運命は踊る2018/10/08


運命は踊る

「運命は踊る」 ヒューマントラストシネマ有楽町
テルアビブで暮らすミハエル(リオル・アシュケナージ)とダフナ(サラ・アドラー)夫妻のもとに、軍の役人が息子ヨナタン(ヨナタン・シライ)の戦死を知らせにやってくる。ダフナはショックのあまり気を失い、ミハエルは平静を装いながらも役人の対応にいら立ちを覚える。やがて、戦死は誤報だったことが判明。ミハエルは怒りを爆発させ、息子を呼び戻すよう要求する。一方、ヨナタンは国境の検問所で、どこか間延びした時間を過ごしていた。ある日、ヨナタンは若者たちの乗る車を取り調べするが……。
イスラエル・ドイツ・フランス・スイス合作。最愛の息子が亡くなったと思って、苦しむ夫婦を見ているのは、とても息苦しい。しかし、息子の方の毎日は、不思議なテンポの世界で、ゆったりと目の前をらくだが通り過ぎていきます。4人の若者兵士たちの毎日が映し出されていきます。前線で危険と隣りあわせという感じでもないのだけど、そこはやっぱり戦争で、油断していると驚く展開が待っています。
「運命は踊る」というのは邦題だけど、実際に運命に翻弄される家族の話でした。原題は「フォックストロット」ダンスのステップの事で、前へ、前へ、右へ、ストップ。後ろ、後ろ、左へ、ストップ、結局同じ場所に戻ってくるという暗示的なタイトル。
ヨナタンの母が若くて美しいと思ったのと、カメラワークが独特で、真上からのシーンが多くて、それがスタイリッシュで良かったです。
そして、ヨナタンが描く漫画のような絵本のようなイラストが、シュールで好きです。


★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/10/05/8968827/tb

_ 象のロケット - 2018/10/08 10:21

イスラエルの建築家ミハエルの家を訪れた軍の役人が、息子ヨナタンの戦死を告げ、妻ダフナはショックのあまり気を失ってしまう。 ところがその後、戦死の報せは間違いであることが判明した。 それまで冷静だったミハエルは怒り狂い、息子を直ちに帰還させるよう要求する。 その頃ヨナタンは、戦場の検問所で通行車を取り調べていた…。 社会派ドラマ。

_ 映画に夢中 - 2018/12/05 18:11

「レバノン」で第66回ベネチア国際映画祭金獅子賞を受賞したイスラエルの名匠サミュエル・マオス監督が、実体験をもとに運命の不条理や人生のやるせなさを描いたミステリードラマ。第74回ベネチア国際映画祭で銀獅子賞(審査員グランプリ)を受賞。あらすじ:テルアビブのアパートで暮らすミハエルとダフナ夫妻のもとに、軍の役人が息子ヨナタンの戦死を知らせにやってくる。ダフナはショックのあまり気を失い、ミハエルは平静を装いながらも役人の対応にいら立ちを覚える。やがて、戦死は誤報だったことが判明。ミハエルは怒りを爆発させ、息子を呼び戻すよう要求する。一方、ヨナタンは戦う相手のいない前哨基地の検問所で、どこか間延び…