おしん2013/10/04

おしん
「おしん」の試写会へ行ってきました。
明治40年、不作で困窮していたおしんの家族は、まだ7つのおしんを奉公に出すことを決めた。家族のためけなげに働くおしん。奉公先の材木店で、早朝から夜遅くまで、働き詰めの毎日。辛いことがあっても、くじけずに辛抱を重ねていたが、どうしても許せない事件が起き、店を飛び出してしまう。猛吹雪の中を歩むおしん、行きつく先は…。
はじめに、あまりになまっているので、この女の子の名前はなんと言うのだろうと思ったくらい。そうだこれはおしんだったと思いだす。両親が「おすぅん」と呼んでいるように聞こえました。因みに両親は稲垣吾郎と上戸彩。ドラマでは伊東四朗と泉ピン子だったから、格段に変わっていますね。両親は初めだけ出てくるのかと思ったら、結構いっぱい出ていました。上戸彩はきれいだから、そんなに貧乏っぽくは見えないんですけどね、母と娘の物語を中心に描いていました。
ドラマをちゃんと見ていたわけではないので、こういう話だったのかぁと思いました。映画は少女時代だけなんで、あれ?これで終わりという感じもしました。おしん役の濱田ここねちゃんは、けなげでかわいかったです。元祖おしんの小林綾子は2つ目の奉公先の若奥様役でした。
泣く気満々で、観に行ったので、そのわりには、ちょっと肩すかしをくったような気もしました。それでも、泣きましたけどね。

★★★☆☆ 3

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

_ はらやんの映画徒然草 - 2014/01/19 15:37

今年は「あまちゃん」ブームということですが、かつてこれ以上に一大ムーブメントとな