、傑作である。ネタバレ含みますので未見の方はご注意下さい。マンチェスター・バイ・ザ・シーの穏やかな海の風景。ヨットで海に出て釣りをする家族の描写。父と子と、子の叔父と。冬の過酷な寒さのボストンの「今」の風景と交差して展開される。父はジョー(カイル・チャンドラー)、息子はパトリック、叔父はリー(ケイシー・アフレック)。ヨットの光景はパトリックがまだ10才位の時のものである。今、リーはボストンで一人アパートの便利屋稼業を行なって暮らしていた。ある日故郷マンチェスターのある街から連絡を受ける。兄のジョーが虚血性心筋梗塞で亡くなった、と。数年前...

_ 象のロケット - 2017/07/05 21:58

ボストン郊外で便利屋をしている男リー・チャンドラーの元に、兄ジョーが倒れたという知らせが入る。 故郷マンチェスター・バイ・ザ・シーへ戻ると既に兄は死亡しており、リーは一人になった16歳の甥パトリックの後見人に指名されていた。 パトリックは父の家で暮らすことを望むが、過去の悲劇から立ち直れないでいるリーは、パトリックをボストンへ連れていくつもりだった…。 ≪心も涙も、美しかった思い出も。 すべてを置いてきたこの街で、また歩きはじめる―≫

_ 或る日の出来事 - 2017/07/07 07:17

叔父と甥の会話(言い合い)が、なかなか笑える。ユーモアがあっていい。