ベロニカとの記憶2018/01/31


ベロニカとの記憶

「ベロニカとの記憶」 シネスイッチ銀座
60歳を過ぎ、ひとり静かに引退生活を送るトニー(ジム・ブロードベント)のもとに、ある日、見知らぬ弁護士から手紙が届く。40年前に別れた当時の恋人ベロニカ(シャーロット・ランプリング)の母親が亡くなり、トニーに遺品を遺しているという。トニーの親友のものだという。トニーは長い間忘れていた青春時代の記憶が呼び覚まされていき、若くして自殺した親友や初恋にまつわる真実をひも解いていく。
イギリス映画。「めぐり逢わせのお弁当」のインド出身のリテーシュ・バトラが監督しています。
青春時代のノスタルジーと、苦い思い出、現代では離婚した妻との間の娘の出産が近づいています。遺品は自殺した友人の遺品で、それには何が書かれていたのか、ベロニカと再会することができたが、それにより記憶は揺らぎはじめます。
過去の話が小出しに出てくるし、何故親友の遺品が、元カノの母から遺されたのかと、ミステリアスに話がすすんでいきました。
主人公がお年寄りなので、興味がわかない人もいるかもしれませんが、私は面白かったです。若くて生意気で、気取っていた時代、その後の親友の自殺。心を残しながら、別の人生を歩んでいくが、妻とは離婚してしまっています。でも、つかず離れずの良い関係でもありました。イギリスが好きなので、街並、家、地下鉄など、見ているのも楽しかったです。映像がきれいでした。「めぐり逢わせのお弁当」は、途中までは良かったけど、ちょっと尻つぼみだった印象だけど、「ベロニカとの記憶」は後味はすっきりしています。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/01/31/8779471/tb

_ 象のロケット - 2018/02/07 08:39

イギリス・ロンドン。 年金暮らしをしながら小さな中古カメラ店を営む男トニーは、元妻マーガレットと一緒に、もうすぐシングルマザーになる娘スージーの出産準備を手伝っている。 ある日、40年も前の初恋相手ベロニカの母親セーラが亡くなり、トニーに遺品を残したという通知が届いた。 それは、トニーの親友で恋敵だったエイドリアンの日記だという…。 ミステリー。