ルイの9番目の人生2018/02/03



「ルイの9番目の人生」 ヒューマントラスト有楽町
少年ルイ・ドラックス(エイダン・ロングワース)は、この世に生を受けてから、毎年のように事故にあい、そのたびに生死の境をさまよってきた。そして9歳の誕生日に崖から転落したルイは、意識不明の重体になってしまう。担当医のパスカル(ジェレミー・ドーナン)は必死にルイを救おうとするが、ルイの母(サラ・ガドン)やパスカルの周辺では、不可解な出来事が次々と起こる……。
カナダ・イギリスの合作で、舞台はカナダみたいです。ルイ役の子が上手いです。頭がよくて生意気なところがあるのだけど、魅力的です。そして、母は目をひく美人。担当医もクラクラときちゃいます。ルイはずっと昏睡状態で、病院にはそういう患者の専門病棟があるみたいです。両親と過ごすルイやカウンセリングを受けるルイ、過去の話も挿入されて、不思議な怪物のようなのも出てくるので、ダーク・ファンタジーのような雰囲気もしました。実際はファンタジーでもないし、冒険やSF的なことはないのですが、どういうことなのかと興味をそそります。映像もおしゃれでした。でも、結果は……。なんか想像通りなところがありました。まさかそういう話じゃないよなと思っていた通りだったので、もっと予想を超えてきて欲しかったです。

★★★★☆ 4-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/02/03/8781241/tb

_ 象のロケット - 2018/02/07 08:39

ひどい難産の末に生まれた男の子ルイは、毎年必ず危険な事故に遭い、幾度となく生死の境をさまよってきた。 そして9歳の誕生日に美しい母親ナタリー、別居中の父親ピーターとピクニックに出かけた彼は、海辺の崖から転落し意識不明の重体に陥ってしまう。 これは事故か、それとも事件か? 担当医パスカルは、ルイの秘密に迫っていく…。 ミステリー。