美女と野獣2017/05/03

美女と野獣
「美女と野獣」 TOHOシネマズ日本橋 字幕版
魔女に呪いをかけられ、醜い野獣の姿に変えられてしまった王子。魔女が残していった1輪のバラの花びらがすべて散るまでに「真実の愛」を見つけなければ、永遠に人間に戻れなくなってしまう。希望をなくし失意の日々を送っていた野獣と城の住人たちの前に、美しい町娘ベル(エマ・ワトソン)が現れる。自分の価値観を信じて生きるベルは、恐ろしい野獣の姿にもひるまず、彼の持つ本当の優しさに気づいていく。
ディズニーアニメ「美女と野獣」の実写化。本当にアニメに忠実に再現されているようでした。嫌味なガストン役はイケメンすぎるルーク・エヴァンスで、ちょっと違うけど、かっこいいので満足です。好きな俳優さんがたくさん出ていたのも嬉しいです。ケヴィン・クライン、ユアン・マクレガー、イアン・マッケランも。
映像も美しかったです。愁いのある広大なお城、雪景色、黄色いドレスを着たダンスのシーン等々。改めてアニメも見たくなります。
エマ・ワトソンはきれいで愛らしく、ベルにピッタリでした。歌も上手です。恐ろしい姿をしていても、少しずつ魅かれて行く様子にも納得できました。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

_ 象のロケット - 2017/07/05 22:06

ひとりの美しい王子が、呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。 魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れないのだ。 呪われた城の中で、希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの前に、美しい村の娘ベルが現れる…。 ラブ・ファンタジー。