アントマン&ワスプ2018/09/13


アントマン&ワスプ

「アントマン&ワスプ」 TOHOシネマズ日比谷
マーベルコミック原作で「アントマン」のシリーズ第2作。
元泥棒でバツイチのスコット・ラング(ポール・ラッド)は、体長1.5センチにまで小さくなることができるアントマンスーツで戦うヒーロー。アベンジャーズの戦いに参加したことがきっかけで、いまはFBIの監視下に置かれ、自宅軟禁の日々を送っていた。あと3日でFBIの監視から解放されるという日、スコットの前に、アントマンのスーツの開発者であるハンク・ピム博士(マイケル・ダグラス)と、博士の娘のホープ・ヴァン・ダイン(エヴァンジェリン・リリー)が現れ、2人が極秘に進めていたある計画に協力するよう要請される。そんな彼らの前に、ピム博士の研究技術を狙い、壁をすり抜ける謎の敵ゴーストが現れ……。
マーベルものでは、小さくなって戦う前科持ちの中年のヒーローでちょっと異色です。バツイチで、元妻と暮している娘を溺愛しています。娘がかわいらしいです。
今回は小さくなるだけじゃなく、大きくなったりして、めまぐるしく大きさが変わっています。新たにミシェル・ファイファーや、ローレンス・フィッシュバーンらも出演、とても豪華ですが、量子レベルの小さい世界もでてきて、想像しがたい世界でした。基本的にはバディムービーでした。話はまだ続きそうでした。

★★★☆☆ 3

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/09/13/8959642/tb

_ 象のロケット - 2018/09/13 02:07

FBIの監視下で自宅謹慎中の<アントマン>ことスコット・ラング。 あと3日で監視装置が外されるという時、彼は大事件に巻き込まれてしまう。 ピム博士とその娘<ワスプ>ことホープは、30年間“量子の世界”で彷徨っている博士の妻ジャネットを助け出そうと決意。 一方、闇のディーラーと、すべてをすり抜ける神出鬼没の謎の美女<ゴースト>が、博士の研究所を狙っていた…。 SFアクション第2弾。