誰もがそれを知っている2019/06/06


誰もがそれを知っている

「誰もがそれを知っている」 ヒューマントラストシネマ有楽町
妹の結婚式の為に、子どもを連れてスペインの村に里帰りしたラウラ(ペネロペ・クルス)。ワイン農園を営む幼なじみのパコ(ハビエル・バルデム)や家族と再会を喜ぶのだが、結婚パーティーのさなか、ラウラの娘イレーネが姿を消してしまう。やがて身代金を要求するメールが届き、イレーネが誘拐されたことが判明。それぞれが事件解決のために奔走するなかで、家族の間にも疑心暗鬼が広がり、長年に隠されていた秘密があらわになっていく。
実生活では夫婦のハビエル・バルデムとペネロペ・クルスが主演で、監督は「別離」「セールスマン」等アカデミー賞や映画祭で高い評価を受けているイランのアスガー・ファルハディ。
今回はイランっぽさがないせいか、ちょっと趣きが違うような気がしました。ミステリーなのは、どの作品にも共通しているけど、あいまいさは少なく、わかりやすくなっていました。そして、スペイン人の気質なのか、テンションが高かったです。ペネロペ・クルスは相変わらずきれいでした。他に出てくる女性も美形な人が多かったです。前半は結婚式に出席し、みなが生き生きとしていましたが、誘拐事件が起きて、トーンが変わっていきます。娘を心配するあまりやつれていくペネロペ・クルス、それでも美しいのです。誘拐事件の結末や真相は?とハラハラしながら話を追いかけました。家族の秘密と嘘をめぐるサスペンスです。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック