嘘八百2018/02/17



「嘘八百」 今井 雅子・著 パルコ出版(文庫)
千利休を生んだ茶の湯の聖地、大阪・堺。空振り続きの古物商獺こと小池則夫は、落ちぶれた陶芸家・野田佐輔と出会う。大御所鑑定士に一杯食わされた過去のある2人は、仕返しのため「幻の利休の茶器」を仕立て上げ一攫千金を狙う。
映画を先に見ましたが、内容は映画にかなり近かったです。配役ありきで後から書いてあるのか、人物の雰囲気も似ていました。
内容としては私は映画よりも面白かったです。それぞれのバックグラウンドが細かく描かれているので、人物を理解しやすかったです。その割には、そんなに長く感じなくて、読みやすい本でした。最後の方は、映画に出てくるシーンがないものもありましたが、基本的な流れは同じです。
主人公2人が良いコンビです。原作読んでから映画を見るのが良いと思いました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/02/17/8789795/tb